人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカには
「ティーンズコート」という制度があります。
これは少年が少年を裁く・・・つまり
検察官、弁護人、陪審員、廷吏、書記官など、裁判官以外の法廷におけるすべての役目を10代の少年たちが担う裁判。
裁判官のみは現職の裁判官や、
弁護士による臨時公務員が務める。
遊びや模擬裁判ではなく、
下された決定は法的拘束力を持つ正式の法廷だそうです。

この制度はアメリカの20州の地域で
実施されており、再犯罪率の低下および犯罪増加率の半減と
目覚しい成果を挙げている。

そんなティーンズコート制度ですが、
もし、問題点を挙げるとするならばどんなことでしょう?
それを巡る事件など起こっていないのでしょうか?




●質問者: okuy8121
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:アメリカ コート ティーンズ 公務員 再犯
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● lovelydustcart
●60ポイント

法廷で役割をになう子供達の教育がとても重要だと思われます。

また、一部の興味ある子供たちが参加するような制度ではなく、

通常の教育の中に意識付け・動機付けを盛り込むことで

子供たちの犯罪への意識改革に繋がりそうですね。

問題点があるとするならば、子供たちの集中力が心配です。

http://news.kyodo.co.jp/kikaku/kazoku/kazoku-10.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ