人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生物系の学部の大学一年生です。

生物系の学部に入ったのはいいんですが、具体的にどんな分野に関われたらいいなあというビジョンがいまいち湧きません。

進化や遺伝、生態学、脳科学など興味のある分野はあります。ただ、それらの分野で現在どのような研究がなされているのかがイマイチ分かりません。

生物系ならどんな分野でもいいので、こんな分野があってこんな研究をしてるよ、というのを(できれば難しい用語は避けて(笑))紹介してください。できればURLのみでなくあなたの言葉で紹介してもらえると嬉しいです。

●質問者: doraemoon
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:URL あなた いまいち イマイチ ビジョン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● came8244
●19ポイント

http://www.biol.tsukuba.ac.jp/cbs/

http://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/

上記学部、卒業生です。

ジャーナルの中に卒業発表タイトル・要旨があるので、興味がある分野のものに目を通してみてはいかがでしょうか。教員によるコラムもたくさんあります。

遺伝生化学、分類学、海洋生態学(下田)、森林生態学(菅平)は盛んなイメージがありました。

私個人は深海微生物(嫌気性)を培養して至適生存環境を調べたり、電子顕微鏡で観察したりという内容でした。ダメ学生だったので9割が修士進学する中、就職を選びました(ITサービス)。

大学の研究室は固定メンバーでマンネリ化しているので、1年生が研究室訪問とかしてくれると諸手を挙げて歓迎してくれるでしょう。理解の難しい内容も分かりやすく教えてくれるはずです。(ただし12月?3月は忙しいので注意)

優秀な同期は2年のころから研究室に行って実験・勉強していたようです。


2 ● sadajo
●19ポイント

http://home.hiroshima-u.ac.jp/seisei/

参考までに


3 ● hamster008
●18ポイント

無理しなさんな。http://end


4 ● castiron
●18ポイント

質問者さんせっかく大学いっているんですから研究室に行ってください。1年生の時からいろんな研究室に行くことは非常によい経験になります。授業で分からないところがあるというので質問にいくのも大変良いことだと思います。(必ずTAの方はいるだろうし)

研究室に行くことは実際にどういう研究があるのかを知ることができるという事とは別に研究室の雰囲気も知ることができます。(これって結構重要だと思う)私は情報系の大学ですが遊びみたいなプログラムを作って卒業を認めてしまうような研究室もあれば適当な卒業研究なら落とす研究室もあります。(もちろん後者の方がちゃんとしたことをやっている)

ですから私は生物系ではないですがいろいろな研究室に実際に行ってみるというのが良いと思います。

もう一つアドバイスとして大学の図書館の本を乱読してください。本というのは大変優れた媒体です。何せ一つの分野について体系的に著者が書いてくれているからです。何かを学ぶには一番です。別に趣味で読むわけだからつまらなそうな本はどんどんとばせばよい。


5 ● sabatoika
●18ポイント

>進化や遺伝、生態学、脳科学など興味のある分野はあります。

興味の幅が広くて良いことだと思います。


幅広い分野に関わりのある研究を一つ挙げます。

現在の生物学において避けて通れない分野がバイオインフォマティクス(生物情報学)です。

多くの生物から得られた遺伝情報などをコンピューターを使って網羅的に解析するものです。

バイオインフォマティクス - Wikipedia

http://premium.nikkeibp.co.jp/bio/index2.shtml

例えば、この分野の発展は生物の分類を大きく変えています。

中学校で、「種子植物は双子葉類と単子葉類の大きく分けられる」と習いますが、

DNAの塩基配列を多くの生物種について集めて比較した結果、

誤りであることが判っています。

このように古い教科書を書き換えるような発見がたくさんされています。

生物系の人は他の理系に比べて情報系を避けたがる傾向がありますが、

バイオインフォマティクスを専門にしない人、

進化や遺伝、生態学、脳科学どの分野を研究する人にもある程度の理解が必要です。

科学である以上、最終的に数学で記述することが1つのゴールです。

バイオインフォマティクスは生物を数学で記述するための有力な手段だと思います。


他にも面白い分野はたくさんあります。

ネイチャーかサイエンスを読むと手っ取り早く流行を見られるけど

日本語で総ざらいするのにこんな本もありますよ。参考まで。

Amazon.co.jp: 知の創造―ネイチャーで見る科学の世界〈3〉: 本: ネイチャー,竹内 薫


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ