人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】はてなポッチ2丁目#009

“はてなポッチ2丁目”は、もっと自由にイエを考えよう!を合言葉に、テーマに沿った質問に答えて頂くコーナーです。テーマクエスチョンに「いわし」のコメントで思い思いにお答え下さい。イエはもっと面白くできる、もっとそれぞれの夢と快適があるはず!ここから、自分のイエの理想像をもっとひろげていきませんか?

テーマクエスチョン
「300年後、人間はどんな家に住んでいると思う?」を教えて下さい。

→回答例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070115

※今回の「いわし」ご投稿は18日(木)正午で終了とさせて頂きます。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:いわし はてな イエはてな クエスチョン コメント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 161/161件

▽最新の回答へ

[1]さほど t-saitou

現在と変わらないと思いますよ。

戦後日本はめざましい経済発展をしてきた訳ですから、今後の発展は微々たるものでしょう。

夢のない回答で申し訳ありません。


[2]人間が チップとなる? taknt

人間が 今のままになっているのか どうかが そもそも 難しいところです。

パソコンのように CPUが脳となり、そのCPUを用いたいろんな機械が出来てるかもしれません。

となると、その機械の家・・・

そもそも家が 必要では ないかもしれませんねぇ。

または、機械を 家とするのか・・・。


[3]テーマに沿って変化する家 taknt

人間の形体が 変わらないという前提での想像です。

・人間の形体は、時代とともに変わります。

たとえば 江戸時代のときは、身長が 180cmの人なんて

そんなにいなかったと思いますが、今では 珍しくないです。

その身長にあわせた家が 必要となってくるわけです。

家の中が選択したテーマに基づくものに 変わる家が できるかな?と思います。

たとえば、ジャングルを選択すると 蒸し暑くなり、どこからともなく鳥や動物の鳴き声が 聞こえてきたりするような家です。

ま、温度や湿度、音ぐらいでしたら 今すぐにでもできそうですけどね。


[4]アンケートを見ての感想から toku4sr4agent

アンケートにはいろいろな選択肢がありました。

今後、エネルギーが枯渇していけば、

7番目の選択肢はありかな、と考えさせられました。


一方環境破壊等にも歯止めをかけるのはなかなか難しいのでは・・・

という見方もあると思うと、

4番目や5番目の選択肢もあり得るだろうな、とも思いました。

戦争で文明が破壊されればそれもありでしょう。


いったん便利な生活に慣れてしまうと、恐いかな、それが普通のものになってしまって、

いざ昔の生活をしろと言われても難しいと感じてしまいます。


少しでも環境に配慮した家で暮らせれば、という希望から、浄水、発電は自宅で、を選択しました。


[5]何も存在しない gomestail

人間も生物もなければ宇宙も時間も存在しないでしょう。


[6]すべてが小さくなる booboo_002

300年後、さすがにie-ha-te-naさんらしからぬ、暗めの選択肢がありましたね。

人口増加に対して、食料やエネルギー消費を抑えるために、人間を矮小化し、すべてが小さくなるなんてのはどうでしょうか。エネルギーは地産地消、太陽光や風を使うようになるでしょう。

人間が住む場所に対して、地球環境を守るために自然を保存するエリアができると思います。宇宙にも住む場所ができるのでしょうね。


[7]大草原の、ほのぼのとした一戸建て TomCat

300年後、人々は都市一極集中型社会のデメリットを悟り、というか技術の進展によって都市に集中して住まう必要が全くなくなっているので、世界規模で「地方」に分散して暮らすようになっています。

プライバシー尊重の考えから、家と家とは最低でも怒鳴り声さえ届かない距離に離れています。

自然保護技術の発展によって蘇った森林は良質の木材を豊富に供給。イエは木造りがトレンドで、草原に相応しい、ほのぼのとしたたたずまいが流行です。

技術の進歩は砂漠をも草原に変えていますから、広大なサハラ砂漠の中の一軒家でペットとして羊の群れを飼いながら、1エーカーのひまわり畑でガーデニングを楽しむ証券マンもいたりします。

しかし、これはこれで砂漠の生態系が失われて自然が破壊されると批判があり、草原砂漠化活動の必要性が叫ばれたりもすることになってきます(^-^;


[8]地下に作られた家 Fuel

300年後、人々はオゾン層破壊の恐ろしさに気付き修復を始めていますが、すぐには元に戻らないので、ちょうど一番紫外線が強い時期を迎えています。なので人間の生活空間は主に地下に広がり、家は全て地下室作りになっています。防音性や冷暖房効率がよいので地下の家は意外に好評です。


[9]夢のない話で申し訳ありませんが。 toku4sr4agent

確か地球は氷河期と暖かい時期との繰り返し・・・と聞いています。

(詳しい話はわかりませんが)


氷河期の到来により、地球全体は寒くなり、氷で作った家に住んでいるかもしれませんね。


[10]共有、共存する空間という「家」というもの自体の定義が大きく変わる some1

人口の地球規模レベルでの爆発的増大で

一部の資産を寡占した層が「個人住宅」というものを持つのみとなる。


一方で「家族」という単位自体にも大きな変化が起こり、

氏姓的なつながりより、共通の目的、感覚を共有するものと、居住するようになる。

Webでのコミュニケーションなどでのサイバー的なものから、一歩踏み込んだ関係の集合住宅の中の部屋をシェアするなどのような形でコミュニティコロニーが形成される。


こう書くとシビアなようにも見えますが、「ムーミン谷」のようなユルイ共存関係もあると思うので。


[11]大工さん復権!人それぞれオーダーメイドの家 TinkerBell

300年たったら経済は今と全く違っていると思います。働き方も、もちろん変わっているでしょう。

今は起業がブームですが、みんながその夢を追い求めていくと、究極は昔ながらの自営業の時代に戻ります。

そこで大工さんが復権。大工の棟梁と差し向かいで家作りの計画を進め、世界に一つしかないオーダーメイドの一戸建てを作ることがスタンダードになるでしょう。

未来の働き方は一人一人が社長さんですから、都市一極集中がなくなって、みんな地方に散らばっています。土地がたっぷりなので、庭師さんや植木屋さんも大忙しになると思います。

というか、そういう時代が来たらいいなと思います^^。


[12]砂漠だらけになって tehi

蟻の巣みたいな穴を掘って地下に住むようになる。家とよべるものかどうかわかりませんが。


[13]家は資産ではなく社会資本になる Oregano

家を持つことは基本的人権の一つと考えられるようになり、土地家屋を金銭で売り買いしたり貸し借りしたりすることは「そんな時代があったなんて信じられない」と言われるようになるでしょう。

そのかわり全ての人は自由に不動産を相続し、または一定条件を満たすと、土地を得て家を作る権利が与えられるようになります。申請により権利が取得出来ると空いている好きな土地を選んで好きなプランで家作りが楽しめます。そのための予算は社会資本を整える予算から支出されますが、もう高速道路も新幹線も必要ない時代になっていて予算は余りまくっていますから心配ありません。


[14]変化なし BROWN6

300年でそんな変わらないでしょ


[15]地下シェルター dankichik

戦争、環境悪化等々で地上では暮らせないのでは。。

これは300年後ではなく、もっと近い未来に起こりえそうです。


[16]遠くの惑星に住む BROWN6

地球がダメになるので人間が住める惑星を発見しそこに移住する


[17]>16 宇宙で定住 BROWN6

今はまだ実験段階だが、宇宙への航海技術は確実に発展していると言える。旅行だけでなく宇宙ステーションも開発され、人口爆発で住む場所のなくなった地球に代わり、宇宙に住宅を作り、人々は宇宙で生活できるようになる。重力も人工的に作られ、周りの景色も映像等で作られるので、暮らしている人たちは地球に住んでいる時となんら変わりなく生活できる。


[18]今と変わらないけど、1軒1軒個性的になりそう panda50

今は、みんな仕事に通っているけど、家でも出来る仕事がふえて

家兼職場みたいな感じになって、それぞれ自分の仕事もしやすいような家になりそう。

今よりも自然環境を大切にした家も増えそうな気がします。


[19]家中の窓を開放出来る家 haru-taka

地球上に住む人間たちのモラルやマナーが飛躍的にあがっていることだと思います。

一個人だけが利益を貪ることがない時代になっている。

そうすると、鍵やモニターフォン等のセキュリティシステムは要らなくなります。

僕が子供の時の家みたいに、いちいち鍵をかけなくてもよくなります(ど田舎だったから、というのもあるかも知れません)。

その結果、

風通しをよくする為に、家中の窓を開放できます。

そうするとエアコンも不要になりますね。暑い時には浴衣と団扇で夏を過ごせます。ということは都市部や地球の温暖化も防げます。

ボランティアで世界中の砂漠を緑化させる事も出来る。

みんな地球規模で物事を考えているから。

そうすると木が大量に使えるので、日本の木造住宅建築技術も注目させる事になります。

いい事だらけでハッピーな世の中!

いいですね。

あと300年生きられないのが残念です。


[20]>17 ワクワクし過ぎてきっと今夜は眠れない。 haru-taka

新しい宇宙ステーションもどんどん増えるんでしょうね。”宇宙ステーション開発者”なんて職業に就きたいものですね。

重力も人工的に作れるとなると、新しい地球を作れるって感じします。

・・・作れる?

作っちゃいますか、新しい地球!

新しい地球をまとめる人には誰がいいかな?

どんな気候に設定します?

地球で増えすぎた動物たちも移住させましょう。

食料はどうやって作ろうかな、人工太陽も必要になるかもしれないですね。


ワクワクし過ぎてきっと今夜は眠れない。


[21]街自体がビルになる BROWN6

未来は縦に広がると思います。

超高層ビルはもちろん、地下にも広がる建物が多くできて、その1つのビルが市・町・村になって、そのビルの中だけで、生活ができるようになります。

ビルの間には森や林や公園が広がります。

車はほとんどなくなり、小型飛行機で移動することになります。

危険を回避するために、「空を飛べる日」というのが全国で定められるかもしれません。

休日にはビル外に出て、散歩、日光浴を楽しみます。


[22]300年後は・・・ konntasann

多分もう動くのも機械、料理するのも機械、とにかくすべて機械だけというかんじでしょうね


[23]きのこ型 akilanoikinuki

昔のSFアニメに出てきたような気がしますが、形はきのこ型。それでいろんな高さがあって、もちろん上に行くほど高級。


[24]これ以上人が増え続けていくなら sanbo-n

一戸建てというのは一部の財閥のような人間以外にはムリになっていくような気がします。

映画「フィフスエレメント」

フィフス・エレメント

のような高いビルディングだらけのようなものを想像しますね。


[25]海の中に住むとか souseiziozisan

地球に定住するというのなら海中都市があっても面白そうです

宇宙旅行が当たり前になったら宇宙ステーションというのもありそうですね


[26]アナログな生活をしている BROWN6

解決策を見出せずに人類は諦めてアナログな生活をしている


[27]>26 現実的に考えて宇宙だとか海中だとか無理だな BROWN6

昔のアナログな時代に戻す努力をするのが一番無難だな、世界の国々が協力して何とかならないのかな


[28]>17 そういえば。 toku4sr4agent

何気なく夜中に一度、地球が汚染されちゃったので住めなくなって、宇宙ステーションで生活しているっていう話、アニメーションかなにかで見たような記憶が。そして宇宙ステーションでは、地球をもとの環境に戻すための研究をしているとかなんとか。

(数年前のことなんで番組名忘れましたけど。でもヤマトじゃない)


でもそういう悲しい理由じゃなくて、宇宙と地球を行ったり来たりできるんだったら夢があってよいですよね。

(宇宙から地球を見てみたいし)


[29]全家庭が自家発電 tsurumi230

超高性能なソーラーパネルが開発され、家庭の電力が自宅でまかなえるようになる。


[30]自分の好きな動物とステキな生活 toku4sr4agent

自分の好きな動物とステキな生活をしている。

(できたら動物語翻訳機が備え付けの家)

まわりは多少自然が豊かなところ。


サンルームのような部屋があって、外の空気を感じることのできる部屋がある。

夜は日没と共に寝る。朝は日の出とともに起きる。

ちょっとスローライフ的な感じでしょうか。


但し、野生の動物とはある程度距離を置いて、あまり生態系を乱さないような生活。

でも、冬場などエサが少なくて困るときだけはちょっと餌場を提供。




できればインコだらけの生活が夢


なんだか暗い夢のない話が多くなってしまったので、少し夢のある話があればなあと思いました。


[31]多分 konntasann

海の上などに住んでいて面積が大きくなると思いますね!


[32]一畳ほどの広々とした家 baggins

人口が増えて土地が足りなくなり、家のサイズが小さくなると予想できます。

それに対する対策として、見た目のサイズは小さくなりながらも仮想現実的に広く思える家ができるのではないでしょうか。

例えば脳に電極をつなげて広々とした家があるように錯覚させる、というようなマトリックスのような世界です。そういう社会になると家というよりも社会全体が仮想現実の中で完結してしまうのかもしれませんが。


[33]条約で保護される戦争拒否宣言の家 MINT

戦争で滅んで竪穴式住居の逆で、どうしても戦争を無くせないなら人々に戦争を拒否する権利を与えようという国際条約ができあがります。たとえば白いリボンを付けた家は攻撃してはいけないし、戦争のために使ってもいけないと決まります。

すると、どこの家もクリスマスのリースのように門やドアに白いリボンを付けます。目立つようにと、家のまわりにリボン型のイルミネーションをつけて、にぎやかに飾る家もたくさんあらわれます。

300年ではあまり家の役割や形は変わらないと思いますが、人類の知恵で戦争から守られる家になるところが変わります。もう世界中誰も住み慣れた家を追われて難民になることはありません。


[34]>5 人類滅亡も Spaceshuttle

十分あり得ると思います。


[35]ドラゴンボールの souseiziozisan

カプセルの家に住むってこともありえるでしょうかね・・・

夢みすぎでしょうか。


[36]>18 人的交流が盛んになり。 Spaceshuttle

世界各地の特徴的な家が立ち並ぶ・・・かも?


[37]>22 マトリックスですか ichthyostega

映画マトリックスの世界ですかね。生物はコンピューターを動かすためのエネルギーを産生するために生かされる、そんな世界になっているのでしょうか。

ちょっといやですね。

でも、実際、便利さや合理性ばかり追求していると、人間は機械を配置するだけで良いようになり、それも機械が行うようになると、今度はメンテナンスだけを人間がする。この作業も機械に任せると、今度は機械を作るだけ、これも機械に任せると、人間は一体何をして暮らしているのでしょうか。

そろそろ生活スタイルの見直しの時期かもしれませんね。


[38]>34 人類は ichthyostega

人類はいなくなっているように思いますね。

ただ、300年後なら地球、少なくとも太陽はまだ残っているのではないでしょうか。

人類なんて宇宙から見ればチリにも値しないものですから、人類がいくら頑張っても宇宙どころか、太陽系すら滅ぼすことは出来ないでしょう。

その前に自分たち自身が滅んでいるように思います。


[39]>28 ガンダムでは ichthyostega

元祖ガンダム世代ですが、ガンダムでは宇宙ステーションに移住してましたね。

筒状のステーションの内面に居住区があったので、地面から見上げると、反対側の地面が見えていましたね。

ヤマトでは地球の環境そのものを元に戻すように頑張ってましたね。

でも多分、二酸化炭素を排出する化石エネルギーに代わる、新たなエネルギーを開発しないと、地球は間違いなく後100年も経たないうちに住めなくなりますよね。

二酸化炭素を排出しない、かつ、原子力ほどの危険性のないエネルギー、誰か早く開発してほしいです。

宇宙から見た地球、きれいでしょうね。現代に生きている以上、死ぬまでに一度、見てみたいです。


[40]>20 地球を作るなら月も ichthyostega

すてきですね、新しい地球、人工惑星。

重力はアインシュタインによると質量に伴って生じるので、地球くらいの質量を持つ大きな建造物を造れれば、重力は自然と発生するはずです。

後は大気と水の確保ですね。月もみたいですので、新しい月も作りたいです。

新しい月には大気を存在させて、重力の違いを体験できるテーマパークなんか作ったりして。


[41]人類は地下か宇宙に行く!? eiyan

人類は地球上に住む事が難しくなり地下に潜るか宇宙に出ているかな?

月とか火星の様な地球外に出ている人類もいる。

宇宙ステーションの様な人工的な施設にも移住する。

正に漫画的な生活が始まる。


[42]天空の城型ハウス momokuri3

反重力物質が発見され、エネルギー不要で宙に浮く家が作れるようになります。もう土地がいらないので好きな大きさの家が建て放題です。

浮遊家どうしは反重力物質の応用で一定距離以下には近付かないようになっていて衝突を防ぎます。

普段は空中に作られたパーキングに止めておき、そこからのびる道路を使って出かけますが、家ごと移動させることも簡単なので、家ごと旅行に行くのも流行ります。

空中の家なので地震に強く、台風が来る時にはそれを避けて移動できるので、災害に強いのが特徴です。

また家が好き勝手に移動するので、都市や町という概念がなくなり、国という概念も薄くなって戦争もなくなります。


[43]現在も家は様々な形があると思う。300年後はもっと多様化が進みそうです。 kokorononakami

現在、富裕層の方々のようにプール付で豪邸のような家に住んでいる人もいれば、ホームレスの人のように家そのものが無い人もいます。格差社会が300年後も続いていれば、家すら持てない人もいることでしょう。私は300年後の家はこうなっていると予想することはできませんが私の理想としてはどんな家であれ、300年後にはほとんどの人が温かくぬくもりのある幸せな家庭を、その家の中に築いていてほしいと願っています。


[44]今のままでは人類滅亡 kingkoji

今のままにしない為に議論すべき、つうか俺がしてないけど。枯渇。


[45]植物と共存=生きた植物そのままを活用 hanatomi

極度に進んだ地球では環境の事も見直され、生きた植物の根の部分に働きかけ空洞を作ってもらい、そこに住む生活が始まった。

植物と意思の疎通もでき、数年かけて形を変えてもらうことも。木の実、果実を食べ、廃棄物は有機肥料に。

もちろんIT化された各部屋の室内はwebで世界とつながっている。

(実現は300年後より遅れるかも・・笑)


[46]>39 私もガンダムが浮かびました! teionsinonome

テーマを見て私も真っ先にガンダムが浮かびました!!

今のようにエネルギー使い放題廃棄物捨て放題だときっと300年も地球は持たないと思います

今の生活を捨てるという選択はないと思うので、他の星や人工的なコロニーに移住するでしょう

それを作る際にうまく配置、配分して戦争が起こらないようにして欲しいです

シャアは大好きだけどできれば平和活動で活躍して欲しいものです


[47]>45 植物と温暖化ですね。。。 aoun

全ての建物の屋上部分を森のように植樹すること、全ての庭や踊り場にも植樹すること、というような法律が世界標準となると。。。空撮(衛星)すると関東平野の全てが森になっているわけです。NYもLAもロンドンもパリも、ブラジルも、全て空撮(衛星)すると緑ですか。。。

アンケートの方にもありましたが、300年もすれば念願のAIが実用化されるかもしれませんね。。。AIは全ての機材通信を統括管理するポジションになりますか。。。(AIの害・危険性についてはここでは検討しないとしてですが)。AIそのものが、支配的ポジション、直裁な管理者的ポジションになるというよりも、ソフトに人間の行為を幇助するAIシステムというか。。。人間がアクションし、自分が操作、人間が管理することに対して、それをソフトに影から幇助する。。。そんなトヨタのビークルスタビリティシステムのような受身の幇助システムになるのではないかなと思いますね。。。


[48]酸性雨や放射線対策の家 hiikunn

もし地球環境が今以上に壊れていたらですが、酸性雨が当たっても溶けない、放射線も通さない家になると思います。


[49]海上に家が… yoshigyu1318

300年後は人口が急増して、陸地の家だけでは足りないので、

海上に家が建っていると思います。天気が悪いときは、海のなかにもぐるというような家ができるかもしれません。


[50]>47 自然の中にすっぽりと。& AI!! hanatomi

どこかの地域では屋上緑化が必修と聞きましたが、それがauonさんのおっしゃるように世界レベルになったらすごいっすね。

緑は、涼しいし、暖かいし、癒されるし、紫外線カットだし、陰イオンだし、食料難も脱出できるかもしれないし、とってもいいっすよね。これは実現化するかも知れないですね。(ホント?)

砂漠化はビル街から改善されて行ったりして・・・

空撮すると、都心ほど緑なんて、ほんと最高ですね。緑の関東平野見てみたい!

更に生活のソフトの部分でAIが導入されたら、便利にだろうなぁ。

人間のアクションを幇助してくれるシステムなんて・・最高・・!


[51]>13 面白い! hanatomi

海外ではそういう国多いですよね。中国は土地は国のものなので、国営道路をここに作る!と決まったら、たとえ新築であろうが何であろうが移動しなければいけないそうです。

ドイツは土地は公共財産。工場などで汚したら、その工場にはその土地は貸してもらえないそうです。

>家を持つことは基本的人権の一つと考えられるようになり

早くそんな時代になってほしい。今日テレビで公園に住んでいる方が立ち退きになっていくところがないとやっていました。これから寒くなるのに。大体、飛行機が作れる技術力があるのに、アダムとイブの時代より豊かになったのに、働いても一部の人は屋根のあるところに住めない社会、過労死する人がいるなんて切ないほど未熟ですよね。

もっと技術が発展したら建てた家はさらに長持ちで、人の苦労が少なく手軽に作れたりして、そうするとますます家は全員のものとなりますね。


[52]>43 治安 hanatomi

国境もゆるくなり、社会保障も行き届かなくなって格差社会が続くと、治安が悪くなるかもしれませんよね。(アメリカのように)

なので、最低ラインの社会保障をきちっとして、できるだけ平等に幸せにみんなが暮らせるようになった時、お金持ちの人もかえって安心して暮らせると思うんです。イエの中の人たちが温もりを持って暮らして欲しいのはもちろんですが、生活の質が下がらないようにして欲しいです。(この前NHKで妻がホームに入って年金では足らず夫が空き缶集めをしていました。こんな先進国の社会保障をゆるしていいのでしょうか。と、コメンテーターがおっしゃってました。)

とはいえ、最近読んだ「佐賀のがばいばあちゃん」にはkorononakamiさんのおっしゃるように、極貧でも家族幸せに心豊かに暮らしている様子が書かれていたなぁ。


[53]>40 銀河鉄道999 vivisan

を思い出しました。

のちの世には銀河鉄道管理局ができて、星と星を旅行できるようになるかもしれませんね。


[54]船の生活 choco-latte

温暖化が進み、氷が溶けて陸が少なくなり学校、会社、お店など、住居以外は陸地で、住居は主に船での生活。

海外旅行も船でいけるため、家族サービスする父親が急増。

離婚率も下がる(笑)。


[55]>35 ホイポイカプセル choco-latte

私もあれ欲しいです。あれがあったら駐車場を探す手間も省ける。


[56]>55 私も欲しい。 sayonarasankaku

気分によって、変えられそうですよね。

あぁ、でもポケットとかに入れておいて無くしてしまったら

すごーく、ショックかも…


[57]イエカキ 理想の住まい sayonarasankaku

あの、浮いている島に住みたいな!!

島から島への移動とかも興味深いです。


[58]>9 氷河期説 H-H

氷河期は4?8万年単位らしいですが、

突然氷河期に入る説もあるそうですね。

恐いですね?。


[59]>6 1mくらいは小さくなってもいいかも H-H

300年あったら、1mくらいは縮んで進化できそうですね。

小さいほうがすべてが子供料金みたいなもので、ローコストで済みますよね。

単純にそう思いました。


[60]>29 自家発電は必要となってくると思います。 H-H

太陽エネルギーを使えるなら最大限に使ったほうがいいと思います。

今はまだ一家族をまかなえるほどじゃないけど、もっと精度のいい自家発電ができれば、

300年後にはそのようになってそうですね。


[61]>44 未来に希望をもてる議論を! H-H

たった300年後の安心も確保できていない、今の現状はとても良いとはいえないですよね。

自分の子供には「1,000年は大丈夫だよ」と言ってあげれる未来をつくってあげたいです。


[62]>33 これに一票!! TomCat

機能や形が変わるのではなく、制度が変わり、戦争からイエが守られるところが変わる。この考え方は秀逸です。

300年と言わず、今すぐにでも実現したいですね。白いリボンを結んだ門松に込めた平和への願い。ここから世界に発信していきたいものだと思います。


[63]>53 「銀河鉄道の車窓から」 H-H

銀河鉄道ができたら、こんな番組ができるかもしれない。

銀河を抜ける映像とかきれいなんだろうな。

もちろん自分も乗車しますけどっ!


[64]>51 視点が新鮮です(^-^) TomCat

近未来においては、イエの幸せが国力と考えられるようになる。最低限のセーフティネットとして、住まいだけは誰でも持てるようになる。それは不動産を売り買いの対象としないようにすることと、イエ作りを国力増強のための社会資本整備として位置づけることで可能になると。

細部は煮詰める必要があるとしても、これは十分政策として成り立つ具体性を持っていると思います。少なくとも100年経ったら「そんな夢みたいなことを」なんて言われないくらい、社会が変わっていそうな気がしますね。

早くそんな時代になってほしい。今日テレビで公園に住んでいる方が立ち退きになっていくところがないとやっていました。これから寒くなるのに。大体、飛行機が作れる技術力があるのに、アダムとイブの時代より豊かになったのに、働いても一部の人は屋根のあるところに住めない社会、過労死する人がいるなんて切ないほど未熟ですよね。

私がいつもマイトングで掃除している駅には、夜になると家の無い人が数人集まってきます。みんな高齢者ばかり。中には足の不自由な高齢の女性もいます。そんな人達が、この寒空に、吹きっ晒しの駅の屋根の下で、工事のブルーシートにくるまって寝てるんですよ。

駅ビルの中では高額の商品が売り買いされ、一晩に何万円も飲んできたヨッパライが通る駅前で、家のない老人たちが寝ているんです。なんていう貧富の差。日本は貧しい。政治が貧しい。こんな寒空に、人生の先輩達を路頭に迷わせておいていいはずがないと思います。

私はああいうご老人たちこそ国会議員にすべきだと思うんですよね。ああいう経験をしてきた人達の視点で政治が行われたら、日本は変わると思います。


[65]>58 隕石や星の襲来、突然氷河期に入る説 BROWN6

恐竜がすべて絶滅したのがこれですもんね、怖いな? でも微生物やバクテリアは生き延びてたんですよね!

何度も大きな隕石は地球を襲って、その度に氷河期を繰り返してきたんですよね


[66]>65 宇宙を目指す人類の旅の幕明けの時代がきてますね BROWN6

人類の未来にとって、宇宙は必要不可欠な場所になるのは必須ですね

未来の化学や科学の進歩には、宇宙という場所がどうしても必要になる

作られている物質のすべては、宇宙からはじまっていますし


[67]>48 人間自身 vivisan

その環境化に順応できるよう・・進化!?するかもしれませんね・・。

考えたら怖いけど・・。


[68]>60 電気なら燃料電池が有望かと TomCat

太陽電池はそれを作るためにかなりエネルギーを必要としますし、どうしても蓄電池と組み合わせる必要がありますから。このへんは将来もあまり変わっていないんじゃないかと思うんです。

むしろ300年後には、効率のいい燃料電池がたくさん作られるようになって、電気製品単位で組み込まれるようになる気がします。水素はバイオエタノールから得ればいいですから、昔のランプに油を注ぐみたいに蛍光灯にアルコールを注いで・・・・あれ?(笑)

いや、おそらく300年後には人体に及ぼす電磁波の影響が具体的に解明されているでしょうし、電気製品そのものが極めて小電力で動くようになっているでしょうから、大きな電力を必要とする照明や冷暖房装置や調理器具などはワイヤード給電にしても、その他の電気製品は、人体に全く影響がない形の電磁波で集中発電装置から室内に電力が供給され、ワイヤレスで給電されて動作するようになっているでしょうね。

あと、照明なんかはおそらく、天井全体が光る素子で出来ていたりしそうです。

ちなみに電気代の一助として、庭や屋上で植物を栽培して育ったらそれを交換所に引き取らせると、それで作れる量のバイオエタノールと引き替えられるなんていうサービスが出来て、街中緑にあふれているかもしれません(^-^)


[69]>34 私も kuriochiko

環境破壊、人口増加、資源枯渇、食料枯渇、戦争などで、このままのペースで自分や自国の金儲けだけを考えていると、滅亡するでしょうね。わが国もどんどん借金をして、問題は先送りですから。

環境が破壊され汚染した地球に適応できる人間?だけが、ゴミのように生きているかも。

そうならないように、願いたいですが、昨今の社会を見ていると先行き暗いと思います。


[70]できたら・・・ konntasann

月とかに住んでる!!!


[71]スモールライト&ガリバートンネルで!!! konntasann

ミニの世界に住んでいる予感が!!!


[72]>29 20世紀の家を変えたものが電気なら… juice07

既出の回答のような家は個人の好みによって出てきそうだけど、ベーシックな家はやっぱり変わらないだろうなぁと思います。あえて言えば300年後実用化されていそうなのはほとんどの家でソーラー発電、かなぁと。


[73]意外に mododemonandato

わらぶき屋根とかが流行しているかも。藁はもうあまりないので光ファイバーで発電できるとか。


[74]>46 ガンダムは見なかったのですがそういうテーマを扱っていたのですね toku4sr4agent

私はガンダムは見なかったので、

またちらっと見たのも真夜中に放送されていた記憶があり、2、3年前なので、

おそらくガンダムではないと思うにですが、

ガンダムでもそのようなテーマを扱っていたのですね。

(こちらでは過去の記憶ではガンダムは土曜の夜法曹だったのでたぶん別の番組だと思います。)

そういえばガンダムといえば最初の頃のヤマトと同時期かそれに遅れること2、3年あとに最初のシリーズをやっていたと思います。


(名前だけは聞いていたので)

おそらくガンダムが放送されたのは今から20年ほど前だと思うので、

もう既に、その頃から地球が汚染されて将来住めなくなってしまうのでは?

という危機感が心のどこかにあり、

それが作品作りに影響していたのだとしたら作品の製作者は先見の目があったということになるのでしょうね。


(うーん、逆に言えば、そういう設定にしたほうが危機感があって宇宙開発しやすい、とか宇宙に行く理由付けになりやすい・・・という点もあるかもしれませんが)


[75]>68 非球面レンズによる太陽光の集光 toku4sr4agent

自分が通っていた大学の工学部では(もう20年近く前になりますが)

太陽の光を効率的に集めるために、非球面レンズを作る方法(図面の書き方から設計、制作まで)やっていた先生がいましたね。

そして、非球面レンズの沢山ついたパラボラのようなものが、太陽を自動で追いかけていく装置も。


ニュースで、太陽光を、太陽の光が差し込まない、山間の村に届けたということが報道されていましたが、

おそらく20年近く前に研究されていた技術と似たものが実用化されたのかもしれません。


この技術がも少し進歩して一般的になっていけば、太陽エネルギーを効率よく使えるようになるのかもしれません。


[76]>62 すっごーい! hanatomi

そんな決まりがあったら今日からでもリボンを付けるよ!

素敵!


[77]>74 地球の汚染とSFもの ichthyostega

ヤマトは多分もうかれこれ30年近く前になるのではないでしょうか。初期のガンダムはその数年後だったでしょうか。

私もあのころはただのロボットアニメ的な感覚でしか見ていなかったのですが、それまでのロボットアニメが宇宙空間での無重力を無視した設定であったり(ヤマトでも甲板に立ってましたから)、ロボットの操作室は必ず頭部か眼の部分で、体がやたらでかい(数十メートル当設定が多かったと思います)のに対し、ガンダムでは無重力状態が描かれていたり、操作室が腹部にあり操縦者はモニタを見て操作していたり、大きさもやや現実味のある大きさであったり(確か十数メートルで、戦闘機よりもやや大きめの体格であったと思います)とか、あるいは宇宙人や侵略者との戦いではなく、人間同士の戦争であるとか、そう言う設定としてはかなり斬新的であり、非常におもしろく見ていた記憶があります。ガンダム以後のSFアニメはほとんど見ていないので判りませんが、あのアニメはかなり革命的で以後のアニメに多大な影響を与えたと思います。機会がれば、大人になった視点でもう一度見てみたいアニメですね。もしかしたら何か考えさせられる点があるかもしれません。


あのころから核戦争への危機感や石油の枯渇などの問題は充分に意識されていたと思います(冷戦時代のまっただ中ですから、世界大戦の危機感は現在よりも強かったかもしれません)。環境問題に関しては、現在ほど気象の変化などの実感がなく、エネルギー問題にしても「なんとかなるさ」と言うような感覚がどこかにあり、現実味が薄かったのではないでしょうか。あるいはノストラダムスとかそう言う影響もあったのかも知れませんね。


[78]>31 そうしたら… sayonarasankaku

景色がよさそうですね。

いいかも!


[79]家は広く大きな多世代型に! watena

300年後、人の寿命は延びに延びて、ひいひいおじいちゃんに、ひいひまごという家族構成は普通になっていることでしょう。

そこで核家族がなくなり、今は世代ごとに別れている家がひとつにまとまると、一家の働き手が多くなり、どの家も金銭的に豊かになります。

同時に建築技術の進歩で大規模住宅が簡単に造れるようになりますので、家は広く大きく、個人や夫婦のプライバシーを守りながら複数世代が同居できるスタイルに進化していることと思います。

一軒がちょっとしたマンション並みの造りになり、その中に複数の夫婦が住み、中央ロビーで三々五々くつろぐ。そんな暮らしが普通になると思います。


[80]>1 今の技術が発展する程度でしょうか。 ie-ha-te-na

自家発電などのエネルギーシステムや家の機能性が進歩する程度でしょうか。それも、地球環境や世界情勢に大きな事件がないという意味では幸福かも知れませんね。

〈ハザマ〉


[81]>2 家が機械になる可能性はアリ? ie-ha-te-na

人間がチップになり、機械が家になる…何だか想像ができませんが、あるいは現実に考えられることなのでしょうか?う?ん、人間そのものは多分何億年もかけてこのような姿になったわけですから300年くらいでは全く変わらない気もしますね。家全体がコンピュータ制御で機械のようになるという可能性は充分考えられますけど。。

〈ハザマ〉


[82]>3 好きな環境に設定できる家はいいなぁ! ie-ha-te-na

あるいは、家を作る時に好きな気候や環境を選んで設定できるようになるといいですねー。私ならきっとカラっとした南国を選びます。あ、またはそれぞれの気候環境エリアがあるというのも面白い。そうすれば家の中だけでなくご近所は全体に好きな気候環境になるわけですね。そういうテーマハウスもしくはテーマエリアは今でももし出来ると話題になるでしょうねー。

〈ハザマ〉


[83]>4 そのうち国から補助金でも出れば…! ie-ha-te-na

エネルギー問題、環境問題、戦争問題、なかなか楽観できない選択肢が多くなってしまいました…。氷河期説や人類滅亡説などもないと願って、私も選択肢の中では自家でエネルギーをまかなう家を選びたいですね。そのためには相当の設備投資が必要ですから、国が自家エネハウスのプロジェクトを進めるか、設備のための補助金を予算組みするとか…これもあり得ない話ではないですよね。今から相当な努力で実践しないと間に合わないような気もしますね。。

〈ハザマ〉


[84]>7 まさに理想です! ie-ha-te-na

確かに都市一極集中型社会は薄らいでいる気がします。ビジネスや暮らしの考え方も一様であった状態からさまざまな人生観が派生して、住む場所もまちまちに分散するかも。

広い敷地で一戸建て、これは理想ですよね!私は何となくこれから人口は減少していく気がしていて、過密な状態からも少し開放されるといいなと思っているのですが…。

木の家や自然の中で暮らすことも、相当に環境問題を学んだ末になるでしょうから、人間としての知恵とモラルで諸問題を解決しつつ共生できるといいですよね。

あぁ、ホントに300年後がそんな暮らしだったら、安心して子孫を残せますねー!

〈ハザマ〉


[85]>8 紫外線遮断システムも! ie-ha-te-na

オゾン層破壊、紫外線の脅威はすぐそこという感じがありますよね。そうなったら地下都市も発達するでしょうけど、地上では強力な紫外線遮断システムも開発されているかも知れません。あるいは紫外線カットの宇宙服ならぬ地上服というものを被らなければ外に出られない…というのはあり得ますけど悲しいですね。お日様を怒らせると怖い!という話ですー。

〈ハザマ〉


[86]エネルギー sayonarasankaku

300年あれば、核のように危険ではなく、

環境にも優しいエネルギー源が見つかっていて

便利な生活を楽しめるようになっているといいなぁ。


[87]資源や熱量の消費を最小限に抑えた家 tibitora

家を作る材料は天然の物を使って無駄な装飾は無く、冷暖房は生体感知した箇所のまわりだけ快適な温度に(動きにあわせて移動)保つ。そんな環境に配慮した家も出来るのではと思います。


[88]自給自足! mimisasa

すべてが、電化・電算化・コンピュータ化したら、楽なんだろうな?と思いつつ、せっかく人間であるのに人間味のない家だなぁ?。なんて思ったり・・・。

家の屋上では、畑をつくり野菜なんかを育てたり。

町内でそれぞれ作ってる作物を供給しあったり、自給自足のできる家なんていいなぁ?。

団塊の世代が、田舎暮らしに憧れてるともいうし、都会・田舎に関係なく、自然にやさしい自給自足の家!


[89]>85 そうなると sayonarasankaku

今のような、太陽のぽかぽかさとは無縁になってしまうのですね…

んー、寂しいですね。


[90]>49 窓の外に… sayonarasankaku

窓の外に熱帯魚なんて世界になっているかもしれないですね。


[91]>46 ああっ でも teionsinonome

ボランティア活動してるシャアは見たくない気もする・・・


[92]>81 人の体が“イエ”になる castle

“人”の定義がチップのように伝達可能な情報になるとしたら、チップの入れ替えや情報通信によって体を乗り換えたりするような時代がくるかもしれません。

そうなると人の体がイエになり、今の家というのはその体にあった世界観を体験したいときにレンタルで借りるようはテーマパーク的な意味の強い商品として存在しているかもしれないです。

情報技術やロボット技術のニュースを見るたびにその早さに驚かされるので、300年以内での実現ならもしかしたらありえるかもしれません。


[93]>10 新しい人間の共存関係、面白いです。 ie-ha-te-na

これは人口の増減いかんにかかわらず、あり得る面白い予測だと思いました。家族観がよい意味で拡がり、自由な共存関係が成立するというのは決して悲観的なことではない気がします。色んな価値観が受け入れられて浸透していくということですから、ある意味豊かなことかも。すると、家のカタチもそれに応じて多様に変化していくでしょうね。コミュニティコロニーなど、どんな家と暮らしになるのか見てみたいです!

〈ハザマ〉


[94]>64 ホームレスの人の話は心が痛みます Oregano

格差社会の是正といって盛んに再チャレンジが叫ばれていますが、私は最低限のセーフティネットが家だと思います。倒産して家を取られて中小企業の社長が一転して車に寝泊まりして暮らすようになった話や、リストラで家賃が払えなくなって住所不定になって再就職が難しくなった人の話などを聞くと、再チャレンジを一番難しくしているのは家がないことだと思います。

人間が知恵を発揮すれば、まず家だけは絶対に差し押さえの対象にしてはいけないなどという決まりが作れるはずだと思います。これは今すぐにでもできるはずだと思います。

そして何十年後かには全ての人が借家ではなく持ち家に住めるようにするべきだという議論がはじまり、300年後には土地や建物は人々の暮らしを守る社会資本の一環で売り買いの対象ではないという社会になっているはずだと思いました。人にはそのくらいの知恵があると思いたいです。


[95]>11 オーダーメイドの一戸建ては理想だなぁ。 ie-ha-te-na

未来は働き方も生活の仕方も多様になって都市から地方に散らばるというのもいい展開ですねー。ゆったりした土地で思い思いのオーダーメイド一戸建てなんて理想的ではありませんか。それぞれの地方で生活環境もいい感じで整って、じっくり暮らしを育んでいく。大工さんや庭師さんが活躍して多彩な家が建ち並ぶというのは、今考え得る限りで一番豊かな展開だな。私も本当にそういう時代が来たら素敵だと思います!

〈ハザマ〉


[96]>12 虫になった気分だぁ(泣)。 ie-ha-te-na

えー!?砂漠ですか?水と緑がないところに人間は住めるのでしょうか、住めたとしても悲しいなぁ。砂漠の砂の中に住むなんて虫になった気分。避けたい展開ですー。

〈ハザマ〉


[97]>89 太陽が敵になる時代 Oregano

高校の頃、生物の先生が話してくれたことに、太古の地球はオゾン層がなかったので、生物は水に紫外線を遮断してもらわないと生きていけなかったという話がありました。

太古の太陽は恐ろしい光線を発射する星だった。光合成をして酸素を吐き出す生物が長い時間をかけて今の大気やオゾン層を作り、はじめて太陽が恵みの星になったということです。

その大切な植物を切り倒すことで文明を築いてきた人類は、また太陽を恐れる生物に逆戻りしてしまうのかもしれませんね。


[98]>14 いや、でも… ie-ha-te-na

BROWN6さんの「遠くの惑星に住む」という劇的変化を遂げるツリーがすごく盛り上がってるではないですかー!「宇宙で定住」への憧れを抱く人が案外多いのに驚いてます。やっぱり人間はどこまでも未知の世界を追求し続けるんだろうなって思いましたよ。

〈ハザマ〉


[99]>96 もう今はすでに… Oregano

高層ビルのマンションからエレベーターで地下に下りて地下鉄に乗って会社に行き、そのまま帰宅する生活とかは、もうすでに完全なコンクリート砂漠生活ではないでしょうか。考えたら恐くなってきました。


[100]>15 何としても美しい大気と平和は死守したい! ie-ha-te-na

地下での生活を予測する人も多いようですね。でも太陽の光や自然の風や季節の彩りがないのは生きている気がしないですよね、きっと。そう思うと、今地上で暮らせていることがどんなに幸せなことか、感謝の気持ちでいっぱいになります。何としてもオゾン層と美しい大気と平和は守らなければ!ですね。

〈ハザマ〉


[101]>98 最初は変わらないと思ったんですよ BROWN6

でもよくよく考えるとそれは無理だなと、変わらないと回答してた人が多かったので便乗してしまいました。


[102]>84 心が晴れる思いがします Oregano

未来を考えると閉塞感しか感じない中で、こういう未来予想は心が晴れ晴れする思いがします。

気になったので今調べてみたのですが、今でも日本の国土の住居に適する平地面積は、控えめに計算しても、総人口一人あたり約270坪ありました。二人家族ならこの倍、四人家族なら四倍の土地が使えることになります。四人家族で千坪以上です。その1/4を家に使って、残りを緑地や道路、鉄道などに使う面積として残したとしても、今の日本人が核家族のまま全国に散らばるだけで、全員が数百坪の豪邸を持てる計算になります。

大きな家が可能になれば核家族から大家族に戻る可能性もありますから、この計算にはもっと余裕が出てくるはずだと思います。

社会が変わり暮らし方が変われば、自然の中のゆったりした一戸建ては十分な実現性がありそうですね。


[103]>78 そうなっていたら souseiziozisan

きれいな海上に住むのが高く、汚い海上で住むと安いとかありそうですね

シケは怖いですけど


[104]ペットに優しい家 tibitora

300年後には、今以上に犬や猫、他の動物が家族のようになっているかなと思います。なのでそのペットたちが元気でいられるような、不自由をしないような家が家が出来ていると嬉しいです。


[105]>76 同じく一票! YuzuPON

戦争を拒否する権利!こんな当たり前のことがなぜ実現しないのか!

こういう家の未来を作れる現代人になりたいですね!


[106]森が紫外線から守ってくれる家【各種社会制度付】 YuzuPON

○緑のトンネルで日翳り良好。白をいかしたたたずまいは日翳りの中でも明るく映えて、紫外線以外を庭に反射するので昼間は驚きの明るさ。夏は庭で涼しい木陰を楽しみ、冬は紫外線100%カットの屋上サンルームで憧れの日向ぼっこ。

○森林部分購入費は紫外線対策逆固定資産税適用(*注1)。さらに100年間政府保証の森林保全作業実費相当額全額減税制度適用認定済。

○価格は手ごろな年収実績認定額(*注2)×10。30年前と同じお値段です。(*注3)


*注1:公益に資する森林などについて政府や地方公共団体が固定資産所有者に支払う交付金。

*注2:過去10年の所得税課税対象額平均値。

*注3:さおだけ屋参照。


[107]>91 にこやかなシャア ichthyostega

確かに、ボランティア活動などで他人に

「やぁ、どうも、ご機嫌いかがですか?」

なんて挨拶しているシャアはちょっと想像つかないですね。


[108]ダイヤモンドの家 BROWN6

この先ダイヤモンドを簡単に作れるようになるので大量に作り、

ダイヤモンドの家を作る。

綺麗だろうな?、ピカピカして


[109]>97 有毒な紫外線 toku4sr4agent

人体にとって有害な紫外線は、自然界の生物にとっても有害である可能性がありますよね。

人間は紫外線をカットする衣服を身につけ、そして紫外線をカットする建物などに住むことはできても、動植物にはそれができない。

紫外線で傷つけられたDNAは正常な遺伝情報を伝えることができなくなり、

場合によっては、子孫を残すことすら難しくなるのではないでしょうか。

動植物など、食料になるものが枯渇していけば、仮に、人間が紫外線から身を守るコロニーのようなところに住んでいても、そのうち食料不足で餓死してしまうような気がします。



もしかしたら、コロニーの中で食料のもととなる動植物も育てるようになるのかもしれませんが、到底全ての人間がそこで生活できるわけではないし、全ての人類の食料をまかないきれるわけではないと思います。

コロニーに入れる人と入れない人との間で熾烈な戦いが起こるかもしれません。

(それこそイヤな話ですが、一部の金持ちだけがコロニーの中で生活でき、そうでない人は餓死するのを待つのみ・・・なんてことになってしまうかも。

考えたくありませんが)


[110]>104 未来の家にはぜひ欲しい要素ですね(^-^) TomCat

動物がもたらしてくれる癒しの効果などはもう既に医学的にも立証されつつありますから、300年経ったら、動物と暮らしていない人の方が珍しくなるでしょうね。

そうなったら、まず動物にとってどんな家が快適かという研究が盛んになりますよね。人間の生活に動物を合わせるのではなく、まず動物の習性や生態を考慮して、なおかつ人間にも快適な家というのがどんどん開発されてくると思います。

早くそんな時代が来て欲しいですね(^-^)


[111]>104 未来の家にはぜひ欲しい要素ですね(^-^) TomCat

動物がもたらしてくれる癒しの効果などはもう既に医学的にも立証されつつありますから、300年経ったら、動物と暮らしていない人の方が珍しくなるでしょうね。

そうなったら、まず動物にとってどんな家が快適かという研究が盛んになりますよね。人間の生活に動物を合わせるのではなく、まず動物の習性や生態を考慮して、なおかつ人間にも快適な家というのがどんどん開発されてくると思います。

早くそんな時代が来て欲しいですね(^-^)


[112]>109 紫外線はまず鳥類が大打撃を受けますね TomCat

動物にも紫外線の影響による皮膚癌って、そう珍しいものじゃないんですよね。森の動物たちはまだ日陰があるからいいようなものの、大空を飛ぶ鳥たちなんかは、大打撃になると思います。

実は私は、鳥インフルエンザなんかも、もしやオゾン層の破壊が関与していないかと疑っているんです。ウイルスというのは感染先の細胞を利用して増殖を図ります。その感染先細胞が紫外線によって壊されたものであったとしたら・・・・。ウイルスは、感染先の不正な遺伝情報を自分のDNAに取り込んでしまう可能性があるわけです。

高緯度地域から飛来してくる鳥は、すでにかなりの紫外線を浴びているはずですから・・・・。人類は、オゾン層を破壊してきたツケを、とんでもない形で払わねばならなくなってくるかもしれません。

コロニー争奪戦は・・・・。有り得ますね。入れる人と入れない人。新しい格差問題になってきそうです。恐ろしいですね。


[113]人はいかだの上で生活する!! miti0920

温暖化の影響で水面が上昇するとおもいます。

そして、オゾン層の破壊により気温が高くなると思います。

そして、酸性雨の影響で森林が少なくなっていくと思います。

││

││ これらより

\/

人はとにかく涼しい家にすむと思います。

水面の上昇により水の上に家を作るかもしれません・・・。

森林がないので涼しい場所が消えると思います。

││

││ これらより

\/

人はいかだの上で生活する!!

結構無理があるかと・・・。

ご了承下さいm(_ _)m


[114]>112 南極のペンギンさんとか toku4sr4agent

特にオゾンの濃度が薄くなっていてオゾンホールの真下にある南極で暮らしているペンギンなどは大丈夫なのか実はとても気になっています。


紫外線の到達量はここ日本の比ではないはず。

正常なかたちで生まれてくるペンギンの数、どうなっているんでしょうか?

心配です。


南極で観測などのために暮らしている人たちは、地上への紫外線の到達量などを計測しているのでしょうか?

ちょっとそのあたりのデータも知りたいですね。


[115]>19 最近、マンションで悲しいことがありました。 ie-ha-te-na

対人的にも対社会的にも対環境的にも、こんなに人間がモラリストになったら素晴らしく和やかな世界になるに違いありませんね。

最近、こんなことがありました。引越しをしてきたので上の階の人(ここは二階に一戸と三階に一戸しかないので)にごあいさつしようと思ってお菓子を持って行きました。外からも玄関ドアのスコープからも中の明かりが見えたので、呼び鈴を押しました。返事がありません。呼び鈴を押してもどうやら鳴っていないようなので、ドアをノックしました。すると、ドアスコープから明かりが消えました。怪しい人だと思われて電気を消されてしまったのです。呼び鈴も鳴らないようにしてあるみたい。とても悲しい気持ちになりました。それだけ、物騒な世の中なんですね…同じマンションの人ともすぐには顔を合わせられないなんて…。結局、大家さんに電話して事情を話し、私があいさつに行ったのだということを伝えてもらうことにしました。すると、私の部屋に以前住んでいた人も呼び鈴を鳴らないように電池を抜いていたのだそうです。人通りも多いところなのに…。悲しくて、ついいっぱい書き込んでしまいました。もっと和やかに交流できるハッピーな世の中になればいいな。

〈ハザマ〉


[116]>21 近未来都市のイメージですね。 ie-ha-te-na

未来都市風の構想だけど、ガチガチの鋼鉄っていうのではなくて風や緑がいっぱいのビルの街だったらいいかな。小型飛行機で移動っていうのはしてみたい!でも高所が苦手な私は地上に近いところでないとやっぱりダメかも(笑)。

〈ハザマ〉


[117]>23 ムーミン谷みたいなのがいいな! ie-ha-te-na

私のイメージは、自然や植物の中に溶け込んで町がつくられている森の国っていう感じです。ムーミン谷に近いイメージだといいな。きのこ型の家やツリーハウスが森に溶け込んで。もしエネルギー源がなくなってしまったら、こんな森の生活も案外いいかも。

〈ハザマ〉


[118]>57 キャー!私もあの天空島に住んでみたいです。 ie-ha-te-na

未来的な想像でも、あんなパラダイスのような天空の島だったら素敵!行ってみたいし、住んでみたいです。島から島へは一人か二人乗りのカプセル飛行機がいいかも!

〈ハザマ〉


[119]>24 人口は減少する方向がよいのかも… ie-ha-te-na

これ以上、世界中で人口が増え続けるというのは、人間にとっても環境にとってもよいことではない気がします…。窮屈、ゴミは増える、環境を汚す、自然にどんどん侵食していく…。何だか鋼鉄の街は人間に相当なストレスを与えそうですよね。それは避けたい気がします…。

〈ハザマ〉


[120]>115 それは寂しい sayonarasankaku

正直、へこみますよね。

自分だったら、今度その方と顔を合わした時になんて言っていいものか…

けれど、この頃の物騒さを考えるとわかるような気もするし…

昔は、鍵なんかかけないで?なんて、よく聞きましたよね。

ハザマさん、気休めになってしまいますが、元気出してくださいね。

その方も悪かったな、と思っていることでしょう。


[121]>114 極地の生き物は今のところ大丈夫そうですが・・・・ TomCat

幸い極地では太陽の高度が低いですから、まだ主立った被害は出ていないらしいですが・・・・。それでも観測隊の人が紫外線やけで唇が腫れたとか、極地周辺の植物の生育に変化が見られているとか、色んな話を聞きますよね。

それよりも、オゾンホールはオーストラリアやニュージーランドの南部にまで広がっていることが観測されていますから、そのへんの地域がかなり深刻らしいです。生物種により多少の差があるものの、10%の紫外線の増大は、15%から20%の皮膚癌の発生の増加につながると言われていますから・・・・。恐いですよね。

南極で観測などのために暮らしている人たちは、地上への紫外線の到達量などを計測しているのでしょうか?

やってるみたいですよ。日射観測として太陽からの日射の総量や紫外線の量など。オゾン層に関しても、地上から上空までのオゾン量や、上空のオゾンの分布などを、かなり詳細に観測しているようです。


[122]>25 海の中に住みたいという人もいるんですよね。 ie-ha-te-na

すすんで海の中に住みたいという人も、宇宙に住みたいという人もいるんですよね、意外と。人間は太陽と水がなければきっと生きていかれないと思うんですけど、海中や宇宙だと太陽がないんですよね…。旅行だったら興味そそりますが、定住は怖いな?。

〈ハザマ〉


[123]>30 あぁ幸せ、パラダイス! ie-ha-te-na

自然に囲まれて、サンルームで動物たちと一緒に過ごす…考えるだけで幸せです。

色々なご投稿を読んでいるうちに、私はやっぱり土と水と風と緑と動物がないと生きていけないって強く思いました。そしてそんな生命を育む自然の力の豊かさ大きさと、大切さに思いをいたしました。300年後も人間がこの豊かな地球の恩恵を受けていますようにと祈る気持ちです。

〈ハザマ〉


[124]>32 うわ、バーチャル世界ですか!? ie-ha-te-na

脳に電極をつないで仮想現実の大草原を体験するとか、大海原の美しさを味わうとかだったら素敵だけど、もし生活すべてがバーチャル世界だったら生きてる心地がしなさそうですー。あぁやっぱり人口は増えない方がいいなぁ。テクノロジーが妙な方向へ向いてしまいそうですー。

〈ハザマ〉


[125]>42 「イエカキ理想の住まい」みたいに! ie-ha-te-na

反重力物質の発見って興味をそそられます。地球全部が無重力になると大変困るけど、家だけ反重力物質で作ればいいわけですね。おぉ、災害に強いのもいいな。国境がなくなるのもいいな。まさに夢ですね。そうすると、「イエカキ理想の住まい」のような天空の島や家が実現するわけだ。早くそんな反重力物質と、新しいクリーンエネルギーが発見されないかなぁ!

〈ハザマ〉


[126]>41 一部の人は行ってるかも? ie-ha-te-na

宇宙や地下に人間の生活環境が整ったら、一部の人は行ってるかもですが、食物を作ったり畜産をしたりする人も沢山必要なわけですから、地球は残っていなければあり得ない話ですよね。宇宙食だって原材料が必要ですから、やはり太陽と水と土は必要ですね。つまり、地球に人が住めなくなったら人類は滅亡しかないと…悲しい話です(泣)。

〈ハザマ〉


[127]>120 存在を隠して暮らさないと不安な世の中・・・・ TomCat

じーつーはーーーー。うちの近所にも貸家が何軒か並んでいるのですが、一戸建てでも誰が住んでいるか分かんないんですよ。表札出さないし、自治会にも入らないし、生活の時間帯が違うと顔を合わせる機会もありませんし・・・・。

なんか、すごい世の中になってしまいましたよね。まあ、最近は単身者が多いですから、こんな物騒な世の中では、それが身を守るための非常手段ということなんでしょう。

昔の大家族に戻れば、もうそんな防御は不要になりますよね。以前、防犯がテーマだった時に、おばあちゃんが守ってくれるから安心の家、っていう話がありましたが、ああいうのがイエの理想なんだろうと思います。

でも・・・・。単身者も一刻館みたいに、そこに住んでいる人同士で家族みたいに暮らせたら楽しいのに・・・・。話は大幅にずれますが、私は未来の農園計画の中に、仲良くなったら誰でもいつでもぶらりと来て、勝手に何日でも泊まっていいゲストハウス群、っていうスペースを考えているんです。そのうち勝手に居座って住み着いてしまうような人達でコミューンが出来て、それがいつか新しい村になる・・・・みたいな。

そうなったら楽しいですよ。個性の強い人ばかりが集まりそうですから、

「おーい、茶碗焼きたいからお前の窯貸してくれー」

「いい所に来た。ピザ焼きたいから君のパン焼き窯貸してくれよ」

「それならいい酵母が育ってるから一緒に使えよ」

「じゃ、お礼に最高の土を分けてやる」

なーんてね。もー、味噌醤油の貸し借りを超えて、生活からアートまで何でもオープンに共有し合っちゃうコミューン。

そんなのが夢なんですよねー。作れないかな、そういう村。田んぼの真ん中で前衛舞踏家が案山子やってくれてますよ。おにぎり持っていってあげましょう(笑)


[128]>120 ありがとう!もう一度トライしてみます。 ie-ha-te-na

ホントに、引っ越したところで早々にこんなことが起こるなんて、正直ペコンペコンです。でも、いつか顔をあわせる時がくると思うから、その時にはもう一度元気を出して「下に越してきたハザマでーす!」って言ってみよ。だって、私も何か不安なことが起こった時にたった一人の同じ屋根の下の人を頼れないのは淋しいし、私も何か出来ることがあった時は力になりたいし。あまり気にせずに再度トライ!してみます。ありがとう!

〈ハザマ〉


[129]>127 農園コミューン計画、素敵ステキ!! ie-ha-te-na

そうそう、単身向けマンションなんてポストに名前を出してる人の方が少ないし、一軒家でも表札出さず交流もせずっていう家ありますよね。逆に不安じゃないのかな?って思いますけど、このご時世では自然な防御策なのでしょうかね?

ところで!農園のコミューン計画、素晴らしいです!ぜひゲストハウス群を作って欲しいです。そういうオープンな場があれば、おのずと人の心もひらかれていくのではないでしょうか。単身者でも、生活からアートまで何でも共有なんて憧れます。

ちょっと違うけど、映画「バグダッドカフェ」みたいに、カフェに集う人や部屋を借りる旅人やキャンピングカーで暮らしてる人やで、さまざまなドラマと交流が生まれて、やがて一緒に暮らしていく、という感じは大好き。

農園計画はどんどん進みますね!出来たら飛んで行きます。しつこいですけど、最初に、栽培した野菜でスープふるまって下さいね!

〈ハザマ〉


[130]>108 ダイヤモンドハウス、高くはないのでしょうか? ie-ha-te-na

人造ダイヤモンドでも高くはないのでしょうか。綺麗だから入ってみたいけど、外から丸見え!?ブリリアントカットにしてモザイクかけたみたいになるのかな?

〈ハザマ〉


[131]>102 多様な暮らし方で人生観が表現出来るイエ TomCat

300年経てば、働き方も変わるし、暮らし方も変わる。みんながそれぞれの人生観をイエで表現するようになる。住む場所も含めて・・・・。

なーんていうあり方、ほんとは今すぐにでも実現したいですよねー。もちろん都市生活も否定はしませんが、それ以外の選択肢がもっと豊富に選べる暮らし方も、最近だんだん注目されてきていると思うんです。

気になったので今調べてみたのですが、今でも日本の国土の住居に適する平地面積は、控えめに計算しても、総人口一人あたり約270坪ありました。

へーーー。日本は平地面積が少ない少ないと言われていますが、今現在でも地方も含めれば、けっこう土地には余裕があるわけですね。がら空きの過疎地があるのに、過密な都会にしがみつく。考えてみると、もったいないことしてるなーと思いますね(^-^;


[132]>106 人間と環境のための社会制度はこの先あるかも! ie-ha-te-na

すごい、具体策が出ましたね!もしこんな社会制度があったらぜひ利用させて頂きたいです。もしくは、政府がそんな森林住宅地をどんどん作って制度制で提供してくれたらうれしいかな。大掛かりな環境対策は個人では難しいですから、国をあげて取り組んでもらえると有難い!

〈ハザマ〉


[133]>71 メルモちゃんみたいにちっちゃく? ie-ha-te-na

メルモちゃんみたいにキャンディを食べて小さくなれたら、地上が何十倍にも大きくなるわけですね。こういう漫画的発想だとあまり抵抗がないのに、バーチャルリアリティみたいな妙に現実的テクノロジーだと拒絶感があるのはナゼだろう?(笑)

〈ハザマ〉


[134]>70 旅行くらいにしておきたいなぁ(笑) ie-ha-te-na

だって月には水も太陽もないんですもん。スペースシャトルの中から月世界遊覧したり、月に何泊かする旅行だったらしてみたいけど、住むのはやっぱり地球上がいいな!

〈ハザマ〉


[135]>113 船で生活する人も多いかも? ie-ha-te-na

オゾン層が破壊されるということは紫外線の脅威が待っていますから、紫外線カットのテクノロジーが必要ですね。この場合、船の上で生活する人も出てくるかもだけど、紫外線防御服を着ないと外に出られない生活はいやだなぁ。。

〈ハザマ〉


[136]>54 ボートハウスはちょっとそそられます。 ie-ha-te-na

陸地が少なくなる現象は悲しいけど、ボートハウスっていうのはそそられるかも。以前にTVで素敵にゴージャスな船の家(フランスだったっけ?)が紹介されてて、魅力的だったのです。そのまま移動できて旅行にもスイスイっていうのもいいな。トレーラーハウスなどの移動式住居は一度でいいから経験してみたいな。

〈ハザマ〉


[137]>88 エネルギーも自家で! ie-ha-te-na

これから自給自足生活を志す人はもっと増えるのではないでしょうか。その関係の本など沢山出てますもんね。食物を自給自足し、エネルギーも自家でまかなう、そんな家が今から増えたら300年後の未来が変わる気がしませんか?都市のストレスからも開放され、自然とともに生きるのが人間の本来的な姿かもしれないですね。

〈ハザマ〉


[138]>79 人間寿命120歳時代の到来!? ie-ha-te-na

それ面白いですねー。人間寿命が平均120歳くらいになって、また日本的大家族生活が主流に、さらに大きな世帯になって、一族が豊かに暮らしていく。安心して暮らせる大家族の復活は興味深いです。経済的にも豊かに、心はおおらかに、人とのつながりの中で生きて、犯罪も減る。これも理想といえるかも知れません。

〈ハザマ〉


[139]>86 新クリーンエネルギーの発見! ie-ha-te-na

これは今誰もが夢みていることかもですね。エネルギー問題、環境問題がわかっていても、快適な生活はやめられない。新たなクリーンエネルギーが発見されたら地球規模で環境が変わるでしょう。300年後の未来も変わるでしょう!

〈ハザマ〉


[140]>87 生体感知冷暖房はいいですねー。 ie-ha-te-na

エネルギー消費を出来る限り抑える家の構造と仕組みがもっと開発されるといいんですよね。熱効率が抜群にいい家とか。そういえば日本の家はそのあたりが中途半端な気がします。構造より機器に頼ろうとするからエネルギー消費が上がるわけで。機器も、生体感知冷暖房なんて実現したら効率的ですよね。近い将来、出来るかも知れないですね。

〈ハザマ〉


[141]>73 熱効率がよくて発電もできる屋根。 ie-ha-te-na

わらぶき屋根は冬あたたかくて夏は涼しいんですよね。つまり熱効率がよい。その上、ソーラー発電もできる屋根だともっといい。他のツリーにも書いたのですが、家そのものが熱効率が抜群によい構造・建材だと少エネ効果が格段に上がってもっといいですよね。

〈ハザマ〉


[142]>124 マトリックスのような世界 mekishiko

このテーマをアンケートで見たとき、やっぱりマトリックスの世界を

考えてしまいました。

でも、人口が増えてという観点ではなくて移動コストの問題からです。

人や物を移動させるコストってすごく高いし、環境への影響も大きいです。

そうなると、極力移動させなければという考えに至り、バーチャル世界で

移動しようということになっていき、自分自身は1畳どころか、カプセルの

ようなものに入っていて食べ物等(触感、匂い等の感覚も含む)必要なものを

自動的に与えられれば、物も人も全く移動の必要なしっていう方向へ

テクノロジーが進んでいきそうな気がします。

うーん、でも、夢のない話だ・・・。


[143]4次元空間の家 tibitora

未来には、ドラえもんの「壁紙ハウス」のような、違う次元を利用した家も出来るのかなと思います。


[144]>129 いいですねー!! sayonarasankaku

自分たちで作るなら、野菜も安全なものが食べられますね。

一刻館、気の合った人たちで暮らせたら、それは楽しいでしょうね。

あっ、私にもスープご馳走してくださいね。


[145]>133 コロボックル sayonarasankaku

佐藤さとるさんのコロボックルを思い出します。


[146]超高層マンション hiikunn

1000階くらいある高層マンション街ができているかもしれませんね。


[147]>115 めぞん一刻 haru-taka

漫画の『めぞん一刻』を思い出してしまいました。

ああいうのが現実にあればいいのにな。

いえいえ、音無響子さんが可愛いからって理由だけではありません。

個性の強烈な人達でも、居心地よく過ごせるアパートが羨ましいと思うんです。

ハザマさん、ハッピーな世の中になる事を信じて、能天気に生きていきましょう!!


[148]>141 実家は未だに萱葺きの家なんです haru-taka

ものすごい田舎に実家があるんですが、さすがに萱葺きの実家は目立ちます。周りを見渡してもうちの実家くらいしかないんですよ。

3年位前に実家に帰ってみたら、

「俺が子供の頃から、築100年建ってる、ってこの家は言われ続けてた。いつまでも築100年はおかしい。今日から築200年という事にする。みんなもそのつもりで!」

と、家族や親戚一同の前で、父親が築200年宣言をしました。

夏は確かに涼しいです。これは自慢できます。

しかし冬も涼しいんです(寒い、というべきか)。

子供のときはいつも大きな堀コタツの中にもぐりこんでいました。(座るタイプではなく、床と同じ高さに網網の鉄板を敷いた、改造型堀コタツ。鉄板を外せば、囲炉裏に変身!魚や田楽豆腐を焼いて楽しめます。あくの中にアルミホイルで巻いたサツマイモを入れておけば焼き芋も完成します。焼きジャガイモも出来ます)。

実家が懐かしいな。


[149]>118 天空の城ラピュタ? haru-taka

いい!

子供の頃から憧れてました。

童話のガリバー旅行記に出てた気がします。

その後宮崎監督の『天空の城ラピュタ』が出来たんですもんね。

調子にのって走り回ったりしたら、下に落っこちるんじゃないかと多少心配ですが。

でもラピュタにセブンイレブンって似合いませんよね?

コンビニないと不便だなって思ってしまいます。


[150]>148 貴重です! sayonarasankaku

手入れとか、とても大変なのではないでしょうか。

でも、できれば今のままでいて欲しいです。


[151]>144 私も参加希望! Oregano

本当に大自然の中の一刻館のような計画ですね。楽しそう。夢が広がります!私も仲間に入れてください。


[152]>150 茅葺きに掘り炬燵ですか Oregano

素晴らしいですね。今は屋根を葺く茅も少なく職人さんもいなくて維持が大変だと聞きましたが、私もできればいつまでも残してほしいと思います。築200年と誇れる家とは、宝物ですね!


[153]>132 これは未来の不動産広告 Oregano

日翳り良好に笑ってしまいました。でも300年たつとそういうふうに変わることもあるのかと感心してしまいました。

価格が年収を基準に決まるというのは理想ですね。これなら格差社会も解消です。


[154]>121 そのうち北半球も Oregano

北極は気流が違うのであまり大きなオゾンホールはできないと聞きましたが、温暖化の影響などで気象はどんどん変わっていますから、未来は北半球もどうなっているかわからないですね。

人間だけでなく地球のあらゆる生物が健康に暮らせる地球を子孫に残す責任を痛感します。


[155]>138 昔は人生わずか50年といわれていましたから Oregano

今50歳といったら働き盛りですから、300年後には120歳なんて普通になっていそうですね。寿命が延びて大家族復活というのはすごく明るい未来で素晴らしいです。幅広い世代の交流は、きっと子供に対してもいい影響を与えて、いじめ問題なども解消していそうですね。


[156]>126 遠い未来!? eiyan

たった300年後の話しですから人類が核使用の様な馬鹿な事をしない限りは地球は残っています!

地球の寿命は億年といわれますので、300年後の人類は地球外に移住を始めています!

月や火星は勿論、木星や土星にも人類を送っているかも知れません。

他星や宇宙から見る地球は綺麗でしょうね!

そうそう!

300年後の家の事ですが、宇宙に移住する為、人類は定住家を持たず、みのむしの様な寝袋を沢山用意するでしょうね!

何処でも寝られる就寝袋が家化するでしょう!

信じられないですが、宇宙に移住するには、これが最善ですから・・・!?


[157]>156 食事! eiyan

300年後の食事は宇宙食。

土や太陽の光、栄養等は必要とせずに、人工的な食料開発がされ、植物等の栽培は必要ありません。

即ち、科学的食料。

宇宙では人工光、人工水、人工肥料、そして土を使わない水耕栽培の様な人工畑。

もう水も必要としない水空気。

水蒸気を利用した水気栽培。

緑要素を利用した栽培でなく、化学反応栽培。

栽培期間も驚異的に短縮化。

たった3日で宇宙食が作れるサイクル型。

今からは想像も追いつかない世界が進行するでしょうね!

1000年後、つまり3000年では人類は食料を必要としない。

消化器官も必要としない。

1日たった1カプセルで済んでしまう。

現在のカンフル剤の様なもの。

だから、遠い将来は食料の心配は不要。

一番の心配はやはり、人類の横暴でこの自然宇宙のしくみを破壊してしまう事。

この時が人類の絶滅時。

こんな事にならない様に!?


[158]>154 ちょっと暗い未来予測をしてしまいましたが Fuel

そういう未来にしないための書き込みがたくさんいただけてうれしいです。太陽を怒らせない地球を子孫に残す。そのために何ができるのか。真剣に考えてみたいですね。暮らしを科学する心で見つめれば、きっと可能だと思います。


[159]>155 今年60のおじいさんというのもありました Fuel

今は60歳なら退職してフリーになって二度目の青春を楽しむという年代ですから、300年後なら120歳よりもっと延びているかもしれないと思います。大家族が復活すれば女性も働きやすくなりますし、仮に人口減少社会を迎えていたとしても労働人口は減りませんね。

でも今の政治は、人口が減って税収が減るからと、高齢者福祉を削減して長寿化に逆行するような方向に走っていると思います。どこで政治を変えられるかで未来の明暗が変わってきそうです。


[160]>151 リアルイエはてな Fuel

自然の中で新しい暮らしを作る「リアルイエはてな計画」ですね。実現したらどんなに遠くでも駆け付けます。私にも自然な野菜のスープをください!


[161]>153 未来の政府は信頼できるのですね Fuel

「100年間政府保証の森林保全作業実費相当額全額減税制度適用認定済。」というのが目を引きました。ご都合主義でどんどん税制を変えていく現代への痛烈なアッパーですね。未来の家は信頼出来る政府に守られるという素晴らしいビジョンが見えてきました。いい国作りましょう。鎌倉幕府ではないですが(笑)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ