人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

紙媒体の業界はこれからかなり厳しい状況に追い込まれていきそうですが、出版社や絵本業界などはどのようにして乗り越えていくべきと考えられますか?

●質問者: AAAAAB
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:出版社 媒体 業界 絵本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● tekenaar
●15ポイント

1)自費出版や共同出版のシステムを見直し、出版物超過を抑える。たとえば野菜でも、作りすぎたら価格調整のために廃棄されるのです。

2)紙媒体に固執せずに、電子媒体を柔軟に取り込む。紙媒体は、多少廃れることはあっても、決して姿を消すことはないと思います。それを支えていくためには、目的に応じて電子媒体を補完的に利用していかなければならないと思います。

http://www.jagat.or.jp/kenkyu/pm/pm10154063.htm

3)絵本もまた出版物過多の状態です。多くの作品に埋没しない「商品」を開発するには、やはり他の業界とのコラボレーションなど、柔軟な対応が必要だと思います。(例:キャラクターと絵本のコラボレーション)

http://media.excite.co.jp/book/news/topics/013/index.html


2 ● zuborer
●15ポイント

青空文庫の有料版で、金とってネット上で読ませる、ダウンロードさせる。

既にあったらすみませんです。

http://www.aozora.gr.jp/


3 ● haru-taka
●14ポイント

僕は本を読むのが好きです。PCに向かい合っているのなんか本当は好きじゃない。本は”写経”から始まって、グーテンベルグが印刷機を発明して、んでもって現在に至るわけですよね?

今は、ゲーム機やPCやテレビに押され気味の出版業界ですが、そもそも読書者数が増えたのは、戦後の好景気以降じゃないんでしょうか?

それ以前は読み書き出来る人が少なかったはずだし、本自体も買える人は富裕層に限られていた。今までが、読者数が多すぎたのかもしれません。

出版社や絵本業界などはどのようにして乗り越えていくべきと考えられますか?

本自体は決してなくなりません。ゆっくり読める。いつでも手元にあって、何回でも繰り返し読める。石油や電気の力を必要としない。今は情報量が、情報を集める媒体が多いので、本は売れ行きが悪くなって当然だと思います。僕自身の体験からしても時間がないから。ブログ書いたり、他の人のブログ見たり、mixiしたり、各プロバイダーのサイトを見たり、テレビ見たり、仕事の関係の情報集めたり、家事したり、飲み会があったり・・・・。一日が50時間あればいいのになって時々思います。

僕は紙媒体の本なんかなくなったって構わない。でも、”ホットペッパー”なんかは、僕の彼女なんか重宝してるみたいです。あと、会社の事務の人(飲み会の幹事役の人)も。


どうしたって、需要が少ないんだから、出版関係の企業さんは厳しい状況だという事に変わりありません。

今は少子化の時代なので、そうすると、じいちゃん・ばあちゃん・父親・母親のお金は、かなりの割合で子供に費やされると思います。

子供向けの本なんか、必要とされる時代なのではないかと自分は思います。『100万回生きた猫』や『杜春』みたいな童話は、これからも行き続ける紙媒体だと僕は思います。

http://pweb.sophia.ac.jp/~s-yamaok/sub45.htmISBN:4061272748:deta...


4 ● zec
●14ポイント

出版社や絵本業界では、なにはともあれコンテンツを充実させることではないでしょうか。コンテンツさえしっかりしていれば、それを紙で見せようが、電子媒体で見せようが生き残っていくことができると思います。

アニメ⇔映画・テレビ(のだめカンタービレやデスノートなど)、ネット⇔ドラマ(電車男とか)のように相互補完ができるのですから、もはや利用者の接する媒体ではなく中身だけの勝負と言えると思います。世の中に対してどれだけアンテナを高くして、「面白いもの」を見つけることができるかが紙媒体の業界に求められていると感じます。

URLは私が個人的に面白いと思う出版社です。

http://www.gentosha.co.jp/


5 ● sylphid666
●14ポイント

現在の出版業界の利益を生み出す部分は売り上げではなく、広告主からもらう広告収入が主です。

その構造から脱却し、いい記事を書いて売り上げだけでも成り立っていくような利益構造を作り上げていけると広告主のご機嫌ばかり伺うような記事を書く必要もなくなりますし、真実を伝えられる報道も出来るようになると思います。

http://adv.asahi.com/contents/book/index.html

このように広告がなければ成り立たない構造自体に問題があると思います。


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ