人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜアメリカの裁判は量刑が懲役200年とか加算されるのに日本は加算されないのですか?

●質問者: panndaman
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:アメリカ 懲役 裁判 量刑
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tekenaar
●23ポイント

日本のシステムは、犯罪者に甘い量刑相場主義だから。

http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai25/25bessi2.html

http://www.users.kudpc.kyoto-u.ac.jp/~b50999/strzpgp.html


2 ● hamster009
●12ポイント

加算されるんじゃないですか?http://end


3 ● fragarach
●33ポイント

簡単に言えば、そういう法制度を採っているから、ということになります。

http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#s1.9

刑法47条は以下のように定めています。

併合罪のうちの2個以上の罪について有期の懲役又は禁錮に処するときは、その最も重い罪について定めた刑の長期にその2分の1を加えたものを長期とする。ただし、それぞれの罪について定めた刑の長期の合計を超えることはできない。

つまり、併合罪の場合、重い方の1.5倍までしか刑を科すことはできません。アメリカなどでは、単純加算されることがあるためたくさんの罪を犯せばその分どんどん刑期が延びます。注意して欲しいのは、これは量刑というより量刑が許される範囲の問題ということです。アメリカも量刑自体は日本とそれほど変わらないと思われますが、法制度として、アメリカは刑期の単純足し算が為される、というだけです。例を下表に示します。


アメリカ 日本
罪1 殺人(10年) 殺人(10年)
罪2 窃盗(7年) 窃盗(7年)
刑期合計 17年以下 15年以下(重い殺人10年の1.5倍)

日本がこうした制度を採用している根拠は、色々な事情があり、一概には言えないと思われます。たとえば、更生可能性の問題で言えば、完全に更生した場合にも決して刑務所から出られないような刑期が妥当か、また、そのような長期刑を受けたら、かえって開き直ってしまうのではないか、などが考えられます。社会状況等も大きく異なるので、単純にアメリカと比較するわけにはいきません。


現在、日本もアメリカのように超長期刑を導入すべきだという意見もあります。ただ、私見を述べさせてもらうと、仮にそれが妥当だとしても、刑務所不足に苦しむ日本でそれを実現するのは、実際上不可能に近いと思います。


4 ● sadajo
●22ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1060577.html

アメリカの終身刑や懲役

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ