人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Illustrator CSで作成した画像をいったん保存して、InDesign CSに「配置」すると、変色してしまいます。aiでもepsでも同じ。書類設定がCMYKでもRGBでも結果は同じです。しかし、Illustrator上でコピーしてからInDesignにペーストすると、元の色がきちんと再現されます。どうしてこういうことになるのでしょうか。また、「配置」で変色させない方法はありますか? ちなみにWindows XPです。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:AI CMYK CS eps Illustrator
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Yuny
●60ポイント

Adobe CS2(Windows XP)の環境で実験してみましたが、AI,コピーペーストでは色の差違はあまり見受けられませんでした。EPSではどうしても色が変化しますがコレは仕様ですし(後述)。

また、同様の事例も検索してみましたが見つけられませんでした。

ヒント程度の情報提供ですが、一つ前のCSバージョンでの幾つかの可能性を想定してお答え致します。



解決策として、これはかなり思いつきに近いのですが、IllustratorでPDF形式で別名で保存してInDesignにて配置した場合に、色の変化はありますでしょうか?

っていうのは、InDesign CS2でAIデータを配置したときに、マウスポインタがPDFのマークになって色の変化も無かったので、恐らくInDesignの画像処理エンジンはPDFで行っている可能性があると思ったからなんですが。どうでしょう?

◎質問者からの返答

PostScriptプリンタではなく、単なるインクジェットプリンタですが、張り込みの場合、画面・印刷ともに色あせしていました。

ともあれ、ai/eps/pdfで改めて試してみました。

保存前に三形式の画像を見比べると、当然ながら同じ色です。

コピペでInDesignに貼ると、三形式とも同じ色です。そして、コピペの方が配置三パターンのどれよりも明度が低く見えます。おそらく、コピー時のデータ形式が同じなんでしょうね。

ai形式とpdf形式の配置画像は同じ色のようです。そして、eps形式が最も明度が高く(つまり薄く)なっています。

試しに、コピペを下に、配置をその上に重ねて少し左上に置いてみました。epsの場合はドロップシャドー効果のようになりました(笑)。他の二パターンではそれほどの違いはありませんが、やはり弱いドロップシャドー状態。

>配置とコピー&ペーストでは、どうもデータの取り扱いが異なっているようです。

というのが結論のようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ