人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【法務】下記のそれぞれについて、インターネット経由での契約締結は可能でしょうか?(対面での書類上の契約ではなく、という意味です)

1)法人が、個人のピアノ先生と業務委託契約を結ぶ場合(委託元:法人)

2)法人が、学習の家庭教師やピアノ教室と、サービス提供の契約を結ぶ場合
(例:英会話教室へ入会など)

もし、ネット上での契約が法的に無効であるとすれば、どのような方法であれば、遠隔地同士での契約締結は可能でしょうか?(郵送、FAX等々)

よろしくお願いいたします!

●質問者: distant
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:FAX インターネット サービス ネット ピアノ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kanopi
●27ポイント

可能です。

両当事者の意思の合致さえあれば、それが電話だろうとメールだろうとかまいません。

契約した、しない、という水掛け論になったときに、契約が成立した証拠として意味があるか、は別ですが。

◎質問者からの返答

なるほど、媒体は関係ないのですね!


2 ● a0003119
●27ポイント

契約は「申込み」と申込みに対する「承諾」が合致すれば、原則として書面の有無に関係なく(口頭でも電話でも)成立します。

また、本件で出てくる契約の当事者はいずれも「消費者」ではないので、消費者契約法等の特別法の適用もないでしょう。

したがって、「申込み」と「承諾」がメールで行われても、質問に挙げられている契約は成立します。(ちなみに、イギリスの判例にはメールでの契約が認められることを前提としたものもあります)

ただ、契約の当事者間でトラブルになったときのために、メールはきちんと保存し、かつプリントアウトしておくことをお勧めします。(後でそれらが証拠になりうるので)

◎質問者からの返答

口頭でも電話でも成立するのですね!

ありがとうございます。


3 ● bluepanda
●26ポイント

契約について成立するか否かについてはもう出ているので。

きちんとした契約の証拠を残したいなら、1000円以上しますが配達証明を付けて内容証明郵便という手があります。

しかし、便利な時代になったもので、なんと内容証明郵便は今やネットで出せる時代でして、e内容証明というサービスがあります。こちらのほうが便利でちょっと安いかな(まだ実際に出したことないんですが、料金体系も書いてありますのでご参考にどうぞ)。

電話やメール等で連絡をとった後、高額等の理由でどうしても心配な契約でしたら、契約はこのようなもので書面として交わしておくことをおすすめします(配達証明は必ずつけてください。「もらっていない」と相手に言われるケースもありますから)。書いた内容が郵便局に残りますので証拠としては絶対です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ