人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中古マンションを購入しようと思っていますが、1980年頃建築されたマンションは耐震強度が心配だという話をよく聞きます。阪神大震災で倒壊したマンションもほとんどその頃の建築だそうです。本当でしょうか?根拠のある話なのか?それとも噂でしょうか?

●質問者: doramomo
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:ほと マンション 中古 建築 耐震強度
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● pikupiku
●17ポイント

http://www.asahi.com/national/update/0106/OSK200701060077.html

95年の阪神大震災では81年以前のマンションに倒壊被害が集中したとされる


旧耐震基準(81年5月以前)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。81年5月までに建てられた物件というのは申請のことなんでしょうか?それとも81年5月までに建設終了なんでしょうか?


2 ● todo_todo
●17ポイント

UR都市機構 5.構造計算書及び建物の安全性に関するQ&A:機構分譲住宅

マンションの耐震性等についてのQ&Aについて

昭和56年(1981年)に耐震基準が大幅に改訂され、震度5では軽微な被害、震度6や7でも倒壊などがないことを目標にする基準にされています。

したがって1980年頃のマンションは新しい基準を満たさない可能性が強いということだと思われます。

◎質問者からの返答

なるほど。工事着手なんですね。


3 ● daiyokozuna
●17ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A...

1981年以降建てられた建物の被害が少なかった

倒壊し死者の出た住宅は1986年以前の建築

◎質問者からの返答

やっぱり新しい方が安全なんですね・・


4 ● daikanmama
●17ポイント ベストアンサー

1981年6月から新耐震基準が適用されたため、1980年頃というより1980年以前に建築されたマンションは耐震強度が弱いと考えていいと思います。

http://www.jj-navi.com/edit/tyosatai/blk2/vol14/

現在の耐震基準は1981年にできたもので、それまでのものと区別するために「新耐震基準」と呼ばれています。

http://www.asahi.com/housing/soudan/TKY200602250214.html

【質問】よく1981(昭和56)年度以前に建設されたマンションは危険であるといわれていますが、どのように違うのでしょうか。

【答え】1981年6月1日から適用された建築基準法の新耐震基準では、大雑把にいえば、震度6強から震度7くらいの地震では建物の一部の損傷が生じることはあっても、マンションが倒壊して人命が失われるようなことはないような強度を決めて設計されているのです。

この新耐震基準の適用される以前のマンションについては耐震強度が弱いといわれており、国土交通省もここ数年内に耐震補強を促進するため、耐震診断費用につき助成金を地方公共団体が出すよう指示をしています。

◎質問者からの返答

詳しくありがとうございます。助かります。


5 ● kumankuman
●0ポイント

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000023490.html

大和路 目黒店

しゃぶしゃぶなんかいかがでしょう

◎質問者からの返答

なんのこと?


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ