人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社が契約している賃貸マンションに住んでいますが、会社を辞め、フリーランスとして独立することを考えています。その際、賃貸契約を個人契約に変える必要があるのですが、そのタイミングで、追い出されないかどうかが心配です。もし、賃貸マンションのオーナー(不動産屋)が個人との契約を渋った場合の適切な対処方法を教えてください。

●質問者: adan
●カテゴリ:就職・転職 生活
✍キーワード:オーナー タイミング フリーランス マンション 不動産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●27ポイント

この質問と回答が参考になると思います。

http://oshiete.homes.jp/qa2545539.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。でも、あまり参考になりません。退職なので、契約の変更は絶対行います。その時、継続して住むことを渋られたら、どうすべきか、というのが私の質問です。


2 ● sadajo
●27ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1415276.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2122335.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2116594.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● kappagold
●26ポイント

すみません。参考にならなかったようですね。

先のサイトの中

http://raku-chin.jp/keiyaku_koushin_trouble.htm

の【会社の法人契約で借りていた物件だが、退職に伴い、個人契約に変更を求めたが、家主から拒否された。引き続き住むにはどうすればよいか?】という質問をみると

要は法律的には守ってもらえない。

家主との交渉あるのみということです。

ということで

?それまでに大家と仲良くなっておく。

?管理会社にそれとなく、契約に必要な条件などを聞いて、退職までに種々の保証などを準備しておく。

事をお勧めします。

貸し出している部屋が空けば、次が決まるまでの間、家賃収入が減るので、基本的には継続して住んでくれる事を望みます。家主が渋るとすれば、フリーランスの場合、収入の保証という点でしょうか。その点をクリアーするには、通常の保証人契約ではなく、支払いが1週間でも遅れたら、保証人が代わりに払うなどの別契約を提示すればなんとかなる可能性があります。

さらに、裏の方法としては、会社にいる間に、個人契約に変えてしまうというものです。

その場合、給与保証もありますし、社宅の入居期間が決まっていて個人契約へ切り替える場合はよくありますので、割と簡単に変更できると思います。一旦、個人契約になってしまえば、たとえ無食になったとしても、法律が守ってくれます。

◎質問者からの返答

ありがおとうございます。今度は参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ