人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

IDEやSATAの内臓ハードディスクを、
USB外付けとして使用できるケースや変換ケーブルがいろいろと発売されていますが、
ケースのものと変換ケーブルのものでは、
それぞれのメリットデメリットにはどんなものが挙げられますか?

ちなみに、僕は今、ケース型を使っていますが、
ケーブル型だと一つのケーブルでいろいろとハードディスクを変えて使えるのかな?
と思ったり、あと、場所も少なくて済むのでケーブルの方がいいかな?と思っているのですが、
実際はどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:IDE SATA USB デメリット ハードディスク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● b-wind
●15ポイント

変換チップが同一であると仮定すると、ケースが有るか無いか、それだけです。

あれこれ差し替える場合はケースが無い方がやりやすいですし、ある程度固定して使うならケースがあったほうがむき出しにならず、安心でしょう。


この手のものの注意点としては変換チップによって相性や性能が違う事があるのと、電源の取り方によっては不安定になる場合が有る事です。

ただ、これはケースの有無とは無関係です。

◎質問者からの返答

むき出しだとどの程度、どのような不安が増すわけでしょうか?

むき出しによる実害の経験談とかって無いですかね?


2 ● rafile
●15ポイント

むき出しの場合は、コインやキーが落ちたときに壊れたり発煙したりする場合がありますね。

あと、触れたときに静電気のせいでこわれる可能性があります。

むき出しのHDDは壊したことはないですが、マザーとかならいくつも壊してます。

私は箱+リムーバブルケースでやってますよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

箱+リムーバブルケースは高そうだなあ。


3 ● hiko3karasu
●15ポイント

むき出しのHDDの基板に金属片とか、水をこぼしたりして、ショートしたらHDDがおじゃんです。

また、HDDにアクセス中にこづいちゃったりするとHDDのディスクがが壊れる可能性がありますね。

◎質問者からの返答

なるほど。


4 ● tomot99
●15ポイント

ケーブル型はPC本体のケースに内蔵して使うことを前提としているものが多いと思います。(HDD用の電源を別に用意しなければならない等)

実際ケースなしでPC本体のケースの外で使うとなると、何かしらの台に置くか、床に直に置くような形になると思いますが、HDDの基盤がむき出しになることも多くその基盤をふれることでショートして、故障させたことがあります。

いろいろなHDDを取り替えて使えるメリットはありますが、HDDのデータ用のコネクタや電源コネクタは頻繁に取り外すことを前提とした設計ではありませんのでHDD用の交換式のラックを使用する方が安全かと思われます。

◎質問者からの返答

上の方の書いている、リムーバブルケースってやつですね。

どのくらいの価格がするものなんでしょう?


5 ● Yoshiya
●15ポイント

IDE→USB2.0変換ケーブルを使っていましたが,USBの認識が甘い感じがします。

マニュアル通りIDEコネクターにケーブルを指したのですが、USBが外部ストレージと認識する時としない時があって困った事が度々ありました。

私が実際購入したのは「エバーグリーン DN-IDE3525」です。

http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0503/18/news075.htm...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ