人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

時速5キロ程度で歩きます。
背中にはリュックで六キロの荷物を背負います。

一日30キロ程度歩きますと、足の裏がひりひり傷み遅くなります。
さらに肩が凝っていたみだします。

この痛みを和らげるには、筋肉のほぐれではなく、
筋肉を鍛えるには、どういう運動があるのか、
お教えいただけませんでしょうか。

●質問者: imagaichiban
●カテゴリ:趣味・スポーツ 医療・健康
✍キーワード:キロ リュック 筋肉 背中 運動
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●36ポイント

こちらは参考になりますか?

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/kenkou.html

改めて正しい歩き方と、正しく歩くための筋肉を鍛えるためのつま先立ち・つま先上げ(かかと立ち)体操を指導したところ、この後、どんどん歩ける距離が伸びて行ったMさんでした。

http://www.kowa.co.jp/g/sk/003/04.htm

肩は重い頭部を支えたり、両腕をつりさげる、動かすなどの役割を果たしているため、いつも大きな負担がかかっています。肩の筋肉を鍛えて負担に耐える強い肩をつくることも、大切な肩こり対策です。

アイソメトリックは、筋肉を鍛えるために有効な体操です。これは等尺性運動と呼ばれ、筋肉の長さを変えない(動かさない)で筋肉に大きな負荷をかけられますので、肩の筋肉を鍛える手軽なトレーニングとして適しています。

http://www2.ocn.ne.jp/~osy/V3ahikenko.htm

足の筋肉を鍛える運動

こんなことにも注意を

?足の健康は、靴で決まります。足は夕方になるとむくんでくることが多いので、靴を

選ぶ時間帯は夕方にしましょう。左右の足は、誰でも多少違いますから、必ず両足に

履いてみて、大きい方の足に合う靴を選ぶようにしましょう。

?スニーカーは、足を圧迫することなく、足に合わせてひもで調節が出来ますので、長

時間歩くのには最適です。しかし底が薄く平べったい靴は、衝撃が足に伝わりやすい

ので、避けた方がよいでしょう。またサンダルも長時間歩くのには向きません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

筋肉に力がついたと確認できる、

つよさを強める方法を知りたかったです。


2 ● sadajo
●18ポイント

http://kintorenavi.com/


3 ● くまっぷす
●18ポイント

どういう作業なのかよくわからないのですが、

時速5キロ程度で歩きます。

背中にはリュックで六キロの荷物を背負います。

一日30キロ程度歩き

自体がかなりハードな筋力トレーニングであるといえます。

以下のURL(Wikipedia)に概要が出ていますが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%8...

筋肉が発達するには一旦筋肉にすごい負荷がかかって筋繊維が壊れた後2,3日でそれが回復する「超回復」というプロセスが必要です。

したがって、この状態が続くようであれば作業以外に筋肉を鍛えてどうこうというより、できる限り体を休めて、また適切な栄養を摂取して作業に耐えうる筋肉を作業自体で速くつけていくのが一番の近道であろうと思います。

私事ですが、昔、店頭での立ち仕事をしばらくしていたことがあります。最初の一週間は足の裏がパンパンになっていましたがその後急速に慣れ、1ヵ月後には足に関しては全く疲れを感じなくなりました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

一日に100キロウォークあるいは、

4日で170キロウォークを目指しています。

足そのものの筋肉は、それほど痛みません。

足の裏が、歩いている最中に痛いのでその予防を考えていました。


4 ● でにろう
●18ポイント

まず足の裏が痛くなるのは、荷重に耐え切れていないのと、もう1つ足首と膝の関節がうまく動いていないことが考えられます。

筋肉をつけるとともに、朝には足のストレッチを行い関節をやわらかくしてみてはいかがでしょうか? また少し大またで歩くことにより、関節の動きを意識して、それに見合った筋肉もつけることができます。

肩が痛くなるのは、余計な負担がかかっているのが原因と思われます。前後の筋肉をつける必要があります。腹筋を鍛えている人は多いのですが、背筋も同様に鍛えないと有効ではありません。また重さを分散させるためにも腰の回る角度も確保できるようなストレッチをしておくのがよいかと思われます。

最後に質問とは外れてしまいますが、登山愛好家のパッキングを参考にするとより楽になるかもしれません。以下参考までに。

女性のための生活情報コラム「暮らしのヒント」/Vol.03 パッキングにもコツがある。上手な荷物の詰め方とは?

http://www.yonden.co.jp/life/living/page0103.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ