人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一般家庭で軽油を用いてパーツクリーニング(自転車チェーンの汚れ取り等)をしている方にお伺いします。
1.クリーニング時に軽油に素手で触れていますか?
2.残油処理にはどのような方法を用いてますか?

●質問者: Xenos
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:クリーニング 自転車 軽油
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Saigousan
●96ポイント ベストアンサー

1.台所で使用するゴム手袋を使用する。突起物があるようなパーツのときは厚手のゴム手袋を使用します。

2.プラスティック容器(30cm口径くらい)に軽油を入れておき、汚れたパーツを浸しておきます。

汚れの落として広げた新聞紙におきます。

場合によって古い下着などで拭く場合もある。

使用した新聞紙や布は燃えるごみに出します。

残油はじょうろに布を敷いてろ過しながら、一升瓶に戻して保管して次回使用します。

http://q.hatena.ne.jp/Saigousan

◎質問者からの返答

なるほど、リサイクルするのですね。この発想は有りませんでした。

ご回答ありがとうございます。

> 台所で使用するゴム手袋を使用

と有りますが、軽油は素手でさわると危険なのでしょうか?

あと、ご回答の3行目は、

「パーツから落ちてくる汚れた油を床に落とさないように、汚れ受けの新聞紙を床に広げて置いておく」

ということでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ