人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バス停にあるポールの価格を教えていただけないでしょうか。
電光パネルになってるものから、シンプルなポールのものまで、タイプによって全く異なってくると思いますが、バス停に使われているものなら、どんなものでも結構です。

●質問者: hoyuu1
●カテゴリ:学習・教育 趣味・スポーツ
✍キーワード:シンプル タイプ バス停 パネル ポール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●10ポイント

http://search5.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A5%D0%A5%B9...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

すいません、一般的な価格が知りたかったもので・・・


2 ● daikanmama
●30ポイント

こちらのページに地域コミュニティバスのバス停の費用が書いてあります。

PDFの方でバス停のポールの写真が見られます。

(PDF)http://www.city.takaoka.toyama.jp/sekatsu/0601/koukyou-koutuu/ko...

(HTML)http://72.14.253.104/search?q=cache:ikEAqCnsaCUJ:www.city.takaok...

バス停費用…30 基×133,000 円=3,990,000 円

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大変参考になりました。


3 ● zuborer
●10ポイント

ここはどうでしょうか。

クリックすると価格が見れます。

ただ、少し前の価格だそうです。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~y-ymd/mokuji.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ、ポールの価格を見つけることができませんでした。申し訳ありません。


4 ● dioathe
●40ポイント ベストアンサー

4種類しかないですが、写真つきで値段がのっています。

http://members15.tsukaeru.net/club-shinko/bus_stop.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます、大変参考になりました!


5 ● tibitora
●20ポイント

こちらは参考になりますか?

http://members15.tsukaeru.net/club-shinko/bus_stop.html

新潟交通バス停ギャラリー

◆ダルマ型バス停

全国的にも最もポピュラーと思われるタイプです。新潟交通での正式名称は"木製式停留所"。

新潟交通では木製のポールに丸い鉄板が基本で、社内では通称「丸板(まるばん)」と呼ばれているそうです。

よく錆びる上にコストがかかるようなので近年は安価で錆びないプラスチックへ変わりました。

新潟市内をはじめ、管内のどこででも見られるタイプです。

1本あたりの値段は21,300円也。(最近は業者へ依頼しているので異なるかも…)

◆ポール型バス停

正式名称は"鉄製式停留所"。新潟交通社内ではその姿から通称「オバQ」と呼ばれているそうです。

ポールは鉄製で白く塗られていて全て固定型です。大概のがサビを吹いてます。

主に新潟市近郊の歩道のある所などで見られます。

1本あたりの値段は90,000円也。



◆しらゆり型バス停

全国どこにでもあるタイプです。正式名称は"しらゆり式停留所"

外枠がアルミ、中はアクリル板で雨水が入ると内部で苔が繁殖します(笑)

鉄製のが錆びたり、新規路線で歩道のある所なんかではこのタイプが多いです。

最近は子会社の郊外路線でも人気があるようで、わりとどこででも見られます。

1本あたりの値段は100,000円也。


◆あんどん型バス停

都市型電照式バス停。正式名称は"電飾式停留所"と言います。

主に新潟市中心部、松浜・西小針沿線(バスロケ)、新発田市中心部等で見られます。

20年以上前に造られたものがほとんどのため、傷ついたり傾いたりしてボロボロの状態です。

1本あたりの値段は900,000円也。

◎質問者からの返答

分かりやすい要約、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ