人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

前いた会社の大好きな同期たちと久々に会いました。
同期たちは自分のアイデンティティの1つとも言えるくらい、大切な仲間でした。

しかし、久々に会ったら自分にはわからない仕事の話ばかりを延々と話していているし、その世界の中で変わってしまった人間もいて、なんだか遠い存在になっていました。
それに関しては残念ですが、仕方ないと思っています。

そして、もう互いに違う世界の人だからそう感じるくらいならもう同期会みたいな会合には出ないほうがいいのかな、と悩んでいます。

わりきって、出ないほうがラクでしょうか?
どう考えるのがベストだと思いますか?

●質問者: sibadog
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:アイデンティティ ベスト 人間 会社 同期会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/13件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●27ポイント

どういう理由で貴方がその会社を去ることを選ばれたのか存じませんが、会社を辞めるという行為には同僚との別れも含まれていることには気づかなかったのでしょうね。

その人たちが貴方には判らないような話題ばかりしているという点からも『その人たちの心の中には貴方は過去の人』であって『気配りの対象外』なのです。悲しいかな、それはもうどうしようもありません。会社を辞めたのですから、、、

今でも共通の話題があるとか、その会社とはパイプを持っておきたいなどの特別な理由が無くて、辛いだけならば、その時間を今の環境をより過し易くするための時間にしたほうがよろしいかと思います。


2 ● hanatomi
●27ポイント

楽しくなかったら出なくっていいと思いますよ。

何か得るものがあったり、仕事等で必要だったら出たらいいと思いますが。

ご縁があったら、またいつか会う機会があるでしょうし、今はそう思っていても他の仲間との付き合いが忙しくなり、会う暇もなくなるなんて事になるかもしれません。

ちょっと切なくて、寂しい思いをされたかもしれませんが、その分自分の身の回りに新しい友達を作る隙間ができているチャンスですよね。いろんなことに取り組んだりして楽しみを増やしてくださいね。

それと、当日の事が少し気になるようでしたら話しやすい相手にそれとなく話してみてもいいかもしれません。

話したらさっぱりするかもしれませんよ。

向こうも、「いや、ごめん。sibadogさんともゆっくり話したかったんだけどこっちもちょうど×○について聞きたいと思ってたところだったからその仕事の話ばっかりしちゃったんだ。悪いと思ってたんだよ。」

とか、

「ちょっとあいつ事情があって今余裕がなくてちょっと違った感じになってるんだよな」とか、

「△△がついつい話しかけてくれるから、あっちの話ばっかりしちゃったんだよ。sibadogはニコニコ聞いてたから、興味あるかと思ってたよ。ごめん。」


とか、向こうには向こうの事情があるかもしれませんよ。

共有する時間が少なくなった分だけ共有する話も少なくなってきますが、その分こっちは他の誰かと共有何かを共有しているかもしれません、又、一時しっかり共感したという事実は未来永劫消えません。

そっか。と、さらっと受け止めて前向きに日々の営みをすごされて大丈夫と思いますよ。

次どうするかは今はっきりとは決めなくても、ぼんやり事実を受け止めておいて、今度誘われたときに、その時の心のままに決めてもいいと思いますよ。


3 ● sayonarasankaku
●26ポイント

それが時の流れだと思います。

でも、会わなくするのは勿体無いと思います。


同期会でその会社を辞めたしまったのは、あなたひとりなのでしょうか?

その会社を辞めた人が増えれば、もっと一般的な話も多くなるでしょう。

たまには個人的に会ったりしたらどうでしょう。

一回会わなくなると途切れてしまうので、それは残念だと思います。


4 ● Saigousan
●10ポイント

このような場合、ほかの話し相手を探します。

数人の会食などの場合、一人の人がいればその人に話しかけてみる。

スナックなどの場合、カウンターに移り、ボーイさんなどと話する。

30分程度を限界に「お先に失礼するよ」とその場を離れる。

(会費制後払いであれば、3000円とか5000円などその場の相当額を推定して相手の一人に手渡しする)

「あ、それじゃ」など相手になんらのかの謝辞反応がなければ次回からは行かない。

http://q.hatena.ne.jp/Saigousan

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ