人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【推理小説】次はどの探偵さんの物語を楽しめばいいですか?

現在国内の現代作家によるミステリ小説では、京極夏彦先生の「京極堂シリーズ」、島田荘司先生の「御手洗シリーズ」、森博嗣先生の「S&Mシリーズ、Gシリーズ」などを読んできました。

新しい推理小説を読みたいと思うのですがどのシリーズを読めばいいか悩んでおります。作品の好みとしてはとにかく濃度・密度が濃い作品を好みます。トリックが秀逸なのももちろん必須条件です。

おススメの推理小説家および作品の紹介をお待ちしてます。そのシリーズの素晴らしさや、とくにシリーズの中ではこれがいい!などの紹介も歓迎いたします。
ただし、現代作家でさらに、国内の作品の紹介をお願いします。つまり古い作品(金田一シリーズとか)や海外の作品は否ということです。

あと、有栖川先生、赤川先生の作品たちは個人的に趣味ではないのでご紹介はご遠慮下さい、ごめんなさい。

●質問者: lunlunlun
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:はと ももち シリーズ トリック ミステリ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● castiron
●14ポイント

麦酒の家の冒険 (講談社文庫)

麦酒の家の冒険 (講談社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

西澤保彦さんの「タック&タカチ」シリーズです。(5冊以上はでているはず)出版順と時系列順が異なるのでなるべく時系列順に読むとより楽しめると思います。(後書き読んでください)

好みが違いのでおそらく気に入っていただけると思います。

あと同じ西澤さんのシリーズで「チョーモンイン」シリーズもお薦めです。内容は「超能力」をあつかったものです。ここでひいてはいけません。超能力はあくまで舞台装置です。かなり楽しめます。他にもシリーズものではない作品も是非読んでみてください。「7回死んだ男」とか「完全無欠の名探偵」とかも好きです。

◎質問者からの返答

おススメありがとうございます!

七回死んだ男ならタイトルだけは聞いたことがあるのです(^^)


2 ● dankichik
●14ポイント

笠井潔の矢吹駆シリーズはいかがでしょうか。多少ペダンチックですが、読み応えがあります。哲学に興味のある人ならなおさらです。

http://www.tsogen.co.jp/wadai/0204_02.html

ただし、シリーズは必ず順番通りに読んでください。(後の作品で以前の犯人について語っていたりするので。。)

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

薔薇の女―ベランジュ家殺人事件 (創元推理文庫)

薔薇の女―ベランジュ家殺人事件 (創元推理文庫)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

哲学者の密室 (創元推理文庫)

哲学者の密室 (創元推理文庫)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

オイディプス症候群 (カッパ・ノベルス)

オイディプス症候群 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 新書

◎質問者からの返答

やっぱり笠井潔先生のおススメきましたね。これを機会に是非読みますvありがとうございました。


3 ● kn1967
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/250-761595...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E4%BA%95%E6%BD%94

笠井潔著 矢吹駆シリーズ 第一作 バイバイ、エンジェル(著者処女作になります)


作家は処女作で全てを出し切るなどとも申しますが、これは単なる推理小説ではなく哲学的なややこしい話や若者の恋路のような話までジャンルを超えた厚みがあります。

重いと感じてしまうかもしれませんが、事件に目を向けて単純に推理小説としても楽しめますのでご安心を。。。


主人公は無口でクールな青年。

実直な警官を父に持つヒロイン。。。後は読んでのお楽しみ。。。


矢吹駆シリーズは順序に関係無く読んでも判るようになってますがバイバイ、エンジェルだけは一番に読むことをお勧めします。

2つ後の薔薇の女も凄いです。

◎質問者からの返答

笠井潔先生のおススメふたりめですね!

これはやはり読まねばですね(^^)


4 ● skinheadbutt
●14ポイント

高田崇史のQEDシリーズ。

博覧な薬剤師である桑原崇がさまざまな文学上、

歴史上のミステリーと絡み合った殺人事件を解決していきます。

かなり好き嫌いがわかれる作品群ですが、京極好きなら

畳み掛けられる蘊蓄の連続にも耐性があると思うのでお勧めできます。

QED―百人一首の呪 (講談社文庫)

QED―百人一首の呪 (講談社文庫)

  • 作者: 高田 崇史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

QED 龍馬暗殺 (講談社ノベルス)

QED 龍馬暗殺 (講談社ノベルス)

  • 作者: 高田 崇史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

QED 竹取伝説 (講談社文庫)

QED 竹取伝説 (講談社文庫)

  • 作者: 高田 崇史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

おお、ご紹介をありがとうございます。

薬剤師という職業に惹かれます。薬剤師かつ探偵っぽいということでしょーか(^^)


5 ● mekishiko
●14ポイント

東野圭吾さんはいかがでしょうか?

ガリレオ探偵シリーズ

探偵ガリレオ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167110075/

予知夢

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%88%E7%9F%A5%E5%A4%A2-%E6%9D%B1%E9...

容疑者Xの献身

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163238603/

まだ3作しかなく、長編が1篇だけとボリュームに欠けるかも

しれません。特に容疑者Xの献身はおすすめです。

また、QEDシリーズは私もお勧めです。

探偵さんメインからは外れてしまうのですが、島田荘司さんを継ぐものと

言われているらしい柄刀一さんもトリックが秀逸で面白いです。参考まで。

ifの迷宮

http://www.amazon.co.jp/if%E3%81%AE%E8%BF%B7%E5%AE%AE-%E6%9F%84%...

◎質問者からの返答

東野圭吾先生って白夜行しかしらなかったのですが、これを機会に読んで見ます(^^)


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ