人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大至急!!
アメリカ、イギリス、中国などの他国におけるインサイダー取引への刑罰を調べています。

それについてのホームページを検索してください。一番良かったものに一番多く、他のみなさんにもそれ相応のポイントを差し上げますので、お願いします。

●質問者: Nova
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:アメリカ イギリス インサイダー取引 ホームページ ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● arhbwastrh
●20ポイント

どうぞ

日 本

3年以下の懲役もしくは300万円(法人は3億円)以下の罰金またはその併科

アメリカ

20年以下の懲役もしくは5億3250万円(法人は26億6250万円)以下の罰金または併科

イギリス

7年以下の禁固もしくは罰金、またはその併科。ただし罰金額は上限なし

ドイツ

5年以下の禁固または2億4390万円以下の罰金

フランス

2年以下の禁固もしくは2億円(法人は自然人の5倍)以下の罰金。不正取引で実現された取得益の10倍まで科料拡大が可能

http://www.tokyo-outlaws.org/takarada/ihan.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

この法律は、最新のものでしょうか?

日本では、改正がなされて少し罰則が厳しくなりましたよね?

他国での最新の刑罰を知りたいので、

その後の回答してくれる方は、何年のものか明記してくれるとありがたいです。


2 ● kumankuman
●0ポイント

http://www.tokyo-outlaws.org/takarada/ihan.html

(3)罰刑の厳しさ

インサイダー取引に関する各国の処罰規定


3 ● orya
●80ポイント ベストアンサー

インサイダー取引規制の各国比較 (PDF)

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/siryou/kinyu/dai1/f-20031...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ