人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

心室細動と心室粗動、どちらが悪いのですか?学校では心室粗動が悪いと言っていたような・・・お願いします

●質問者: takumayuji
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:学校 心室 心室細動
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● takarin473
●19ポイント

http://www5.ocn.ne.jp/~salbia22/illness17.html

上のサイトを見るからには、心室細動の方が悪いと思われます。


2 ● daikanmama
●18ポイント

こちらの用語解説によると、「心室粗動」よりも重症なものが「心室細動」のようです。

http://www.shinfuzen.com/basic/dictionary.html

心室細動・心室粗動(しんしつさいどう・しんしつそどう)

心室が高頻度に収縮する頻脈性の不整脈。心室細動はその回数がより多く無秩序なため心停止をきたし、突然死の引き金になる。

ただ、こちらのページによると、実際の臨床場面では「心室粗動」という用語はあまり使われていないようです。

http://www.carenet.com/store/dvd/jamic/yamashita/01.aspx

心室粗動も概念上はありますが、臨床的には心室細動と同じように考えていいので、使うことはほとんどありません。


3 ● sadajo
●19ポイント

http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/00/kcyougo2.htm


4 ● ichthyostega
●18ポイント

心室細動(Vf)も心室粗動(VF)も共に有効な血液の拍出が得られない致死的な状態で、脈拍は触れず、いわゆる臨床的心停止の状態です。


言葉の定義では、細動とは「高頻度かつまったく不規則に興奮する状態」で、粗動は「高頻度ではあるが、規則性をもって心筋細胞が興奮し、ポンプ機能をある程度は保ちうる状態」となります。また、心電図上は心室細動・粗動共に250/分程度の波形ですが、心室細動では大小様々な波形が不規則に出ますが、心室粗動では比較的規則正しい大きな波形が見られます。ですから、この定義からすると心室粗動の方がどちらかというと軽症となります。

また、胸骨叩打によって回復が得られる可能性が高いのは心室粗動で(http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/05/ERC-03.htm)、心室細動になるとカウンターショックしかありませんので、強いて言えば心室粗動の方が軽症といえるのではないでしょうか。しかし、実際の臨床現場では心室粗動と心室細動とを区別する意味はなく、国際的な救急蘇生のガイドでも粗動と細動は一括して(VF)とされているようです(http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/00/kcyougo2.htm)。


5 ● pikupiku
●18ポイント

1分間に170~300のものを心室粗動、300~600のものを心室細動といいます

http://keyword.jword.jp/search/%E5%BF%83%E5%AE%A4%E7%B4%B0%E5%8B...


心室細動のほうがより重度の症状


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ