人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は旧TOEIC650ですが、今から新TOEIC900を目指すのと、TOEFL ibt 100を目指すのとどっちがどれだけ簡単ですか?私はスピーキングは得意ではありません。

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:就職・転職 学習・教育
✍キーワード:TOEFL スピーキング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● zfmx
●23ポイント

TOEICは多岐選択解答のみですが、TOEFL ibt はエッセイの作成とスピーキングの録音があります。以前会社で、TOEIC950点をとった方が、実は英会話はほとんどできないということがありました。要は、試験勉強でテクニックを身につけることで高得点を取りやすいのがTOEICだと思います。

ただ、使える英会話を目指すのであれば、不得意なスピーキングも克服するのも大切です。私も650点のころは全くしゃべれませんでした。

TOFEL

http://allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20060612A/

TOEIC

http://allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20050713A/


2 ● kiyo
●23ポイント

toeicで750以上取れば

大学院の修士で英語免除になる大学が結構あります。

確か阪大・東北大あたりもそうだったと思いました。

東大の独立研究科もそんな基準があったかもしれません。

http://www.google.co.jp/


3 ● kskg
●22ポイント

TOEIC900の方が楽だと思います。

理由は単純でspeakingが不得意な場合、TOEFLはかなり大変だからです。

いずれにせよ、地道な努力次第だと思います。

http://www.princetonreview.co.jp/about/pressrelease/Press/2004/0...


4 ● kazuyasakai
●22ポイント

TOEIC900点の方が簡単でしょう。

私は、新TOEICは受けたことがありませんが、旧TOEICとTOEFL(iBT)は受けたことがあります。

TOEFL iBTの試験時間は4時間以上でです。

普段から英語に触れていないと、試験を受けるだけでも大変です。

TOEFLの問題は学術的な内容になりますから、得意な分野や不得意な分野も出てきます。

http://uslifenavi.com/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ