人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界の裁判(仲裁)について教えてください。
「コインの表裏で有罪か無罪か決める」「酋長の一存で全てが決まる」など、司法制度の整った国では考えられないような仲裁方法、もしくはそもそもの争いの原因など、変わったもの、おもしろいものを教えてください。大昔の話ではなく、一部であったり多少形が変わっていても、現在でも行われているものでお願いします。

●質問者: mihi11
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:いもの 仲裁 制度 司法 無罪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●35ポイント

アメリカは、すでに陪審員制度が導入されているように、

かなり自由な裁量で判決が決まるようです。

つまり、判事の個性でいろいろおかしな判決が出ます。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061106-OHT1T00004.htm ロバーツ判事(Tシャツ判決)

http://abcdane.net/blog/archives/200612/cicconetti_dresseslikedo... 温情判決で有名なチコネッティさん

http://www.google.co.jp/custom?hl=ja&client=pub-067855461599... アメリカネタに詳しいサイトには他にもこんなサーチ結果が

おまけ

http://niben.jp/07frontier/2003/2003_6/frontier2003_6.html 3.の(3)にはコジンスキー判事(きっとエディマーフィーみたいな人?)


2 ● chatterbox
●35ポイント

インドのラジャスタン州にある村の学校から食料が盗まれた事件で、150人の男性が高温の油に手を入れて無実を証明するよう、村長達に命じられた。地元の新聞が日曜、報じた。

http://news.ameba.jp/2006/09/wo0919_4.html

日本で昔行われていた「盟神探湯(くかたち)」に、似てますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ