人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

洗濯乾燥機を利用されている方に、素朴な疑問です。
最近ドラム式の洗濯乾燥機が一般的に普及していますが、
そういう場合には、もうベランダで洗濯物は干さないで、
ぜんぶ乾燥機ですませちゃうのでしょうか?
でも、そうするとかなり洗濯物は縮むだろうから、
100%乾燥機でというわけでもないと想像するのですが・・・。
それとも最近の洗濯乾燥機は、それほど洋服が縮まないのかな?
皆さんがどういう使い方・使い分けをしているのかを知りたいので、
洗濯乾燥機を購入・利用している方、あなたの洗濯方法を教えてください。
(10回答程度、募集いたします)

●質問者: arachne
●カテゴリ:生活
✍キーワード:あなた ドラム ベランダ 乾燥機 想像
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● paffpaff
●15ポイント

洗濯後、乾燥機が使えるものと使えないものにわけて(使えないものは取り出すか洗濯前によりわける)

弱で乾燥機を30分程度かけ

あたたまったところで干しています



通常の乾燥(高温)はタオルぐらいしか使わないですね

100%乾燥させるってことはあんまりないです


アウター類やナイロンなどの化繊が使われているもの

ゴム類が使われているものは乾燥機は使いません


ただ、急いで乾かしたいときは肌着類(靴下なども)は低温で乾燥機をかけることもあります(いたみが早いように思います)

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。

具体的で参考になります。


2 ● taopei
●15ポイント

乾燥機を学校の寮で利用していますが、やはり服は縮んでしまいます。

そのため、大事なTシャツとかは、乾燥機に入れないで、普通に干しています。

また、乾燥機を使うと生乾き特有の嫌な匂いが時たまします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● Prudence
●15ポイント

うちではナショナルの製品を使っています。

ナショナルの言う通りに使っているので、ナショナルの言い分を書いたサイトを見てやってください。

http://national.jp/college/sentaku/sen2_05.html

乾燥機能を使いたいけれど、しわが気になるところ。でも、ちょっとしたコツを覚えるだけで、仕上がりもグンとアップします。ポイントを押さえて乾燥機能を上手に使いこなしましょう!


ポイント1 衣類の種類によってコースを使い分ける

厚物やデリケートな衣類などに合わせて、適したコースを選びましょう。


ポイント2 量を減らす

乾燥させたい衣類の量を最大容量より少なめにすると、ドラム内に余裕ができるため、仕上がりがきれいになります。


ポイント3 生乾きの状態で取り出す

しわを極力避けたい衣類は完全に乾かさず生乾きの状態で取り出してつり干しするのがおすすめ。


ポイント4 脱水後、一度しわをのばしてから乾燥する

脱水後にいったん取り出してしわをのばしてから乾燥させましょう。

このひと手間で仕上がりにグンと差がつきます。


他のサイトでも似た感じのことを書いていますね。

http://www.mm-tan.com/life/washing/


すいません、工夫が無くて・・・機械に弱いんでマニュアル派なんです・・・。

◎質問者からの返答

リンク先、基礎的な情報がコンパクトにまとまっていて、参考になりました。

ありがとうございます。


4 ● sadajo
●15ポイント

お気に入りの服は、別にします

そうでないと、あとで後悔しますからね・・・


5 ● chii_chan
●15ポイント

我が家には洗濯物をすべて天日干しするスペースがないので、乾燥機を補助的に使っています。

タオルなど、乾燥機を使ったほうが気持ちよく仕上がるものは乾燥機、シーツのようにパリッと仕上げたいものは天日干しか、または乾燥機から生乾きで取り出して形を整えて干します。

かかる時間や電気代、それに仕上がりの良さを考えると、すべて乾燥機でやる方法はよろしくないような気がします。

ちなみに曇りや雨の日には乾燥機で乾かせるものだけ洗濯しています。それだけで洗濯物の量がかなり減るので。

最近のヒートポンプ方式では除湿して乾かすため、温風の温度が低めなんだそうです。だから縮みは少し改善されているのかもしれません。また「棚乾燥」という機能を使うと型崩れも防げるそうですね。

我が家の仕分け方法

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございます。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ