人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は話すことに罪悪感があって、話を早く終わらせようとして、弾丸トークになってしまいます。相手が私に関心を持ってくれていたり、聞こうとしてくれていたり、2人の時はまだいいのですが、3人以上になるとそうなってしまいます。相手の為にも、ゆっくりわかりやすく話した方がいいと思うのですが、無意識にそうなってしまいます。「私の話も聞いて」と言えばいいのですが、なんとなく話の流れから言い出せなかったり、勇気がなかったりして、言えません。弾丸トークで話すのは、途中で話を変えられたり、否定されたり、批判されたりするのが嫌という気持ちも大きいと思うのですが、どうしたら自分の話を聞いてもらうことに罪悪感を感じなくなったり、相手の気持ちを考えて、ゆっくり落ち着いて話せるようになれるでしょうか?そして、集団でいる時、ただ聞き役にばかりなるのではなく、自分の話も聞いてもらえるようにもっていくには、どうしたらよいでしょうか?おしえてください。

●質問者: きめ
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:ゆっくり 勇気 無意識
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● wannyanhouse
●16ポイント

質問者さんが2人のときは普通にお話できそうなので、

ただの口下手ということではなさそうですね。

私も、大抵聞き役に回ることが多いですが、

1人でも、「話したがりや」さんがいると、特に酒が入るとここに口をつっこむのは難しい、というか

もう、周りのメンバーもそれを認識しているのであまり口をはさみません。

自分、話せてないなー、そう感じるときは、メンバーの中に話したがりやさんがいないかどうかチェックしてみてください。

確かに、質問者さんの仰るとおり、オチもない愚痴や

自分の関心のない話を延々と聞かされるのは面白くないです。

聞き上手は話上手というように、うまく話せないにしろ、

それを認識されている質問者さんは、きちんと話の流れを読んでいられる話し上手さんなのかもしれません。

もし、ご自身だけが「話せていない」と感じるのであれば、

うまく話しの流れに沿いながら割り込むのがコツです。



・・・・そうそう!そうなんだよね!私も・・(間)


ここで言う「そうそう」は思いつきのそうそうではなく

同意の「そうそう」です。

一気に同意しながら自分の話題を切り出してみるのはどうでしょう。


もし、同意でなければ


へぇぇ、○○さんはそうなんだね、実は、私はさ・・・・(間)


という具合に、相手の話をちゃんと聞いていたことを言いつつ、

話の流れを極力変えずに自分の話に自然に流すのが良いと思います。

きちんと、間を入れてお話すれば

相手もきちんと聞いてくれます。

人間、一気に話すと、理解するまでに数秒かかるので

やっぱり、ゆっくり話してあげるのがいいですし、

間が長すぎても、相手に話しを持っていかれてしまいます。

相手に退屈させないように、話を相手にも振りながら

話すのであれば、相槌をもらうときには、

「○○さんもそうだよね?」など、yes、noで答えられる

質問をおりまぜるのがコツです。


やはり、話したいことがあるのであれば、少人数で、

大勢で話すときは、「聞いてあげる」くらいのスタンスくらいのほうがいいと思います。

だって、同じ話を延々と聞かされるのは、聞きたがり屋でなければ

誰だっていやだと思いますよ!

http://www.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

そうですよね、難しいテクニック?心構えですが、少しづつ実践できるように頑張ります♪

あとは罪悪感さえなくなれば、OKかな?^^;

ありがとうございましたm(__)m

とてもとても参考になりました(*^^)v


2 ● いわわ
●16ポイント
  1. 相手が話をしている間は、口を挟まない。
  2. 相手に口を挟まれたら、相手がしゃべり終わるまで聞く。

原則、これだけでよいです。

自分がされていやなこと を思い出し、それを相手に対してやらないだけです。

相手を否定せず、まず肯定してから補足の振りをして自分の意見を言う、

などという小技もありますが正直どうでもよいです。

つーか、人の話を聞かないヤツの話を誰が聞いてくれるというのか。


口論の演出について、こんな話がありました。

http://www.deztec.jp/x/05/07/simple/pd200411.html

相手と同時にしゃべるだけでgdgdになります。

◎質問者からの返答

それをしていたら、永遠に話せなくなります。だって、いつもそれをしているんですもの^^;いつも、聞き役です・・・

ありがとうございましたm(__)m


3 ● TomCat
●16ポイント

まず「途中で話を変えられたり、否定されたり、批判されたりするのが嫌」という気持ちについてですが、これは誰でも同じだと思うんですね。

私は人前で講演をすることもありますし、会議で発言することもあります。こういう時は、すごく楽なんです。こっちが「言いっぱなし」ですから。

でも、そんな、人前で話すことに慣れていると思われがちな人間でも、普通の生の会話では、「でもね」の一言で、こちらの言いたいことが遮られてしまうことがしばしばです。

というか、それが「会話」なんだと思うんですね。講演と違って、会話というのは「双方向」が原則なんです。お互いが交互にしゃべっていくから成り立っていくわけです。こちらがしゃべっている途中で「でもね」と割り込みが入ってくるのは当たり前、ということなんですよね。

ですから、テクニック的な問題としては、こちらからも、「そろそろこっちがしゃべる番だよ」という信号を上手く出していけるようになること。これは「相槌」とセットで出していくと、上手くいきます。

たとえば、相手の話を肯定しながら主導権をこちらに持って来るには、

「分かります、分かります。ということは

こんな一言を挟めれば、ここから再び自分のしゃべる番になります。

ほかにも話の流れによって、

「あー、その通りですよね。そこでですよ

とか、もっと軽く、

「うんうん。でね

なんていうのでも十分です。TPOに合わせた色んなパターンを考えて、予め「常套句」的に用意しておくといいですよね。

相手の話を否定して、発言の順番を自分に持ってくるというのは、自分がされて嫌なわけですから、人にするのも気が引けます。でも、相手の話を肯定しつつ主導権をこっちに持ってくるなら、これは気兼ねなく出来ますよね。

テクニック的には、まずはそのへんから。相槌に続けての一言がスムーズに出てくる準備。これをやってみてください。相手の話に相槌を打つことには何のタイミング的な配慮も要らないはずですから、そこに一言付け加えるのも、そんなに難しいことではないはずです。慣れるととても会話が楽になってきますよ。

多人数の会話の中で自分の発言タイミングを確保する時も、基本的には同じです。他人よりちょっと明確に相槌を打つこと。周囲よりちょっと「聞き上手」になること。要点はこれです。

あとは、相槌に続けてのスムーズな一言が出れば、その「一言」の次は、自分のしゃべる順番になっています。

・・・・と、テクニック的にはこんなことで、どんどん双方向の会話を作っていけるはずなんですが、問題は「しゃべることの罪悪感」ですよね。

ちょっとダイアリーを拝見させていただいたんですが、そこにとても素晴らしい「発見」が書かれていました。「小出しに行動する♪」。これです。これを会話にも適用出来ないでしょうか。

自分の意志を完璧に表現したい。考えをパーフェクトに伝えたい。こんなことは、一方的にしゃべりまくるお説教でもなければ、誰も出来ないと思うんですよね。

たいてい誰でも、言いたいことの半分も言えなかったり、逆にすごく上手く自分もしゃべれて、会話が弾みすぎて、そのせいで本当に言いたかったことをコロッと忘れて、じゃあねと別れてしまったり。

普通、会話って、そんなもんじゃないですか。会話が上手な人でも、苦手な人でも、100%満足のいく意思表示なんて、出来るわけがないんです。

だから、またこの次続きを伝えればいいやと割り切る。大切な打ち合わせの会話等だった時だって、あとからメールで訂正したり修正したりすることはいくらでも出来る。そう気楽に割り切ってしまうんです。

会話なんて、小出しにしゃべれば十分。言い忘れたことがあったら、それはメモにでも残しておいて、またいつか機会があった時に話せばいいやと。

行動だけでなく、会話にもこの「小出しに」の発見を応用していけばいいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

私自身、この「小出しに行動する♪」のエントリーには、大変教えられました。私もこの考えでやってみようかなと思っています。mixidiaryさんもぜひこの考え方を、会話にも応用してみてください。それで「罪悪感」や焦りを消した上で、あとはちょっとしたテクニックを使っていけば、きっと上手くいくと思います(^-^)

◎質問者からの返答

予め「常套句」的に用意しておくといいですね。会話って、そういうもの・・・ってのにも、共感しました。「小出しに行動する、言動する♪」って、会話でも大事かもしれないですね(*^^)v

「罪悪感」や「焦り」を消した上で、あとはちょっとしたテクニックを使って、場を踏んでいけば、うまくいきますよね(*^^)v


4 ● sadajo
●16ポイント

>私は話すことに罪悪感があって

こころの中に、何かトラウマがある可能性もあると思います

一度心療内科に行って見るのも一つだと思います

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

心療内科には通っています。

でも、話すことへの罪悪感について話したことがないので、話してみようと思います(*^^)v

ありがとうございます(^_-)-☆


5 ● monoesu
●16ポイント

URLはダミーです。

http://www.google.com/

私も昔早口だったので、よくわかります。

>どうしたら自分の話を聞いてもらうことに罪悪感を感じなくなったり、相手の気持ちを考えて、ゆっくり落ち着いて話せるようになれるでしょうか?

罪悪感なんて大げさです。

あなたがしゃべると「罪」なのですか?

多くの人は、やたらめったらに途中で話を変えたり、否定したり、批判したりはしません。

もっと気楽に、リラックス、リラックス。

人と話すときは、ゆっくり話すことを常に意識してください。

「無意識」が一番よくありません。

簡単そうで意外と難しいのですが、もっとも大切です。

メトロノームがゆったりとしたリズムで音をだしているのをイメージするのもいいかと思います。


>そして、集団でいる時、ただ聞き役にばかりなるのではなく、自分の話も聞いてもらえるようにもっていくには、どうしたらよいでしょうか?

あなたが話し上手だなぁ、と思う人をよく観察して真似してみるといいと思います。

話の運び方など、非常に参考になると思います。

「まなぶはまねぶ」とはよく言ったものです。


それでは、ご健闘を。

◎質問者からの返答

「もっと気楽に、リラックス、リラックス。

人と話すときは、ゆっくり話すことを常に意識してください。

「無意識」が一番よくありません。

簡単そうで意外と難しいのですが、もっとも大切です。

メトロノームがゆったりとしたリズムで音をだしているのをイメージするのもいいかと思います。」心に残りました( ..)φメモメモ

「まなぶはまねぶ」ですね。でも、よく考えると、聞き上手も少ないけど、話し上手も少ないですね^^;みんな、似たようなものなんだから、あまり引け目を感じずに、感じるまま、自然に話していこうと思います。気が楽になりました。そして、数少ない話し上手、聞き上手の人をよく観察して、真似してみようと思います。ありがとうございましたm(__)m


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ