人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

既存のWEB機能を組み合わせたサイトで、

新たに特許をとることってできますか??

仮に、

ブログにgoogle mapを付けたサイトがあったとして(あるでしょうが、あくまで仮に、です。)

各々の機能は他社サービスですが、

それを併せることによって

また違った使い方ができた場合はどうなるのかな、と。

(鉛筆+消しゴム
⇒消しゴム付き鉛筆が特許をとったように)

●質問者: tai2006
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:Google MAP Web サイト サービス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● b-wind
●35ポイント

法律の専門家でないことはまずお断りしておきます。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E8%A8%B1

曰く特許に必要なのは

特許法上の発明であること(特許法2条1項)

産業上利用可能性があること(特許法29条柱書)

新規性を有すること(特許法29条1項)

進歩性を有すること(特許法29条2項)

先願に係る発明と同一でないこと(特許法39条)

なのでこれらを満たすようであれば、特許と認められる可能性はあるのではないかと考えます。

ただ、いわゆる「ビジネス特許」には

ハードウェア資源と協働したソフトウェアの処理方法が明示され、技術的な構成が記載されている場合に限って、保護の対象となる。

の「ハードウェア資源」の部分が問題となって(他社のものですから詳細が変わらない可能性が高い)特許と認められないかもしれません。


ただし、これが一番大きいと思うのですが、「特許」と認められたとしても元のサービスを提供している会社がその特許に使用することを(約款等で)認めなければ事実上無意味なものになると考えられます。

◎質問者からの返答

>元のサービスを提供している会社がその特許に使用することを(約款等で)認めなければ事実上無意味なものになると考えられます。

そうですよね…。

こじれて裁判する資金なんてないですし。


2 ● でにろう
●35ポイント

えっと、まず鉛筆と消しゴムですが、それぞれにメーカーの商標登録などはあったとしても、文房具として普遍的であるという理由から、そのものに対しての特許はないので少し例示としてはふさわしくないような気もします。

よって、他者が特許・独占権を持っているアイデア(モノ・サービス)同士を組み合わせて特許をとることは、結論からいうと「現実的でない」のではないでしょうか。

そういったサービス同士を結びつけることは、特許取得者も考えている可能性が高いでしょうし……。

特許 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E8%A8%B1

にもあるようにあくまで「新規で有用」というのが盛り込まれているため、もしいいアイデアをお持ちであるようなら、その商売で、いかにライセンス料を安くしマージンを多くとるかを考えたほうがよいのではないかと考えます。

あと蛇足ながらコンピュータ関連ではGPLに関する諸事情なども抑えておいたほうがいいかもしれません。

◎質問者からの返答

>いかにライセンス料を安くしマージンを多くとるかを考えたほうがよいのではないか

現実ではやはり

そうなりますか…。

GPLってのも調べてみます。


3 ● tamtam3
●10ポイント

Google Maps APIの規約上 無理です

http://www.google.com/apis/maps/terms.html

◎質問者からの返答

すいません。

あくまでgooglemapは例でして。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ