人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の数値は、証券で株式を売買する画面に出てきたデータです。
参考までに銘柄は有名自動車メーカーです。
このメーカーということを考慮せず、この数値を見た場合株式を購入するか否か判断するのにどのようなことを読取ればいいのでしょうか。
********************
信用売残 1,201,500 前週比 -3,056,900
信用買残 4,127,100 前週比 +207,000
貸借倍率 3.43倍 信用/貸借 貸借
********************

また下記のものは某インターネット広告を扱う企業のものです。
コチラはどう読めばいいのでしょうか。
++++++++++++++++++++
信用売残 19,173 前週比 +105
信用買残 61,979 前週比 +928
貸借倍率 3.23倍 信用/貸借 貸借
+++++++++++++++++++++

結構いろんなサイトを探したつもりなのですが、
私自身の理解が足らないのでイマイチ売買の判断基準にするための指標として活用できていません。
非常にわかりやすく解説いただくか、
こういう数字を読み解くための解説のあるサイトを
教えてください。
※ 単なる用語解説は不要です。

●質問者: miyako333
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:23 にわか イマイチ インターネット サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tamtam3
●27ポイント

信用売残を目安にして株取引なんてしたら、あっという間に破産します


確かに空売りしたら6ヶ月以内に買い戻さないといけないから、踏み上げられるとかいうのはありました

でも、それは過去の話

くだらない解説をしたサイトはありますが、どれも糞です


それに新興市場じゃ、信用売買残は 単に素人を嵌めるだけのカラクリにすぎません。

何故って?

転換社債をつかえば、株を買い戻さなくても 空売ったのと株に代えたのをぶつければ済むだけの話



大手トヨタも同じ

今では市場で調達しなくても、大手ならいくらでも金融機関から株が借りられます

誰かがヘッジかけたぐらいの認識で、軽く見ておかないと痛い目にあいます






で、こんな数字で判断してはいけません

数字やチャートで儲かるなら、ほとんどの人が儲かる筈です。


そんな事より、良い会社の株を、高値でも良いから買って 大事に持つこと

こちらの方が100倍儲かります



urlはダミーです

http://q.hatena.ne.jp/


2 ● zxcvaq
●27ポイント

まず某自動車メーカは、今週の数値で信用買いのほうが信用売りより多いですから、「株価は上がる」と踏んでいる人が多い。また前週比でも信用売りが減って買いが増えていますから、前週と比べてより多くの人が、今週は上がると踏んでいるはずです。インターネット広告を扱う某社も、上がると思っている人が下がると思っている人より多そうです。

しかし当たり前の話ですが、これだけで売り買いの判断はできかねますね。あくまで一時点の数値を表現しているに過ぎませんから。特にインターネット企業は自動車メーカに比べて数字が少ないですから、思惑が入りやすいでしょうし。デイトレでもやっていれば、このあたりの感覚はつかめるのかもしれませんが、もうちょっと時系列的に追ってみないと、最終的に「買い」を決めるかどうかはわかりませんね。「数パーセント上がれば売る」と決めているのであれば、買ってもいいかもしれません。

http://quote.yahoo.co.jp/


3 ● gettoblaster
●26ポイント

自動車メーカーの方は売り残がかなり減ったので信用倍率的にはちょっと買いにくくなったかもしれませんが、有名自動車メーカーであれば、個人の割合が少ないため、出来高に対する信用残の比率などごくわずかだと思うので、ほとんど関係ないのではないでしょうか?

インターネット会社の方は、個人の割合も高いかもしれないので、信用残も参考になるかもしれません。どちらも増加しているので盛り上がってはいるのでしょう。直近のモメンタムが続くかもしれません。

前の回答者の方がお答えになっていますが、CBとか発行している会社はアーブやヘッジで売り残がやけに多かったりするので、チェックを忘れずに。

ダミーですみません

http://q.hatena.ne.jp/1166454719

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ