人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ノロウィルスについての質問です。
最近はノロウィルスの話題で持ちきりですが、
ノロウィルスって、確か僕が薬剤師国家試験を受けた
2000年頃には、SRSVとかいう別の名称で、
試験にも出るほどに存在感のあったウィルスだったような気がします。
それに生牡蠣に当たった、なんて話も以前からよくあったわけで、
ノロウィルスはちゃんと存在してたと思うのですが、
何故最近こんなに話題になっているのでしょうか?
端的に言うと、何故今になってこんなに流行しているのでしょうか?

報道が活発になっただけ?
今まで単なる食あたりで済ませていたものをノロウィルスと認識するようになったから?
(そういや、僕も6年前にくらいにこういう症状になったことあるし)
それとも、昔はウィルスが少なかったけど、
(せいぜい牡蠣+食あたりした人からの二次感染)
今は増えている?
それとも、気候とかの問題??

そういや、牡蠣に食あたりした人から、どんどんと二次感染していったという話は聞いたことが無かったのですが、
最近の感染力の強さを見ると、そんな話が以前にあっても良さそうに思えてきます。
どうしてなんでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:2000年 とある ウィルス ノロウィルス 名称
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●18ポイント

http://www.icam.co.jp/ja/column01/column0107/column0107a.htm

>福山市の老人施設での流行が話題になりました

こういったことがきっかけではないでしょうか

◎質問者からの返答

これはすごく分かりやすいですね。

専門家だし。すごく参考になります。


2 ● shimazuyosi30
●18ポイント

西日本は特に乾燥しているそうで、それが二次感染を増やしているそうです。

◎質問者からの返答

なるほど、それはそれで分かりますね。

ただ、冬はいつも乾燥してるような気も……

今年は特に??


3 ● なぽりん
●18ポイント

http://logipara.com/daytalk/200612b.html#2006.12.18

いぶかしく思う人もいるようで(笑)私もノロとかロタとかコロナとか名前がかわいすぎると思う(ブルセラとか川崎とか・・)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061219-00000187-jij-soci

不顕性感染者でしょうか?

400人に移すまで咳き込みまくりながらパン練るか運ぶかしたのか??

パンって焼きますよね・・?

ばっちいところに触ったら普通手も洗うし(洗わなかったの?)

かなり感染力が強いと思われます。


毎年カキに居るのと違う型が流行ってるんじゃないかと思いますが

疫学調査とやらをしたわけではないのであてずっぽうです。

ちなみに去年ふるいカキ+生クリームでバッチリあたりましたが、

同居家族3人(定年の人や子供含む)には一人も移さずすみました。

ことしはそうも行かないのかも?

◎質問者からの返答

うーん、どうなんですかね?

ちなみに、ノロウィルスはウィルスなので、

古い/新しいは関係無いです。

古いから当たったのであれば、もしかして細菌性の食中毒なのかもしれませんね…


4 ● きょくせん
●18ポイント

http://idsc.nih.go.jp/iasr/24/286/dj2864.html

2003年の北海道における大規模感染の事例です。

私が弁当製造会社にいた頃(1997年以前)にも『小型球状ウイルス(SRSV)』という名前で食中毒要因として既に専門書等では注意喚起が為されていました。

今年は特に集団発生が早く、関西の介護施設等で死者も出たのが始まりで、それから関東の某ホテルでのエアゾル感染などがあったために報道機会が増えていた様な気もします。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2006/12/20gce800.htm

東京のデータを見ますと、確かに11月としては8割増の件数という事になりますが、12月の件数は昨年と同レベルとなるのではないでしょうか?

http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya120301.htm

ただ、報道を見ますと大阪は『多かった』という数字は確かに出ています。

http://idsc.nih.go.jp/iasr/index-j.html

感染症情報センターの速報を見ていますと、第46週をピークに検出件数自体は減少傾向にあるようです。

https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Byogentai/Pdf/data9j.pdf

先ほどフジ系列のニュースを見ていましたら獲得免疫が無効な新型ノロウイルスの可能性もあるという話がありました。ノロウイルスの怖い所は免疫が維持されない所にあると聞いた覚えもあるので、どうなんだろう?とは思って聞いていたのですが……。

◎質問者からの返答

免疫が維持されないと言っても、治るってことは、少しは免疫が残るわけじゃないかな?

(1年とかは残りそう。免疫がまったく残らないウィルス病だとそもそも治らないと思うので。)

新型なんですかね?

でも、これらのデータを冷静に見ると、何てことは無い例年並だったり。

ただ、2000年とかの頃に比べると、確かにここ2、3年報道が増えてますよね…


5 ● nanairokamen
●18ポイント

○小生も先日激しい下痢に襲われ内科へ駆け込みました。

診察結果ノロではないとのこと。

ノロは、吐き気や発熱を伴うそうです。

小生は吐き気も発熱もなかった訳です。

又、ノロと牡蠣の因果関係はないそうです。(昨今牡蠣業者が困惑しています。)

思うに報道が活発どころか

まだまだ報道が足りないのではないでしょうか?

昔から「情報は降る星の如く!」と言います。

◎質問者からの返答

因果関係無いんですか??

でも、厚生労働省公式情報でも……

僕もあるような気はするんですが……

まあ、それはともかく、最近は確かに何でもノロにしてしまう傾向はありますよね。

ブドウ球菌(嘔吐・発熱)やビブリオ(下痢)系の食中毒だって多いのにね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ