人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皆さんの健康法を教えてください。自分で実践し、効果がある!と自信を持っているものでお願いします。※http://q.hatena.ne.jp/1075509397 は読みました

●質問者: medeski_001
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● dankichik
●11ポイント

ヨガですね。

寝る前にやっていますが、身体のこりがすっきりとれて熟睡できます。案外筋肉もつきますし。


2 ● daikanmama
●15ポイント

毎朝のウォーキングです。

2年ほど前から、仕事に行く前に40分間ほど歩いています。

歩いた後はお腹がすいて朝食もおいしく食べられますし、仕事中も体がシャキッとして、元気に動けます。

体重はダイエットまではいかず、増加が抑えれている程度ですが、健康診断のコレステロール値等の値は良くなってきました。

ストレス解消にもなるし、他の方にもおすすめしたい、簡単にできる健康法です。


3 ● kiyo
●15ポイント

風呂に入る前に簡単にストレッチ

つぼをシャワーで数分ずつ当てる。

手首に3分当てると冷え性対策になるようです

そうすると体の血の巡りがよくなります。

特に冬は冷え性対策として

足裏・手首 腰まわり

に集中させるとよいらしいです


4 ● TomCat
●18ポイント

http://www.suzuki-dental.jp/column02_06.html

ひたすら噛み続ける「咀嚼健康法」。これはいいですよ。

まず噛むことで満腹感が得られますから、肥満防止になります。

また、ゆっくりと食べることによって食事中または食後の早い時期にインスリンの分泌が開始され、糖分が血中から筋肉や臓器に速やかに移動し、血糖値の上昇を防ぎます。

さらに、噛むことによって分泌される唾液には免疫系を調整する働きがあるらしいとか、噛むという物理刺激が脳を活性化するらしいとか、色々良さげな話もあるようです。

もちろん食事は極力ケミカルな物は避け、出来るだけ自然な物を食するようにしています。

あとは、歩く。足の筋肉のような大きな筋肉を動かすことは大人になっても成長ホルモンの分泌を促し、これがタンパク質の合成を促進します。つまり、食べた物が脂肪として蓄えられることを防止するというわけです。歩くことには、ただ単にカロリーを消費する以外の効果もあるんですね。

休日なんかには、数十キロ歩くこともありますよ。同じ運動量なら、走るよりも歩く方が、健康維持のためには効果があります。

おかげさまで生活習慣病の兆候は全くなく、なかなか快調です(^-^)


5 ● mmmx
●15ポイント

週に1,2度の断食。


賛否両論があるかと存じますが、慣れればかなり調子がよくなる健康法です

あくまで個人の意見です。


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ