人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#008
街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見た家、聞いた話、または自分の家の、ユニークな住まいの工夫やアイデア、習慣や出来事などのエピソードをミニルポ感覚で書き込んでもらう家ルポタージュ・コーナーです。
〈今週のお題〉を見て、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
※〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!
※ルポのタイトルをタイトル欄に、ルポ文をコメント本文欄に書いて投稿して下さいね!

イエ・ルポ #008 THEME「語り継ぎたい家族&ペットの珍事件」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070119

※今回の「いわし」ご投稿は1月24日(水)正午で終了とさせて頂きます。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:1月24日 theme いね いわし アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 184/184件

▽最新の回答へ

[1]スズメが家の中で大暴れ toku4sr4agent

ペットの話じゃなくて恐縮です。

(少し例に出ていたお話と似ています)

現在は配偶者と自分の両親と同居しておりますが、結婚当初は夫婦二人でアパートに住んでいました。

その頃のお話です。


実は夏の暑い頃、窓を半分ほど開けて、あとは虫が入ってこないように網戸にしていたことがあります。

(備え付けのエアコン・・・最初から壊れてたので)


で、なんと、どこからかやってきたスズメが、・・・・



窓と網戸のすきまに入り込んでしまったのです!!!


で、外に出られるようにと、そおっと窓を少しずつ全開に近い格好にしたのですが・・・。




が。





家の中にスズメが入ってきて、北側の部屋から南側の部屋まで飛び回ってしまいました!!



最後は開けておいた別の窓からちゃんと飛んでいきましたが、

タンスの上にのっかったり、電球の上にのっかったり、それは大変な騒ぎでした。


[2]兄がテレビに出た hanatomi

昔ですが、友人達と某バラエティ番組に応募していて驚きました。(^_^;)

司会者には変なあだなで呼ばれてました(爆!)

お土産でシャンプーやらリンスやら食べ物やらを沢山貰ってきていました。


[3]>2 弟妹とラーメン食べていたら… rikuzai

かなり前の話ですが、

当時行きつけのラーメン屋に行って弟妹と三人で食べていると、

いきなり某ローカル番組のスタッフがやってきて、番組収録を始めました。

(恐ろしいことにアポナシだったらしい)

よくある地元の口コミ店の紹介番組だったんですが、

まだ食べ初めて間もなかったこともあって出るにも出られず、

結局三人揃ってインタビューを受けました。

…その時何をしゃべったか全然覚えてませんが、

相当その時焦ったので、以来街角でインタビュアーらしきものを見かけると逃げる習性が…。


[4]壁を彫りぬいた実家の犬 tibitora

実家にいる犬は何を思ったか土壁を彫りぬきました;;(前足でがしがしほりほりと)板で補強していますが、隙間風どころでなく寒いです。もしかして脱走計画?


[5]小鳥を狙って玄関にヘビが! tibitora

子供の頃、夏に玄関をあけていたら、インコと十姉妹が凄く騒いでいるのです。どうしたのかと見てみると大きなアオダイショウが;;こっちもびっくりしましたがヘビもびっくりしたらしく逃げていってくれました。それ以来熱くても玄関は閉めています。


[6]>3 ひゃーーすっごい確率ですよね。 hanatomi

芸能人を街角で見かけたことはありますが、(いまちゃん=今田耕司に道端で会いました)インタビューをうけるなんてその何十分のいちかの確率ですよね。自分で応募したんじゃないからよけいすごーい!すごーい!ちなみに今ちゃんは、とっても背が高くて、ブンブン早い勢いでなんばの商店街を歩いていってました。


[7]逃げ出してしまったうさぎ(社宅アパート編) toku4sr4agent

小さい頃は社宅のアパートに住んでいました。

ただし、インコは飼ってもよいですが、

「犬、ネコはダメ」ということになっていました。


「犬、ネコがダメ」というのは一般的には「四足の動物(哺乳類など)を飼ってはダメ」という意味だと思うのですが、

露天でうさぎをみつけ

「犬、ネコはダメだけどうさぎはダメって言われてないよね?」と勝手に解釈してこっそり飼いはじめたのです。


最初は小さかったので家の中で飼育していたのですが

大きくなるにつれて、家の中では無理になり、

ベランダに小屋を作ってそこで飼育しておりました。



が。




小屋を掃除している拍子に・・・




ウサギが逃げ出してしまったのです!!!


しかも同じ階に住んでいる家のベランダは全てつながっていました。

そう、ウサギは、


あろうことにベランダの端から端まで走り回ってしまったのでした。

(アパートは5階建てで、横は6軒の作りでした)


いっぺんにウサギを飼っていることがばれてしまいました・・・。

でも、

「ウサギは鳴かないからうるさくないし、そんなににおいもしないから構わないよ」

ということになりました。


[8]床下からいたちの死体が・・・ taknt

小学三年生のときに、家を建て替えるために、家を解体しました。

そのとき、床下から いたちの死体が 出てきたのには びっくりしました。

あと、家の中に入ってきた出来事があります。

夏の夜、窓から かぶとむしのメスが 入ってきたのには びっくりしましたねぇ。

すぐ 捕まえましたけど。

うちの田舎の近くは 山なので たまに 動物とかも みかける環境でした。


[9]チャボが大暴れ booboo_002

自宅の話しではなくて恐縮です。私が仕切るプレハブ(15坪くらいい)があり、そこでみんなで晩ご飯を食べたり、私自身は寝泊りしちゃうような仕事場に通っていた時期がありました。

事務の女の子が、ここは広くてこいつにも居心地がよさそうだからと言って、その仕事場にチャボを放り込んでいったのでした。(それを容認する私も私ですが)

そこでは、習い事を教えていたので、その空間に生徒さんがやってきます。生徒さんの間をチャボがうろうろし、時々私の肩に乗って居眠りし、ってな具合にペット状態、チャボにとっての私は、お仲間。前代未聞の特異な場でした。

ところが、チャボは闘争心が強いため、生徒さんが教室を訪れて来ると、ワーッとダッシュして行き、足を突っつくんですね。

そんな教室に、皆さんよく通って来てくれました。これもまたすごいことでした。

2年近くそこで過ごし、その後に心機一転を目指して辞めたため、チャボのコッコとは生き別れになってしまいました。

コッコはやがて死んで、件の事務の女の子が敷地に埋葬してくれたと、風のうわさに聞いております。


[10]カニおそるべし hanatomi

海の近くの丘の社宅に泊まった時、やっとの事でカニを捕まえたんです。めずらしくて、飼おうと思って水と一緒に四角い透明プラスティック虫かごケースに入れておいたんです。外にそっと出しておいたのですが夜にたまたまそれを見に行ったら、周りにカニがびっしり!!昼間はカニたまにしかみつから無いのに!

取り囲んだ周りのカニはぶくぶく泡をだしてたりして。

なんだか恐れ多くなってカニは逃がしました。

あれは一体なんだったのかわかりません。


[11]>1 想像できます!! hanatomi

すずめは暴れるんですよね。出して欲しくて。以前倉庫で出られなくなったすずめを出したことがあります。それが家だなんて(^_^;)

もう、すずめがガンガンあちらこちらにぶつかって、とびたって、ものすごい騒ぎになったんだろうなとおもいます。

しかし、窓と網戸の隙間に挟まるなんて・・・(^_^;)


[12]巨大ミドリガメを抱きしめながら… tsurumi230

人の顔ほどある巨大なミドリガメを溺愛している父親は、お腹の上に乗せて昼寝をしてました。


[13]>9 猫が大暴れ booboo_002

前のスレは「すずめが大暴れ」の下につけたかったのに、間違ってしまいました。

これだけ書くのもなんだから

ついでに、猫が大暴れ!

今も健在の猫、boobooと空也は兄弟猫でした。オス同士で当時は室内飼いにしていたせいか、激しくテリトリー争いをするようになりました。目を放した隙にけんかをし、挙句の果てに寝ている私の頭にマーキング。2匹が交互に…

たまりかねて去勢のために獣医さんに連れて行ったところ、boobooには7針も縫う怪我があったのです。毛が長いので気がつきませんでしたが、あのときに獣医さんに連れて行かなかったら、今は亡き猫でした。空也は2年前の冬に癌で死んでしまいました…

boobooは今もブイブイいわせています(^-^)V


[14]>2 親父がニュースに出た t-saitou

組事務所の一斉ガサをニュースでやってたら親父がパジャマ姿で映ってた。w


[15]>8 都会でも booboo_002

上野公園のそばでうさぎを飼っていましたが(私個人がではないのですが、わたしもうさぎ当番をしていました)ウサギ小屋のうさぎが夜な夜なイタチに誘拐されました。一時は20匹もいて、どんどん増えるのに手を焼いたりした時期もあったのに、イタチ対策に床の補強などをしていろいろと手を尽くしたのですが、最後はいなくなってしまいました。恐るべし!イタチ!


[16]文鳥がうどんの入っていたお椀の中に入ってしまった toku4sr4agent

風邪気味の文鳥の世話をしているときのことだったのですが、

(籠の外に出していたため)


なんとあろうことか、

妹の、うどんの入っていたお椀の中に、文鳥が入ってしまったのです。

(但し、うどんが熱くて取り分けるためにお椀を使っていたので、つゆは入っていませんでした。なので火傷の心配はなかったです)


妹が「もう食べられなーい」と嘆いていました。


[17]家の中でアオヘビが行方不明になる haru-taka

僕の実家に、僕が小学校4年生の時に猫がやってきました。親戚の家に遊びに行った時に猫が沢山いたので「可愛いね」と言ったところ、そこのおばさんが真っ白い子猫を一匹を譲ってくれました。

僕の実家は築200年の萱葺き屋根の家です。

家は隙間だらけでネズミが沢山いました。

ある日の事です。成長したその猫がネズミを捕まえたのを発見!すぐさま母親に報告すると「猫を、可愛い可愛い、よくやった、ってほめなさい。そうすればまたネズミを捕ってくるようになるから」と言われました。素直だった僕は、猫を思いっきり可愛がってあげました。

またある日の事。今度は雀を捕まえて得意気に僕の目の前に置きました。雀はどうかなあ?と思いましたが、とりあえずまた思いっきり可愛がってあげました。晩御飯には煮干しまでつけてあげました。


勢いに乗った猫は、今度はなんと大きめのアオヘビを捕まえてきたのです!

慌てる僕。母親も大慌て。しかも猫はアオヘビを食べるでもなく、散々遊んだあげくにそっぽを向くではありませんか!!


「家にアオヘビが迷い込んでいる!」

家中大騒ぎでした。


僕は中学卒業と同時に遠くの高校へ通うため実家を離れたのですが未だにヘビは行方不明です。


[18]僕が3歳の時おこった事件 konntasann

僕が三歳の時に海に行ってビーチバレーを浅瀬でやってて大きな波がきてしまってそのときなぜかわからなかったけど僕がビーチボールと間違えられて僕が打たれてしまいました・・・


[19]打ち上げ花火 覗いちゃダメ!! dayday

夏のお盆に親族があつまると、したくなるのは花火。

線香花火からはじまり、ラストは打ち上げ花火。

一つ・・・二つ・・・と数えて行き、「もう終わりだよね・・・」と叔父が打ち上げ花火の筒を覗いたら、ちょっと遅れて飛び出した最後の花火が顔を直撃!!

それ以来、『打ち上げ花火は覗いちゃいけない!!』が毎年の語り草です。

毎年のお盆の花火の時には、親族のどの家でもコレは教訓として語られます。


[20]文鳥 tehi

文鳥を飼ってましたが、かごから逃げ出してしまいましました。もう帰ってこないかなと諦めてましたが数時間後どういうわけか、もどってきました。


[21]毎年恒例の犬の注射 haru-taka

ジャーマン・シェパード

ジャーマン・シェパード

犬って毎年狂犬病の予防注射打ちますよね?

家ではシェパードを2匹飼っていました。小さい時から買い始めたので、一匹は”チビ”という名前にしたほどですが、みるみる大きくなりました(ありがちな失敗ですよね)。小さかった時の僕が背中に乗れるほどです。

この2匹が犬猿の仲(実際は犬と犬ですが)で、いつも喧嘩してばかりです。

ただでさえ、身体が大きい。

挙句に実家は農家で朝から晩まで忙しく、2匹の散歩もあまり出来ずじまいになっていました。

鎖を外すと、2匹とも大喜びではしゃぎまくりです。いつも、母親と僕、兄の3人ほどで注射に行くのですが、犬がなかなかじっとしてくれないんです。

近所の人達総出でこの2匹の注射を手伝ってもらっていました。注射する時は、大人の男の人が背中に乗って身体を押さえつけている状態でした。

半ば恒例行事になってしまったため、近所の方達も笑ったり呆れたりするしかないようです。


今は2匹とも亡くなってしまいました。

犬にしては長く生きた方だそうですが、もっと散歩に連れて行ってあげたかったな、と、時々2匹を思い出します。


万が一お金持ちになって、庭付き一軒家を建てれたら、またシェパードを飼いたいです。そして毎日散歩に連れて行ってあげたい。

そしたら、僕がいつか飼うシェパードは、毎年の注射も大人しく受けてくれるんじゃないかな?


[22]>17 でも父親はヘビが大好きです haru-taka

ヘビの焼酎漬けをたまに飲んでいました。ヘビを山で見付けるとニコニコして家に帰ってきてました。「ほらほら!」と言って、しばらくヘビを持って家族を追い掛け回して、1人で大笑いし、満足すると焼酎漬けを作り始めます。

最初は水の中に閉じ込めておいて、ヘビから毒だか砂だか異物だかを吐き出させるそうです。その後は35度の焼酎の中へ。

どれくらいが飲む目安なのかは分かりませんが飲んでました。

ヘビを串に刺して、干したのも家の中にありましたよ。ヘビの干物はどのようにして食べていたのか、よく覚えていませんが。

ヘビ大図鑑―驚くべきヘビの世界

ヘビ大図鑑―驚くべきヘビの世界


[23]十姉妹に霧吹きシャワー hiikunn

家の鳥かごは観葉植物の横に置いてあるのですが、草に霧吹きで水をかける際に十姉妹がじっと見つめてきていたので一吹き水をかけてみました。するとかなり気に入ったらしくもっとかけろと鳴き、それから霧吹きを見るとかけろかけろと騒ぐようになってしまいました(^^;十姉妹は本当に水浴び(?)が好きなんですね。


[24]飼っていたクワガタ&カブトムシがバトルロワイアル BROWN6

1つのカゴにクワガタ数匹&カブトムシ数匹を入れてたんですけど、そろそろエサのゼリーを交換しようと思いカゴを開けてみるとなんと!クワガタが真っ二つになって殺されていました。

1つのカゴに何匹もいれて飼ってはいけないのを知らずにかわいそうなめにあわせてしまい、クワガタくんほんとにごめん。


[25]窓と網戸の間の猫 hiikunn

家の猫が仔猫の時、窓の上部分の小窓から外に出ようとして(窓自体は閉めていました)窓と網戸の間にはさまっていました;;


[26]激闘!!空中殺法猫!! TinkerBell

猫のうなり声がするので何かと思って探してみると、建て替えで空き地になっていた所で、猫とカラスが激闘していました。猫は背を低くしてうーうーうなっています。カラスは猫をからかうように急降下したりしています。カラスが塀にとまると、猫とにらみ合いになりました。猫は何度もカラスに飛びかかろうとしましたが、鳥なのですぐ飛んで逃げてしまいます。そしてまた猫の周りをからかうように飛び回ります。

猫さんがんばれと手に汗を握っていると、突然猫が地面を蹴って、すごく高く飛び上がりました。空中でひらりと体をくねらせて回転しながらカラスに迫り、あと一歩で強烈なキックが入りそうなほどでした。カラスは慌てて逃げて、もう戻ってこなくなりました。

それからその猫は空き地に住み着きました。私は毎日ごはんやお水を運びました。真っ黒なカラスみたいな猫でした。

空き地で工事が始まりそうになったので、家で飼えないか親に交渉しましたが、家がマンションなので無理でした。でも、父が親戚に引き取りを頼んでくれて、無事その猫は野良から飼い猫になることができました。高校生の頃の話ですが、その猫は今でも元気で過ごしています。あの武勇伝からは想像もできないくらい、おとなしくやさしい猫になっています。


[27]犬が一生懸命薄っすら浮かぶほこりを口をパクパクさせて食べてた BROWN6

窓から入る日差しに薄っすら浮かぶほこりを一生懸命口をパクパクして食べてたんですよよ、あれは笑っちゃいました。


[28]家でゴキブリが出た!!!その時犬が・・・ BROWN6

ゴキブリが壁にひっついていたので、退治しようとハエ叩きでパチンと叩いたんですが、外れてしまいタンスの下の隙間に逃げられて出てこないのでその日はあきらめたんですが、次の日突然犬がダンスみたいにくねくね動いてたのでどうしちゃったんだと心配したらゴキブリを手で転がして遊んでいました。しばらくそれを見てたんですがゴキブリが逃げ切りまた隙間に隠れてしまいました。

犬はゴキブリとか全然怖くないんですね。


[29]ゴキブリ!!! konntasann

家の壁の上にゴキブリ?かと思ったらぐわがたでした?びっくりしましたがその後外ににがしてやりました・・・でも怖かった?


[30]ティッシュに火が? konntasann

ティッシュに火をつけてしまい家中が煙がでてしまいました・・・その後親にこっぴどく叱られました・・・


[31]>21 注射つながり vivisan

うちのワンコも病院大嫌いです。

車にのせて病院に行き、注射を打ってもらっていたら・・「車に乗る=病院」と認識してしまったようで・・・。

車に乗せると吐く癖がついてしまいました。

この癖治すのはけっこう時間がかかりました。


[32]ホウ酸ダンゴ vivisan

ごきぶり対策として有名なホウ酸ダンゴ。家具のすみにおいておいたら、あるときうちのワンコがそれを見つけました。

「お。食べ物だ?♪」

とかじってしまったのです。

たまたま通りがかった私はびっくり仰天!一応かじったものは吐かせたのですが・・吐ききれなかったものがあるかも・・。

親に聞くと、量が多ければ死ぬかも・・といわれたのです。

泣きましたね・・。そのときは。

でも、中毒もおこらず嘔吐もみせず、翌日はけろっとしてました。

うちのワンコが4歳のときのできごとです。


[33]くわがた yoshigyu1318

我が家で飼育していたオオクワガタが虫かごから脱走しました。家中を探した結果、いすに座っていました。


[34]>33 ぷっ!! sayonarasankaku

座ってたんですか!?


[35]>14 親父はもしかして・・ おやぶ・・ hanatomi

|д・) ソォーッ… ドキドキ・・


[36]日当たりの良い部屋 akilanoikinuki

幼馴染の家はとても古い家だった。戦後からあったのではないかと思うようなつくりだった。

それが、数年前に改築された。

そして彼女は誰よりも日当たりの良い部屋をもらった。

自分だけの部屋となり、大喜びで自分の好きな青を基調としたインテリアで部屋を埋めていく。彼女らしいシンプルですっきりとした部屋になった。しかし、私が地元へ帰り、彼女の家を訪れる度に、彼女の部屋はせまくなっていった。

原因は植物。

彼女のお母さんは植物を育てるのが大好き。日当たりの良い彼女の部屋はかっこうの温室・・・。見る間にサボテンや観葉植物でいっぱいになった。

今では彼女が伸びをするだけで、天井まで伸びたサボテンに腕をさされる始末。

私も彼女の部屋に行った時は、失礼ながらベッドの上を定位置にさせてもらっています。


[37]私の顔の上を・・・ Spaceshuttle

ムカデが這い、びっくりして大声を上げたら、父が飛んで来て退治してくれました。私が子供の頃で、真夜中の出来事です。マジびっくり!


[38]>35 私も toku4sr4agent

もしかして・・・と思った(汗


[39]新婚旅行から帰ったらカブトムシのお出迎え toku4sr4agent

新婚旅行から戻ったら・・・

なんとカブトムシがお出迎え。


で、どこにいたかというと、チャイムのところに居たんです。

何をあげたらよいのかわからず、家にあった果物(桃)を切ってお皿にいれて、カブトムシのところに持っていってやりました。


2、3日後にはいなくなってしまいましたけど。


でも結構近くにはいるみたいです<カブトムシ

町内会の掃除(公園清掃・・・ようは草むしり)の時にもカブトムシやカマキリが居て、

近くに居た親子連れに「カブトムシ、いたよ、カマキリいたよ」

って捕まえて見せたことがあります。

カマキリは嫌がられましたけど、カブトムシはもらわれていきました。


[40]猫の失敗 ichthyostega

以前うちで飼っていた猫ですが、よく風呂場の残り水をこっそりと飲みに行ってたのですが、あるとき、風呂場から不思議な音がして、見に行こうとすると、風呂場からずぶぬれになった猫が何食わぬ顔をして出てきました。多分バランスを崩して風呂にはまってしまったのでしょう。

水嫌いだったのに、ちょっとオバカな猫でした。


[41]>24 オス同士は戦いますね ichthyostega

カブト同士でもオスは餌場をめぐって戦いますね。時々背中に穴をあけられてたりします。

できれば別かごで飼えばいいんですけど、場所も取られるし、これがなかなかできないんですよね。

出来るだけ大きなカゴで、頭数と同じくらいに餌場を増やしてやるとトラブルが少ないとおもいます。

同じオス同士でもカブトとコクワガタくらい対格差があると、コクワガタが戦闘を避けるようで、余り戦ってなかったです。


[42]>34 ゴキブリと勘違い ichthyostega

昔、友人のうちでは逃げ出したクワガタが、ゴキブリホイホイの中で見つかったと聞いたことがあります。


[43]>41 それこそ… sayonarasankaku

リアルムシキングですね。


[44]犬と冬の海岸を走った思い出 castle

家族で何を思ったか冬の海に出かけました。

人気がないので海岸で飼っていた犬を放してあげました。

嬉しそうに駆け回る姿をいまでも覚えています。


[45]おしりが… sayonarasankaku

娘が小さい頃にお風呂に入ろうと、ストーブの前でパンツを脱いでいました。

脱ごうとおしりを突き出したときに、ストーブに近すぎてジュッ!

おしりを火傷してしまったのです。

あわてて病院に行ったのですが、どうもお医者さんの様子が変。

私が娘に虐待したと思われたみたい…

あわてて、「こうやって火傷したんです」とパンツを下ろすしぐさを真似て説明。

幸いすぐ納得してくれましたが、その時は焦りました。


[46]>2 テレビに出たときって souseiziozisan

身内や友人達、ほとんどの家で録画しますよねw

友人のススメで私と弟で出たことがありますが、その後

『録画しておいたよ!』と言われ赤面したことがあります。

結構恥ずかしいものですよね


[47]>40 悲しい話ですけど souseiziozisan

同じくうちで飼っていた猫も風呂場の残り水を飲みに行っていたのですが、

ある日猫の姿が見えないんです。そしてまさかとおもい風呂場へ行ったら

溺れてしまった猫の姿が・・・

家族一同で悲しんだのを覚えています。


[48]>47 悲しいです ichthyostega

そうですか、それは悲しいですね・・・。

うちのは間一髪だったのですね。うちの中には人に限らず、いろんな危険が潜んでいるものなのですね。


[49]泥棒? mekishiko

10年以上前の話です。

実家で番犬になるような大きな犬を飼っていました。

犬小屋はリビングの大きな窓(すりガラス)から出た

すぐわきにあり、我が家ではもっぱらその窓を出入口として

利用していました。玄関はつねに施錠しっぱなし、

番犬のいるその窓を施錠しないで出かけていたのです。


さて、ある日のこと、帰ってくるとその窓が開いていました。

ま、まさか泥棒?と思い、おそるおそる家に入ってみますが、

全く異常がありません。最後に出た人が閉め忘れたんじゃないか

ということになり、いちおう一件落着となりました。

しかし、次の日、帰ってくるとやはり窓が・・・。

今度こそ泥棒か?と思い家中を調べましたが異常なし。

その夜、我が家では怪事件として話題になりました。

しっかりした窓なので、簡単には開くはずがないのです。

にもかかわらず、なぜ窓が開いているのか?


さて、翌日、体調の悪かった私は学校を休み、2階の自分の

部屋で寝ていました。私以外の家族はすべて出かけていました。

お昼ごろ目が覚めて、何か食べようとリビングに下りていった

時、例の窓の外になにやら影が・・。

とっさに物陰に隠れて様子をうかがっていると、

信じられないものを目撃してしまったのです。


誰かが一生懸命に窓を開けようとしていました。

ゆっくり窓が開いてソロソロと入ってきたのは、犬でした。

そして、じゅうたんの上ですっかりくつろいでいました。

そうです、窓を開けていた犯人は犬だったのです。そして

家族が帰ってくる頃を見計らって外に戻り、何事もなかった

ような顔をして家族を出迎えていたのです。犬にしてみれば

完全犯罪だったようですが、窓は閉められなかったわけです。


その夜、家族会議が開かれました。犬もやっぱり犬小屋より

本物の家の方がいいんだね、ということで全会一致。

それ以来、夜だけは犬も家の中で過ごすようになりました。

そして夜の家族の団欒には欠かせない存在に。


残念ながら、昨年高齢のため亡くなってしまいましたが、

あのリビングの窓を見るたびに、今でも犬が手で窓を一生懸命に

開けている姿が目に浮かびます。

このことは我が家では今でも語り草になっていて、話題に出る

度にほのぼのする大切な思い出です。


[50]>40 同じく tekubi

うちの実家の猫もそういうことがありました。

どうやら湯船のフタの上に飛び乗った時にずれてしまったようでした。


[51]>38 いえいえ t-saitou

たまたま当直当番だったから。ちなみにただの幹部ですのでご安心を(って何のw)


[52]>51 追記 t-saitou

当時、他の組織と抗争中でした。


[53]>43 >リアルムシキング t-saitou

ワロタw


[54]>30 それがトイレットペーパーだったら t-saitou

あま?い香りがするんですよ。中学時代友人が遊んでた(火遊び?)時に嗅ぎました。


[55]>28 犬にとっては t-saitou

いいおもちゃだったんでしょうね。


[56]>26 すごいね t-saitou

蛇とマングースの対決よりエキサイトしそう。


[57]>18 そのとき t-saitou

ビーチボールに似た帽子かぶってなかった?


[58]マックィーンの t-saitou

大脱走なみの脱走劇でしたね。


[59]>4 すみません t-saitou

下のレスはこっちへのです。


[60]>29 クワガタの木 BROWN6

小さい頃クワガタが捕れる木に朝早く友達と行って、黒いクワガタらしき虫がいたのでよく見てみるとゴキブリでした!

樹液の出る木は色々な虫がいますよね、ハチからカナブンに蛾とか。


[61]>42 ゴキブリホイホイの中って・・・ BROWN6

ゴキブリホイホイってゴキブリを誘き寄せるエサ(フリカケみたいなの)が入ってますよね、クワガタもそれにつられたって事ですよね。ゴキブリとクワガタって外観も似てるけどエサも同系なんですね。


[62]>20 鳥を家で飼うのはかわいそうだな BROWN6

個人的に鳥を家で飼うのはかわいそうだと思います。せっかく羽がついてて飛べるのにカゴに閉じ込められてたんじゃ鳥じゃないんじゃないかな。


[63]担任の先生を呼ぶ猫 MINT

小学生の頃、三毛猫を飼っていました。もうおばあちゃんの猫でしたが、すごく可愛くて、そして頭が良くて、ペットというより私のお姉ちゃんのような存在でした。

事件は、家庭訪問で担任の先生がきた時に起こりました。先生とお母さんと私とで話をしていると、幼児のような声で「なかがわー」と聞こえてきたのです。担任の先生は中川先生といいます。先生は「はい?」と言いながらきょろきょろ。そうしたら猫が、「なかがわー、なかがわー」と鳴きながら部屋に入ってきました。猫の鳴き声なら「にゃがごにゃー」になりそうですが、そうでなく、本当に「なかがわー」と聞こえたのです。これには先生も私もお母さんも大笑いで、みんなで涙を流しながら笑ってしまいました。

それからも猫は時々「なかがわー」と鳴きました。私が小学校を卒業しても、時々「なかがわー」と鳴いていました。猫も、やさしかった中川先生も、なつかしい、いい思い出です。


[64]>29 ゴキブリといえば souseiziozisan

這う分には全く問題な・・・ありますけど、

ヤツ等に一番恐怖を覚えるのは飛んだときですよね。

目の前で高く羽ばたいたときは魂がぬけるかと思いました。


[65]>32 うわーこわいー MINT

わんちゃん、よかったですね、何ごともなくて。動物を飼っている家の中には、めったな物は置けませんね。大変なことにならなくて、本当によかったです(>_<)。


[66]>45 うわわわわ MINT

おしりがジュッ!なんて痛そう(>_<)。ちょっとでも暖かいところで脱ぎたくて、近よりすぎちゃったんですね。娘さん、今おいくつなのでしょう。きっと今その話をすると、真っ赤になっちゃいますね。


[67]>51 じゃあ、安心だね! sayonarasankaku

って、違うでしょ!


[68]>61 餌なのかどうか ichthyostega

餌に引きつけられたのか、たまたま通りすがりに引っかかったのか分かりませんが。

他の回答にもありますが、時々、林の中の餌場に行くとカナブンたちに混じってゴキブリが樹液を吸っていることはありますよね。

と言うことは、やはり同系なのでしょうか・・・。

外見は特にメスのクワガタはパッと見、わかりにくいですよね。


[69]>65 そんな時は怒って落ちてる物を食べちゃダメってわからせないと BROWN6

犬って散歩中でも落ちてる物とかくわえたり、食べちゃったりしますよね。

怒ってダメなんだよってしつけているとだんだん落ちてるものは匂いを嗅ぐだけで、ほとんどくわえたり食べたりしなくなりますよね。

小さい頃犬が落ちているウOコ食べちゃったこともありますよ、平気で草も食べちゃうし

ホウ酸ダンゴかじって翌日けろっとしてるなんて奇跡ですね。


[70]>66 覚えてるみたいです sayonarasankaku

今、車の免許を取る年頃です。

痕が残っているのか、さすがに確かめられません(笑)


[71]猫ちゃん連携、お手柄鳥命救助 TomCat

普段はおとなしいうちの猫が、その日に限ってやたらうなります。窓の外をしきりに気にしながら、うー、うー、と低くうなり続けています。

おかしいと思って外を見ると、いつもごはんのお裾分けをしている、うちの庭常連の野良ちゃんがいました。警戒心が強く、全く人慣れしない孤高の野良猫でしたが、しかし庭常連なので、うちの猫はその存在に慣れています。普段、窓越しに姿を見てうなるなどということはありません。

どうもおかしい、と外に出てみると、孤高の野良ちゃんは、しきりに雨樋を気にしている様子でした。調べてみると、どうも、雨樋からつながる縦のパイプの中に何か入っています。生き物らしいということで、音のする位置を調べて、余裕を持った位置でパイプを切断。普通のノコギリだと万一の場合が恐いので、歯の細かい金切りノコで慎重に切っていきました。

切断したパイプを外してみると、なんと中にはスズメの若いのが入っていました。中に巣などはなく、何かの拍子に落ちてしまった様子でした。

そうか!! お前らこれを教えてくれようとしていたのか!! というわけで、とにかく弱っていたので、慌てて獣医に連れて行きました。

幸い骨折などはなく、野鳥を個人で保護するのは法律上問題があるので元気になるまでうちで預かりますと言ってもらって、そのまま入院させて帰宅。

数日後、元気になったので放鳥出来ます、保護した地域に放すのが望ましいので迎えに来てくださいと言われて引き取りに行き、入院費は?と聞くと、野生動物に飼い主はいないので無料ですと言ってもらっちゃいました。いい獣医さん!!

で、無事放鳥を済ませ、スズメを発見したお手柄猫たちには、それぞれお礼のご馳走として、鳥のササミの水煮をプレゼント。・・・・あれ?(^-^;

鳥を助けたご褒美に鶏肉というのもなんですが、ま、猫の体にはこれが一番適合してて、おやつ向きなんですよ(^-^;

で、こんなこともあるんだなあということで、全ての雨樋のパイプを点検して、網を被せて、もう二度とこんなことが起こらないよう対策しました。

ちなみにお手柄コンビの片割れ、孤高の野良ちゃんは今、少しずつ人慣れしはじめています。もしかしたらそのうち、わが家の猫になるかもしれません(^-^)


[72]>69 家庭の中では難しいんですよ TomCat

散歩中の拾い食いは絶対にさせないようにしないと、これは命に関わることがありますからね。きちんとしつけておかないと恐いですよね。

草なんかも、昔は自由に噛ませていたらしいですが、今は除草剤がかかっていたりする可能性があったりするので、すごく恐いです。とにかく飼い主の与えたもの以外は、絶対に口にしないしつけが大切ですよね。

でも、どんなによくしつけられている犬でも、室内だと一転して、何でも安心して口にくわえてしまいがちなんです。自分の住処にあるものを警戒しろっていう方が無理ですから・・・・。

そんなわけで、室内の安全は、飼い主さんの方が責任者。これはしつけでは、なかなかうまくいかないことが多いようです。

ちなみにホウ酸は比較的毒性が少ないと考えられがちですが、誤食による死亡例もあることはあるんですよ。人間の場合、経口LDLo(最小致死量)は、成人640mg/kg(摂取量/体重)、乳児200mg/kgとされていて、粘膜吸収の場合も毒性を示しますから、大量に摂取してしまった場合は、吐かせても害が防ぎきれないこともあるんです。

ホウ酸の代表的な中毒症状は、まず初期においては悪心、嘔吐、下痢など。大量に摂取してしまった場合、青緑色の便が見られます。

次いで皮膚症状として、猩紅熱様の発疹、数日後の表皮剥離など。深刻な症状としては、腎不全、代謝性アシドーシスなど。中枢神経に対しても影響が出る場合があり、脱力倦怠、頭痛、不安、せん妄(半分意識を失う状態)といった可能性もあります。

致死的な症状としては、強度の脱水が懸念されます。ゴキブリへの毒餌としての効果はこれで、ホウ酸団子をかじったゴキブリは、急激な脱水症状に見舞われて死に至るんですね。これが人間にも動物にも起こるんです。循環不全が発生し、ショック症状と尿細管壊死が起こると極めて危険な状態に陥りかねません。

というわけで、ホウ酸団子と言っても、これはなかなかあなどれないんですよ。vivisanさんのわんちゃん、ほんとに何ごともなくてよかったですね(^-^;


[73]>62 たしかに自由を奪われた状態を篭の鳥と言いますが・・・・ TomCat

でも、飼い鳥の多くは、自然環境では生きられない鳥なんです。ま、昔は野鳥を捕獲してきて飼う、なんていうのが日本の代表的な飼い鳥のありかたでしたから、そういうのはほんと、可哀想だと思います。

でも、今の飼い鳥は、むしろ自然界に放してしまえば、それが命に関わることになってしまいますから、野鳥と同じには、ちょっと考えられない存在なんですよね。

自然界に生息している種類でも、今は人工繁殖された鳥以外は飼うことが禁じられていますから、親が野生でないと、子も野生で生きる教育が不完全なことが多く、まず放してしまえば自力では生きられません。

ま、ペットとしてしか生きられない動物を作り出してしまうということに対する是非もあるかとは思いますが、とにかく一度飼い始めたら、生涯責任を持って飼い続けて幸せに過ごさせてやることが人間の責務ということで・・・・。

難しい問題ですね。


[74]>63 うははっ、かわいいっ!! TomCat

たしかに猫は、「なー」とか「がが」とか「わー」とか鳴きますから、それがつながれば「なかがわー」になりますね。

三毛猫ちゃんが先生の名前を連呼しながら歩いてたなんて、もー、めちゃくちゃラブリーです。たまりませんっヾ(≧▽≦)〃


[75]>12 それはもはやミシシッピアカミミガメ!! TomCat

ミドリガメって大人になると、けっこう気性が荒くなるのが普通なんですが・・・・。そんな巨大カメさんがお父様とお昼寝とは!! ものすごく慣れているんですねー。お父様も溺愛でしょうが、カメさんの方も、お父様が好きで好きでたまらないんでしょうね。奇跡に近い愛の絆を感じさせます。

お腹の上に乗せて昼寝出来るミシシッピアカミミガメ。これはもう、ほんと、奇跡に近いと思いますよ。普通、そこまで人を慕うミドリガメって少ないです。優しいお父様なんでしょうね(^-^)


[76]小屋を開けたらアオダイショウ(ヘビ)が!!! toku4sr4agent

思いのほかヘビメタ多いですね・・・。

で、わたしも思い出したので。


小さいころ住んでいた社宅での出来事です。


(社宅なんですが各家に割り当てられた小屋がありました。)

遊び道具を取りに小屋を開けてみると、中からなんと。

緑色のヘビ(アオダイショウだと思います)が出てきました。

びっくりしたのはいうまでもありませんが、まさか、

小屋の中からアオダイショウが出てくるとは思いませんでした。

(その当時は横浜に住んでいたので、まさか都会でアオダイショウ・・・不思議です)


[77]>49 なんだか素敵。わんちゃんもかわいい! hanatomi

大事な大事な家族の大事な思い出ですね。ほのぼの・・・。


[78]>77 コメント、ありがとうございます。 mekishiko

この犬にまつわる不思議な話は本当にたくさんあって、

その分思い出も多く、さみしくも思うのですが、

やっぱり思い出がたくさんあるっていいことですね。

ずっと大切にしていこうと思っています。


[79]金魚が水槽の外にっ tibitora

実家に居た金魚は人が近づくと「ごはん!」と跳ねていたのですが、ある日ふと見ると床のうえでビチビチと;どうやらいきおいが付きすぎて水槽から飛び出たらしいのです。それを見た時は血の気がひきましたが、ひろって水槽に戻すと元気に泳ぎはじめました。よかったです(^^;


[80]>79 金魚って跳ねるんですか! BROWN6

水槽から飛び出すほど跳ねるとは驚きですね。

ひろって水槽に戻すと元気に泳ぎはじめたってその金魚スーパーミラクル金魚ですよ。


[81]親子で「お母さんにナイショ」 Oregano

高校生の頃、隠し持っていたエッチな本を親に発見されてしまいました。しこたま叱られてとても恥ずかしい思いをしましたが、後日頼まれて父の部屋の整理を手伝っていたところ、なんと父の部屋からもエッチな本が!

どうして大人はよくて高校生はいけないんだと詰め寄ったところ、父は頭を掻きながら、「すまん、母さんが心配していたからああ言うしかなかったんだ」。そして、「今父さんはものすごく恥ずかしい、あの時お前がどんなに恥ずかしい思いをしたかわかるよ」と言ってくれました。

私はまだ隠し持ってきた本を持ってきて、ごめん、まだこれだけ隠してたとコレクションを披露して、二人で母に内緒でこっそり処分しようということになりました。資源ゴミには出せないので、親子で買い物を装って出かけて古本屋に売却。古本屋から出てきた父は真っ赤な顔をしながら、いやー、恥ずかしかったと笑っていました。

売り上げでラーメンを食べて、何でも話せた子供の頃の親子関係に戻った気がしました。


[82]>76 都会にもけっこういるみたいです Oregano

アオダイショウは昔から蔵の中に住んでいたようなヘビなので、エサさえあれば都会でも住めると聞いたことがあります。私もヘビそのものは見たことがありませんが、抜け殻を発見したことがあります。金運のお守りになると言われてしばらくサイフに入れていたことがありました。


[83]>56 すごいですね Oregano

まさに激闘。手に汗握る闘いでしたね。そのあと飼い猫になれて、やさしい猫になったという結末にもホッと心がなごみました。


[84]>5 友達の足の上をヘビが這ってました! ie-ha-te-na

私も子供の頃には家の外でもよくヘビは見ました。原っぱで足元をひょいと見るとドクロを巻いていたり、怖っ!

中学生の時には、友達の家で遊んでいたら、ギャア!というのでビックリして見ると、友達の足の上をヘビが這ってました。庭への窓を開けていたから入ってきたんですね。土のあるところにはヘビが出るワケで、都内でも知人の家の庭にはヘビがうろうろしています、怖っ!

〈ハザマ〉


[85]>78 犬への愛が心を打ちます Oregano

前のイエはてなのいわしにも出ていましたが、「虹の橋」という詩があります。

http://q.hatena.ne.jp/1169012275/66505/

素晴らしい思い出をいつまでも大切にしてください。きっとワンちゃんも虹の橋からmekishikoさんを見守っていてくれていると思います。


[86]>7 うちの猫は、行けても帰れない散歩で毎回救助。 ie-ha-te-na

うさぎ脱走事件でバレたものの、みんなの了解を得ることが出来てよかったですねー!動物はちょっと冒険心で外に出てしまうことが多いので、一時見つからなくなったりすると騒動になるんですよね。

うちの猫は前の前の集合住宅に住んでいる時、庭があったので日向ぼっこさせていると、高い塀を乗り越えて隣りのお庭まで行っちゃってました。行く時もたいへん難儀をして行って、でも帰りは足がかりも違うから帰ってこれない(笑)。隣りから泣き叫んで助けを求めるので、毎回、お隣りさんに「すみません、また猫が行ったので迎えに行きます」と断って、いちいち私が塀をよじ登って救出してました。まったく、手のかかる奴らです。

〈ハザマ〉


[87]>10 カニの救援隊!? ie-ha-te-na

えー!?それって、一匹のカニを大勢の仲間たちが救助に来たってことなんでしょうか?おそるべしですねー!!カニの生息地でめったにカニを捕獲するものじゃありませんね、いっぱいのツメで襲撃されなくてよかったですねー(笑)。

〈ハザマ〉


[88]>16 小鳥はどこにでも入れるから心配? ie-ha-te-na

あははは、うどんの中に文鳥が飛び込んできたなんて、文鳥さんも何を間違ったのでしょうかね?小鳥はスリッパの中が好きだったり、どこにでも入れてしまうからうっかりすると踏んづけてしまいそうで心配なのかな?

それにしても、toku4sr4agentさんはやっぱり子供の時から小鳥が大好きだったんですね!

〈ハザマ〉


[89]>19 子供じゃなくて叔父さんだったのか! ie-ha-te-na

はじめ、子供のうち誰かが覗き込んだのかと思ったら、花火の顔面直撃を受けたのは叔父さんだったんですね(笑)。よかった大人で。花火ってものすごく高い温度なんですよね、顔はご無事だったのでしょうか。私も小さい頃から手持ち花火をぐるぐる振り回して遊んでよく怒られました。でもさすがに打ち上げ花火は危ないから決して覗きませんでしたけど(笑)。

〈ハザマ〉


[90]>23 それやりたいなー! ie-ha-te-na

鳥って水が好きなんですね。霧吹きってわりとな衝撃があると思うんですけど、お気に入りとは!小鳥に霧吹きして一緒に遊んでみたいですー。今度友達んちのインコでやってみようかな?インコも好きかな?

私は猫のことしかわからず申し訳ないですが(笑)、猫は水が大嫌い。キッチンでちょっとでも水が飛び散っただけで、飛び上がって逃げていきます。お風呂に入れるのもひと騒動。そのくせ、水道から出る水に手を出して遊んでみたり、蛇口をつついてお水飲んだりしてますけどね、変なのー。

〈ハザマ〉


[91]>25 プフ、かわいそうだけど笑ってしまう。。 ie-ha-te-na

hiikunnさんのおうちにも猫さんがいるんですね。窓と網戸の間にはさまった仔猫、やっぱりちょっと平べったくなってたのかな、想像して笑ってしまいました。うちの猫たちが仔猫の時もびっくりするようなところに入っていってましたね。一度は、ガラスの陳列ケースの中で二匹のチビが並んでスヤスヤ、まるで飾りもののようになってました(笑)。

〈ハザマ〉


[92]>27 激カワイイ!! ie-ha-te-na

ひゃー、そんな姿見ちゃったら私など笑顔ユルユルでまいっちゃいますー!

うちの猫はチビの頃、テレビに映った糸巻きを一生懸命転がそうと手を伸ばしてました(笑)。

〈ハザマ〉


[93]両親の離婚の危機で出た咄嗟の一言 tough

うちの両親には一度だけ離婚の危機がありました。まだ子供のころだったので何が理由だったのかは知るよしもありませんが、深刻な顔をした両親に、お父さんとお母さんが別れたらお前はどちらにつくかと聞かれました。

そんなの選べるわけがないので、悩んだ末に半分切れて、ぼくがどちらを選ぶかじゃない、お父さんもお母さんもぼくを選びたくないのか!と怒鳴りました。そうしたら両親は黙ってしまいました。

それからしばらくして、我が家はまた元の家族に戻りました。ずいぶんたってから母に、あの一言が効いたと言ってもらったことがあります。語り継ぎたい事件というより、自分がその立場になった時に忘れたくない事件です。


[94]>92 雪をパクパクしてる犬を見たことがあります tough

雪がちらついてきたら、散歩中の犬がうれしそうに上を向いて、ぱくん、ぱくんとやっていたのを見たことがあります。小さなシーズーが獅子舞のおししみたいな大きな口を開けて、ぱくん、ぱくんとやっていました。すごくラブリーでした。


[95]>88 ありゃ sayonarasankaku

妹さんは、どちらかというと文鳥よりうどんの方が心配だったようですね(笑)


[96]>87 うわー tough

大自然の驚異ですね。でもカニも助け合って生きているんでしょうね。大量のハサミがチョキチョキ迫ってくる夢を見たらうなされそうです(笑)。


[97]>85 知りませんでした、 mekishiko

こんないい詩があることも、また、あんなすばらしい獣医さんが

いらっしゃることも・・。

ちなみに、うちの犬が亡くなる時のことを少し。

実は、犬が亡くなった原因はガンでした。高齢だったこと

が発症の原因でもあったようなので仕方ないのですが、

いずれにしても病院の冷たい檻の中で最期を迎えさせるのはしのびなく、

いつも夜になるといっしょに過ごした我が家で最期を

迎えさせてあげたいと、家に連れ帰ってきました。

そして、数日後、家族全員で見守る中、さほど苦しむこともなく

息を引き取りました。犬の体が足から冷えていき、だんだんと

意識が遠のいていく様子を見守りながら、家族みんなで

「ありがとう」と涙ながらに伝えることもできました。

別れは悲しく、さびしいものですが、家族でしっかり

見送ってあげられたことが、一番心の救いになっています。

うちの犬も、今頃虹の橋で幸せに暮らしているんですね。

ステキな詩を教えてくださったこと、心からお礼を申し上げます。


[98]>57 いや?昔のことでそんなに覚えてないんですが・・・ konntasann

たしか黄色の帽子をかぶってたような気がします


[99]>97 「虹の橋」はきっとあります TomCat

私も、愛犬のことを思い出します。私の愛犬も腫瘍でした。体への負担を考えて組織検査はしませんでしたが、獣医さんの詳しい説明で、おそらくガンだと納得しました。

うちの犬は、捨て犬出身だったんですよ。大人になってから捨てられたんです。だから人一倍愛情を求める犬だったんです。もう歳が歳ですから、積極的な治療は難しいと考えて、治療の目標は緩和ケアと決め、在宅を前提とした治療計画を獣医さんと話し合いました。

末期は苦しみますよ、辛いですよ、それでも看取れると覚悟出来ますか、と問われて、覚悟しますと答えました。それからは家族総出で、連日付きっきりで看病を続けました。私は毎日、犬と一緒に眠りました。大きな犬でしたが、膝に抱いて、私は壁によりかかって仮眠するだけ。でも、毎晩毎晩が貴重な時間でした。

それから半年以上、犬は頑張ってくれました。最後の最後まで一度も苦しむことなく、静かに旅立っていきました。獣医さんに連絡すると、あなたの犬は死んだんじゃない、あなたが送りだしてあげたんです、大仕事をなし遂げましたね、それを喜びましょうと言ってもらいました。

動物病院から、カードと花束が届きました。さようならではなく、ありがとうと、犬を抱きしめて言いました。一度は捨てられた命。でも、こんなにもみんなに大切にされて生涯を終えることが出来たと。それが実感できた時、ああ、大仕事をなし遂げたなと、本当にそう思えました。

今でもその犬のことを思い出すと涙が出てしまいますが・・・・。いつかきっとまた会えると、そのことを信じて、虹の橋から見守ってくれている愛犬に恥ずかしくない人生を送っていこうと思っています。

mekishikoさん、ありがとうと言える最後こそ、愛犬への最高の贈り物だったと思いますよ。虹の橋でうちのわんこと仲良しになってくれたらいいなと思います。緑の草原を走り回る姿が目に浮かびます。


[100]>96 こ、これは・・・・ TomCat

カニはフェロモンみたいな物質で仲間を呼びますが・・・・。フェロモンには異性を呼ぶもののほかに警戒フェロモンってのもありますけど、カニもそう言うの出すんでしょうか・・・・。

それにしても、仲間の一大事だ、えっちら、おっちらと、カニさんたちが大量に横ばいしてくる様子を想像すると、なんか笑っちゃいますね。

今度その海に行ったら、浜辺で待っていると、助けてくれてありがとう、お礼に竜宮城にご招待、なんてあるかもしれませんよ。カニの踊るかに道楽みたいな竜宮城。楽しいと思いますよー(^-^)


[101]>95 うはははは TomCat

文鳥味のうどんなんて、いいじゃないですかねー。私はインコとですが、よくキスしてましたよ。唇を近づけると、優しくくちばしでつつくというか、かじるというか、そんなふうにしてきて、それがすごく可愛かったんです(^-^)

ま、伝染病の危険なんかもありますから、あまり濃密な接触はお勧めできませんが・・・・。タテマエはあくまで節度を持った接触が大切ですが・・・・。うはw


[102]母の身代わり… YuzuPON

小学校の頃ですが、母と買い物に行ったら、ちょっとかがんだ拍子に、母が豪快にブッとぶっ放してしまいました。あまりに大きな音だったので、音楽のかかっている店内でもはっきり聞こえてしまいました。

そしたら母は私の頭をぐいと押して、やだぁ、この子ったらぁ。なんと実の親に濡れ衣を着せられてしまいました!

私は両手に抱えきれないほどお菓子を買ってもらいましたが、家に帰っても、おならしたことにされたと、ずっとぶうたれていました。


[103]>102 えらい! sayonarasankaku

えらいです(笑)

お母さんも咄嗟にそうするしかなかったんでしょうね。

もうそれは立派な親孝行だと思いますよ。


[104]>93 私も似たようなことがありました。 sayonarasankaku

子供はすごく悩むし傷付きますよね…

翌日、両親はケロッとしていて

「なんだったんだ!?」と感じたのを覚えています。


[105]財布をトイレに落としてしまった hiikunn

子供の頃にやってしまいました;;それからしばらくは事あるごとに話題にされていました(TT)そして、財布にチェーン(ズボンのベルト通しに引っ掛けて財布をつなぐ物)を付けられました;;


[106]蜘蛛を食べていた猫 hiikunn

妹が目撃したそうです。うちの猫が蜘蛛の胴体だけをもしゃもしゃと食べている所を・・・・。足は、おいしくないのでしょうか・・後片付けが大変です。蜘蛛は苦手です。蜘蛛を食べた猫もしばらく苦手です。


[107]>82 隠れてる! eiyan

そうそう!箱の底とか縁下や天井にいますね!

天井をスーという音がして少し怖い!

でも鼠はいなくなるし、守り神と思ってそのままにしてますね!

今年は何故か暖冬のせいかいないですね!

いないとやはり鼠がいますね!

お守り!早く来ないかな?!?


[108]>84 ウフ! eiyan

小鳥の卵を狙って蛇が来ます。

卵の代わりに擬似卵をおいて様子を見ました。

その擬似卵がなくなっていました。

ウフ!

その擬似卵?

巧妙に作ってある石の卵?

どうなったかな????


[109]>72 毒団子! eiyan

ホウ酸団子と並んで怖いのは農薬毒団子。

散歩に連れていって飼い主の前で毒団子と知らずに食べて急死。

飼い主の一寸した不注意で可哀想な事に!

ホウ酸団子もそんなに怖いものとは?

鼠やゴキブリが沢山いる時作っておこうと思っていますが・・・!

雑草は虫下しの役目もですね!


[110]おんなじ寝すがた tibitora

昔家に居た猫は、ふと見ると父の隣で父と同じ寝相をしていました。猫と父とでは何度もそんな事があったのですが、犬は傍で寝ていても同じ寝姿は見たことがないです。同じ寝相で寝るのは猫だけなのかな。


[111]飼い主にそっくりな猫 choco-latte

うちの父は大の動物好きなんですが、ある日傷だらけの瀕死状態の子猫を拾ってきました。

毛布で暖め次の日動物病院へ連れて行きましたが、うちの母は大の動物嫌い…。

「捨ててきなさい!」と父は母に怒鳴られ、しぶしぶ猫を捨てに行った…と思ったら次の日庭先でニャーニャーの声……。

なんと、車の中で飼いはじめていました。

父の仕事は営業マンで一日車であちこち回っていたため、猫も一緒に営業まわり(笑)


車内でしばらく飼っていたのですが、冬になる前にどーにかしないといけないという事になり、結局おじいちゃんの家で飼う事になりました。

その猫は男の子だったのですが、

おじいちゃん曰く

「毎日いろんなメス猫と遊んでいるよ。犬だけじゃなくて猫も飼い主に似るんだな」

むむむ…。たしかに。父が拾わなかったら、きっとまともな猫に成長していたに違いない。


[112]>109 めちゃくちゃ怖い! vivisan

皆さんのレスを読んでいて・・今更ながらほっとしています。

この事件以来ホウ酸ダンゴは家からなくなりました。

現在はしつけによって拾い食いしなくなりましたが・・小さい頃からちゃんとしつけをしなきゃいけないですね。


[113]賢い猫 mododemonandato

家で飼っていた白黒の猫は、家族が口喧嘩していると「ニャッ!」と言って止めていました。猫も年をとると言葉がわかるようです。


[114]>113 テレパシー BROWN6

言葉にのせた想いが通じるみたいですね!


[115]>111 猫ちゃんよかったですね TinkerBell

やさしいお父様に拾われて命拾いした猫ちゃん。よかったです。

お父様は営業車で、女の人の所も回っていたのでしょうか。それ見て猫ちゃんも?いやぁん(*^_^*)


[116]>114 犬の気持ちが書かれた本に TinkerBell

犬は家族のけんかが一番つらい、みたいなことが書いてありました。猫もきっとそうなんですよね。でも「ニャッ」といって止めに入るなんて、もう人間と同じですね。えらい猫ちゃんです。


[117]>103 かっこいいです♪ TinkerBell

思わず笑ってしまいましたが、でもステキです。それはお母様を守ってあげたんです。すごいです!お姫様を守るナイトみたいです!かっこいいです!


[118]>107 去年の夏に見ました! TinkerBell

普通の家の塀際の物置の通気口から道路に向かって、ヘビさんが頭を出してこんにちはしていました!びっくりしました!


[119]>110 そういうの夢なんです TinkerBell

私も猫と並んで寝てみたいです。おんなじかっこして、私が右を向いたら猫も右を向いて、猫が左を向いたら私も寝返り。そんな猫の飼える家に住みたいです。猫つきの家にお嫁に行きたいかもです♪


[120]鳥の糞が? konntasann

雨がふったのかな?っと思ったらなんと鳥の糞でした・・・ものすごくショック・・・


[121]>104 子はかすがいですね TinkerBell

子供にも家族の危機を食い止める力があるんですね。いいお話を読ませていただきました。子供は家族の幸せに守られなければ幸せになれないですものね。私も親になる日のために、このお話、忘れないようにしたいと思います。


[122]>76 僕の konntasann

僕の家にも蛇がいてびっくりしました。しかも白かった


[123]>115 ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!! choco-latte

そ、そんな。うちの父がそ、そんな…(爆)

そんな私もやっぱり父の子。小学生のときに子猫を拾ってきたのですが

やっぱり母に反対されて、しばらく学習机の一番下の引出しの中で飼っていた事があります。すぐバレてしまい、「捨ててきなさい」といわれて、

近所のマンション一軒一軒友達とまわって「猫飼ってくれませんか?」と言いにいったのを覚えています。

なきながら訴えたせいか、優しい若夫婦が引き取ってくれました。

あの猫も私に育てられていたらきっとめんどくさがりでだらしのない猫に育っていたに違いないです(笑)


[124]>110 いいですね konntasann

僕のいえにはペットがいないのでそういうのっていいですね?


[125]>113 すごいですね konntasann

それって天才猫ですよ


[126]>83 本当にすごい戦いでした TinkerBell

蛇とマングースの対決って見たことがありませんが、空中まで舞い上がっての対決は、きっとそれ以上のすごさだったと思います。にらみ合いもすごくて、このまま果てしなく続いて終わりがない戦いなのではと思ってしまうくらいでした。

でも今は本当にやさしい猫さんになっています。お正月に会ってきました。あの時らんらんと光っていた目を、今はとても幸せそうにつぶって、のんびりお日向ぼっこをしていました。


[127]>106 すごい猫ですね konntasann

蜘蛛を食べるなんて信じられません!!!


[128]>10 すごい konntasann

かにって結構頭がいいんですね


[129]>81 思春期って choco-latte

親に話せない事とかありました。

ある程度の年齢がいくと包み隠さず話できますよね。

高校生のとき友達んちに泊まるっていってたけど実は彼氏とだったって20歳を越えて話したら母は「知ってたわよ」って。

他にも学校サボッて遊んでた事も、問題集代をちょろまかしていたこともすべてお見通しだったといわれました…。

何でそのとき言わなかったの?と聞いたら、「いい事、悪い事は自分で判別できる年だし、何かあったときはちゃんと自分で責任を取らせてたたでしょ?」と…。たしかに高校1年のときに毎日彼氏と電話でしゃべっていたため家の電話代が2万、3万になったときもバイト代で払わされた…。結局は親の手のひらの中で転がされていた私。

た、親って怖いなぁって思いました。


[130]>123 ご立派です! TinkerBell

動物って、一度拾ってきたら、本当はもう捨てちゃいけないんですよね。捨てなおすとそれも法律違反になると聞きました。

家で飼えないとわかっても、捨てなおしたりせずに、ちゃんと飼ってくれる人を探して歩いたんですね。偉いです。本当にご立派だと思います。それも親子で同じように!

私は、家で飼えないとわかってもただめそめそ泣くだけでした。見かねて父が親戚に頼んでくれました。小学生のchoco-latteさんにできたことが、当時高校生の私にできなかったんです。反省しなくちゃ。そして今度同じようなことがあったら、自分の力で飼ってくれる人を探せるようにがんばってみたいと思いました。

きっと猫ちゃん、choco-latteさんに育ててもらっても、立派なにゃんこになってくれたでしょうね♪


[131]>129 うわぁ TinkerBell

私は彼氏いない歴が年齢とイコールなので自分の体験はありませんが、友だちがこっそり彼氏と旅行に行っていいムードになった時、あと一歩というところで彼氏から、お前のお母さんからくれぐれも間違いを起こさないようにと釘を刺されているんだと言われて、ナイショできてるのになぜ?ってすごく焦ったと言ってました。

親って何でもお見通しなんですね。そういえば私も参考書代ちょろまかしてマックにばかり行っていたら、母から「あなた知識じゃなくて皮下脂肪つけてるの?」と言われたことがあります。ぞぞーっ、ぶるぶる。


[132]振り込め詐欺 choco-latte

振り込め詐欺がニュースで報道されたとき

うちの弟が母を試そうと思って

「オレ、オレ」って電話したところ


「何?いくら振り込んで欲しいの?1億?2億?いくらなの?!」

と母。

家に電話するときはいつも「オレ、オレ」って言って

これなら大丈夫だーって弟と話していたら

ある日

いとこのおじさんから電話がかかってきたときに

「あ、○○(母の名前)か?オレだけど…」

といったらそこでも

「何?いくら振り込んでもらいたいの?」

と母…

おじさん「あ、え?え??」と焦っていたらしい(笑)


[133]>118 思いのほか都会育ちのヘビ toku4sr4agent

ヘビって都会で生活しているものなんですねー。

もっと木のうっそうと茂ったところに棲んでいるものだと思っていました。


でも、もしかしたら、

マムシのように毒のあるヘビと、アオダイショウのように無毒のヘビとでは分布が違っていて棲み分けしているのかもしれませんね。

(ヘビの生態に詳しくないのでわかりませんが)


[134]>99 言葉がありません・・。 mekishiko

TomCatさん、すばらしいお話を本当にありがとうございます。


TomCatさんの愛犬は、以前の飼い主に捨てられたことは

本当につらかったでしょうが、その後TomCatさんと出会い、

そしてすばらしい獣医さんとのご縁もあって、

これ以上ないほどの幸せを受けた生涯だったと思います。


「あなたの犬は死んだんじゃない、あなたが送りだしてあげたんです、

大仕事をなし遂げましたね、それを喜びましょう」

という言葉が胸にせまってきて、涙を止めることができませんでした。

本当に、そのとおりだと思います。


そして、TomCatさんが愛犬の最期に伝えた「ありがとう」という言葉、

心から信頼し合えていたからこそ、

心から愛していたからこそ、

そして出会いを心から感謝していたからこそ、

出た言葉なんだとしみじみ伝わってきました。

おかげさまで、うちの愛犬の最期に「ありがとう」という

言葉を伝えられたことの意味を、改めて実感することが

できました。


私達がこうしてここでご縁があったように、

きっと虹の橋でも愛犬同士がご縁をいただいている、そんな気が

してなりません。コメントをくださったこと、

本当にありがとうございます。心から感謝いたします。


[135]>101 文鳥うどん事件 toku4sr4agent

ハザマさま

小さい頃から小鳥は好きでしたねー。

文鳥うどん事件(?)は確か小学校5、6年の時だったと思います。

その後看病の甲斐なく亡くなってしまい、そのことが悲しくて、作文に書きました。

クラスの文集にもそのことを書いた記憶があります。

(でもその文集・・・今どこに行ったかわかりません(苦笑))


そうそう、小鳥っていろんなところに潜り込むんですよね。

インコはバスタオルの中が好きでした。

(勝手にもぐりこんで、遊びつかれ、挙句中で眠ってしまう・・・)


さよなら三角さま

(またきて四角?すみませんCMの見すぎです。いつもお名前を拝見するとあのCMを思い出してしまいます。)

そうそう、文鳥よりうどんが心配だったみたいです<妹

その日のうどん特別に美味しかったのかもしれません。


TomCatさま

文鳥もインコもかわいいですよね♪

ところで、小鳥は高いところも好きで、手に乗せると肩に移動したがり、そして肩より手を高いところに上げると今度はそっちに移動します。

そんな遊びが面白かったです。



こんなところでまとめレススミマセン。


[136]>135 こんなところで… sayonarasankaku

toku4sr4agentさま

以前、いわしでかいまきのこと、ありがとうでした。

持ち数、使い切ってしまってお礼できませんでした。

あのときの、インコの寝袋(?)大笑いでした。

全然関係ない話題でイエはてなさん、ごめんなさい。

toku4sr4agentさんは本当に鳥と縁が深い方ですね!


[137]>122 白いヘビとは! Fuel

たしかそれって、何かの神様のお使いですよね。すごく縁起がいいんじゃないですか?たしか弁天様とかそういう、金運を授ける神様のお使いだったような。うらやましいですね!


[138]>105 私はよく携帯を落とします Fuel

もう二回もトイレ水没事件をやってしまいました。和式だと危険率が高いみたいです。乾かしても、もうメモリは戻ってきてくれませんでした。私にもチェーンが必要みたいです。


[139]>4 ストレスじゃないですかね BROWN6

土壁を彫るなんて相当イライラしてたんじゃないですかね。


[140]>117 私も思わず笑ってしまいましたが Fuel

ものは考えようです。人前でおならして平然としているオバハンより、女性らしいはじらいを持ち続けているお母さんの方が何十倍も素敵ではないですか。そんな素敵な女性を身を挺して守った小学生なんて、めったにいるものではありません。お手柄でした!


[141]>120 下には下がいます Fuel

私なんか、鳥の糞にやられたと上を見た瞬間、犬の糞まで踏んでしまったことがあります。その日はよほど運に恵まれていたらしく、帰りに駅の自転車置き場に行ったら、サドルにまで鳥の糞が付いていました。


[142]>139 犬もいたずらするみたいですよ Fuel

ストレスがたまると地面を掘る犬がいるみたいですが、壁ですから、もしかして興味本位で掘っていたのではないでしょうか。掘れないと思っていた所を触ってみたら掘れるとわかって、面白がって掘ってしまったんだと思います。きっと何日もかかって掘り続けたんでしょうね。根性ですね。


[143]>71 スズメ、よかったですね Fuel

発見した猫も助けたTomCatさんも大活躍でしたが、獣医さんも素晴らしい人ですね。入院させてくれた上に無料とは驚きです。動物を物のように扱う人もいれば、こんなに大切にする人もいると知って、とてもうれしくなりました。スズメ一羽でも命は尊いですね。


[144]堅物親父のつぶやき Fuel

うちの親父はとても堅物です。家でもあまり話をすることがなく、いつもむっつりしながら座っているような人でした。

その父が、食後にテレビを見ている最中、まだ日テレジェニックだった頃のゆうこりんを見て、低く静かに一言。「かっわいいなぁ…」。

本人は心の中でつぶやいたつもりだったのでしょうが、はっきり声に出てしまっていました。それを聞いて家族は皆一瞬固まりました。母など、持っていた湯飲みを本当に落としてしまったほどでした。

後日、ゆうこりんの載っている雑誌を父に譲りました。父は真っ赤になりながら、あ、いや、うむ、などと照れ隠しをしていました。それ以来、家の中の父が少し柔らかくなったようです。


[145]>144 ゆうこりんも sayonarasankaku

お父様もかわいいですね♪


[146]>22 猫ちゃんお手柄!笑 hanatomi

猫ちゃんかわいいですね。褒めてもらいたかったんでしょうね!動物の話ってホントほのぼのしてて癒される?。

ヘビは、昔からずっときっと貴重な蛋白源だったんでしょうね。お父さん生活の知恵ですね。

昔「おおさんしょううお」を偶然捕まえて、(すぐ逃がしました)今は天然記念物で絶滅寸前だと聞いて、なぜかなと思ったら鶏肉に似た味らしいのです。(もちろん鶏肉の方が美味しいと思います)

昔は色んなものを大事に頂いていたんだろうなと思います。

ヘビもねずみも、ばったも。

戦争中はふすまも食べたと聞きますし。そうやって生き抜いてこられたおかげで今の皆がいるわけで、皆、ヘビや木の実や雑草のおかげでここに生きて入れるんだと思います。

昔の人の生きる力や知恵はホントにありがたいなと思います。

いじめたり殺生はかわいそうですが、頂いたからにはありがたく大切に頂きたいです。


[147]>36 お部屋がコンサバトリー状態!?でも素敵。 ie-ha-te-na

サンルームさながらに太陽がサンサンと当たる部屋に、所狭しといっぱいの植物たち!素敵なコンサバトリー部屋です。部屋の彼女はちょっと(どころかタイヘン?)動きづらいと思うけれど、想像するととても気持ちのいい部屋だと思います。

私もミニジャングルみたいにグリーンをいっぱい置いたサンルームが欲しくなってきました。いい空気と太陽のあったかい光!素敵だ?。

〈ハザマ〉


[148]>37 実家では一升瓶の中にムカデ地獄!! ie-ha-te-na

顔の上をムカデが…ゾッとするお話です。私の一番恐ろしい虫は昔から何といってもムカデ。私の実家も山手にあって、特に子供の頃はよく出たものです。夏など、学校から帰ってくると、玄関を開けたところから、どこかにムカデがいないか確かめながら家に入っていかなくてはいけないくらい。

ある日は、眠ろうとお布団に入ってしばらくすると、ピトッ、と耳元で音がして…一瞬で、ムカデだ!と思い飛び起きて電気をつけたら、天井から落ちてきたムカデが私のお布団に入ろうとするところでした。もぅ忘れられません。ある日は、猫の首輪にムカデが這っていたり…。

で、いちいち退治するのに難儀なので、実家では少しお酒を残した一升瓶を用意して、その中に菜箸でつまんでムカデを入れ、閉じ込めて放っておくようになりました。次々と入っていき…見るのも恐ろしいムカデ地獄でしたー。

〈ハザマ〉


[149]>39 同居虫になったのかと思いました(笑) ie-ha-te-na

カゴに入れていきなり新婚さんちの同居虫になったのかと思ったら違ったのですね。でも、近くにカブトムシがいるって、いい環境の所に住んでいらっしゃるんですねー。

そういえば、昔は子供なんかがよく昆虫を捕ってきて育ててましたが、今も多いのでしょうか?カブトムシやクワガタは人気ですよね。私はよくオタマジャクシも育てたなぁ。今の子供たちはカエルなんてもしかすると気持ち悪いかも?

〈ハザマ〉


[150]>44 犬は冬の水も雪も大好き! ie-ha-te-na

あぁ、とてもきれいな家族と海の風景が目に浮かびます。ワンちゃんは冬の冷たい水でも雪でも大好きですね!さぞうれしかったことでしょう、自由に走り回れる広い海岸。リードを付けてお散歩も楽しいけれど、時には野原や海辺を思う存分駆け回らせてあげたいですよね。私は小さい頃に飼っていた犬が雪の中をうれしそうにはしゃいで走っていたのを思い出しました!

〈ハザマ〉


[151]>64 私の額に命中!の恐怖 ie-ha-te-na

もう10年くらい前ですが、奴が飛んで私の額に命中した時は、気絶しそうでした(笑)。クローセットの上から真正面に飛んでくる姿は、薄羽根の動きまでスローモーションで見えました!

〈ハザマ〉


[152]>132 肝っ玉かあさんにはかなわない!? ie-ha-te-na

あはははは!!お母様のそのレスにはおじさまもたじたじだったでしょうねぇ!もし実際に「オレオレ詐欺」から電話がっかってきたとしても、その猛反撃で撃退できること間違いなし。このご時世、それくらいの肝っ玉がないといけません。見習いたいものですー。

〈ハザマ〉


[153]家の中にアリの行列 tibitora

子供の頃家に帰って自分の部屋に行くと黒くて長い線が。よく見るとアリの行列で、口を閉め忘れてたアメ(個包装じゃないやつです)の袋に一直線でわらわらと・・・・。ホウキのえに引っ掛けて、袋ごと外に放り出したら、しばらくしてから列のアリも帰っていきました。


[154]>135 小鳥の思い出作文、じんときました。 ie-ha-te-na

やっぱり小さい頃から小鳥がお好きで、作文にまでしちゃうくらいだったんですね。可愛い動物はどうしようもないほど別れがつらいものですが、幼少からそんな出来事、楽しいことも悲しいことも沢山体験していると命の有難さが痛いほど胸にしみているでしょうね。作文のお話も思わずじんときてしまいました。私など、今いる猫たちがいつかいなくなると思うだけで、いつでも泣けます。。

タオルの中で遊び疲れて眠る小鳥!私は鳥を飼ったことがないのですが、小鳥の可愛いらしさをいっぱい教えてもらっててうれしいです。文鳥うどんのお話もずっと忘れられそうにありません(笑)

〈ハザマ


[155]>151 なぜか飛ばないと思い込んでいて rikuzai

小学生の頃、部屋の隅に追い詰めたら飛んだので驚きと恐怖で立ちすくみました…。

這ってるイメージしかなかったんですよね。

初めてヤツが昆虫だったことを思い知らされました。


[156]>153 かつてうちでは羽根アリの大群が! ie-ha-te-na

アリの行列にも一瞬ギョッとしますが、私が前の前に住んでいた部屋では、ある夏の夜、羽根アリが電灯と窓にびっしり大群で押し寄せてきて大騒ぎになったことがありました。山もわりと近く、庭もあったので、大群で移動していたのでしょう。仕方なく羽根アリ退治のスプレーを吹くと、バサバサバサーっと白いカーペットの上に落ちて、これまたタイヘン。結局何千匹も生きたまま掃除機で吸い込み、そのまま捨てるハメに。翌日からは、夜になると電気の光に集まってくるので、外の庭に特設の電灯を煌々と灯して凌ぎました。今思い出しても寒気がする一件でしたー。

〈ハザマ〉


[157]>138 小さい頃はまだ汲み取りで… rikuzai

自転車の鍵を落としてしまったことが…。

探しましたよ、棒切れ持ってきてぐるぐると。


ちなみに私は財布をスリにやられてから数年間ずっとチェーン付の財布を使っていました。


[158]>121 うちも似たことがありましたが rikuzai

私が「お父さんは一人だとご飯とか作れないからお父さんの方についていく」と言ったそうで、

(あまり記憶がない)

未だに時々母上が愚痴をこぼします、ついてきてくれなかった、と。

でもなぁ、一人にしちゃいけないとおもったんだろうなぁ…。


[159]ひよこが大きく育ちました tibitora

子供の頃、お祭りで買ってきたひよこが大きく育ったので、家の中で買う訳には、と父が古い犬小屋を改造して鶏用の小屋を作ってくれました。お祭りのひよこは弱いコが多いと何かで聞いた事があるのですが、家にきたコは凄く元気で小屋づたいに高い所まで上がったりしていました。今は実家に猫がいるので、甥っ子がひよこをほしがっても家に連れて帰るのは無理なのですが、ひよこも鶏も可愛いです^^


[160]>89 覗くどころか rikuzai

ちょっと目を離した隙に、幼児だった弟が打ち上げ花火を手に持って火をつけてました…。

当然火がつくなり火花の大噴射。

びっくりして弟は花火を放り投げ…。

そりゃもう大変なことに。

幸い火事などにはなりませんでしたが、

しばらく弟は手持ち花火を避けてましたね。

今は大丈夫ですが(^_^.)


[161]>15 イタチが「ねずみホイホイ」に?! H-H

うちにもイタチ現れましたよ。

ある日から、一階と二階の床の隙間をねずみが運動会する音が

始まったんですね。

その音は、ねずみの大行進のような大きな音で、

一週間くらい悩まされました、

そして、一週間後、台所のねずみホイホイを顔につけてとれなくて、

イライラしているイタチがおりました。

第一発見者の私は「きゃー!!!」

でかくて、家族全員びっくりしました。

ねずみじゃなかったんだぁと唖然としたことは未だに家族の話にでてきます。

うちの家は田んぼはあるけど、山や藪などは無いのですが、

いるのですねぇ。


[162]>6 なぜか結構遭います rikuzai

インタビュー。

関東圏ならいくらでもありそうですが、

関西圏にも関わらず↑以外にも何回か。

某ワイドショーでやっている恋人選びも一回遭遇しましたよ。

テレビ局のストラップをもらいました。


…今田さん背高いんですね。ちょっと意外なかんじ。

そういえば芸人さんは見かけますね、時々。

若手さんとか気づかないだけですれ違っているんだろうなぁ。


[163]寒がりな兄の珍事件 H-H

家族でお出かけ前の出来事でした。

寒いのが嫌いな小学生だった兄が、

お出かけ用のジャンバーの裏地をストーブに向けて、

暖めていました。

その作業のためにストーブの前から追い払われた私は

兄の横暴に耐えていました。

そして、でかける時、

なにやら変なにおいが、、、

兄のジャンバーの裏地がブクブクと泡をたてて、

溶けていたのです。

兄は上着がないのでお留守番になりました。

ブクブク溶け出すまで暖めていた兄の欲張りなところとか、

いじめられていた私は未だにそれが面白くて仕方ありません。


[164]>158 子はかすがいですね。 H-H

子供のおかげで、離婚を踏みとどまった、家族ってたくさんいらっしゃるんでしょうね。

toughさんの子供の時の発言は両親にぐっときたと思います。

ホントに良かったですね。


[165]>152 うちの母も「たいへんよくできました!」 H-H

うちの母親には実際に詐欺電話かかってきましたよ。

「娘さんがものすごい借金をしているので、娘さんの代わりにお金を振り込むか、

娘さんの連絡先を教えてください。」

となんともお粗末な電話でしたが。

母なら、振込み兼ねない。。。

でも母は「娘とは縁を切っていて、5,6年連絡とっていなし、

今、生きているか、死んでるかも分かりません!」

ときっぱり言ったらしい。

関心、関心。安心しました。


[166]>160 ダメ、ダメ、覗いちゃ。。(笑) H-H

タイトルはかわいいけど、叔父様、本当に、直撃しちゃったんですね。

笑ったらいけないけど、笑っちゃいました。

それは、語り告がないといけませんね。

私は、10発発射の手持ち打ち上げ花火が反対から出てきて、びっくりしたことあります。

花火って、ちょっと危険なときあるけど、そういうスリルまたが面白いですよね。


[167]>154 小鳥が好きなので toku4sr4agent

今でも飼いたいと思うことがよくあります。

セキセイやオカメは寿命が比較的短いので今から飼っても自分が先に死んでしまったり、仮に不慮の事故で死んでしまっても他の飼い主を探すのは比較的容易かと思うのですが、


別のインコやオウムは長いものだと30年、40年は生きるものもあるので、自分の年齢を考えると、寿命が長いインコさんは飼えないなぁ・・・と思って躊躇してしまいますね。

珍しい種類だと他の飼い主さんを探すのは大変そうなので。


なのでなついてはくれないですが野鳥で我慢しています。


[168]>136 返信有難うございます。 toku4sr4agent

>持ち数、使い切ってしまってお礼できませんでした。

わざわざこちらで返信有難うございます。


でも「かいまき」というキーワードで、グーグルのイメージ検索をした結果、まさかあんなもの(笑)が出てくるとは思いませんでした。

(私もこれで持ち数使いきりです。

コメント返信をしたい記事があった際には、イエはてなさんのダイアリーや自分の日記などでしようと思います。)


[169]白菜から育った命 momokuri3

白菜をむいていたら、小さな虫が出てきました。この虫にとっては白菜の中が母親のお腹の中と同じだったのだろうと思うと、そのままゴミのように捨ててしまうことができなくなりました。

白菜の葉っぱと虫を入れ物に入れておいたら、虫はよく葉を食べ、大きく育っていきました。それから虫は色が変わり、動きが鈍くなっていきました。弱ってきたのか、サナギになるのかとハラハラしていると、そのうち糸で体を固定しはじめました。

サナギになった虫は、しばらくずっと音沙汰なしになりました。生きているのか死んでいるのかわかりません。でもちょうど日曜日に羽化が始まりました。サナギの殻を割って綺麗な蝶が……違います、蛾でした。小さな可愛い蛾がよいしょよいしょと這い出してきました。くしゃくしゃの羽根がしばらくするとピンと伸びて、立派な蛾になりました。

そして初飛行。ひらひらと私の周りを飛び回り、壁にとまりました。外はいい陽気になっていたので、窓を開けてそちらに誘いました。

蛾はしばらく窓のそばをひらひら飛んでいましたが、そのうち風に誘われるように、窓の外に飛んでいきました。長い間ありがとう、元気でなと手を振りましたが、もう蛾の姿は見えませんでした。

白菜から出てきた小さな虫ですが、ひとときの家族の一員でした。


[170]>159 友人宅では育ったヒヨコが犬と仲良しに! ie-ha-te-na

お祭りのヒヨコってちゃんと育てればわりと元気に大きくなるんですよね。高校生の頃、私の友達の家でもみるみる大きな鶏に育って、お庭で元からいたワンコと一緒に犬小屋で寝るくらい仲良しになってました。でも、甘えん坊で犬にじゃれるのですが、何せ鶏にはくちばしが…そのワンコはいつも鼻の頭から血を出してました(笑)。

〈ハザマ〉


[171]>169 野菜から出てきた虫を育ててみる」っていうサプリもアリ!? ie-ha-te-na

野菜から青虫が出てくることはよくありますが、それを育ててしまった人は日本広しといえどもmomokuri3さんくらいではないでしょうか(笑)。普通は気持ち悪がって葉っぱごと捨ててしまうところですが、何と羽化して旅立ちまで見送られたとは!きっといつか「蛾の恩返し」で不思議ないいコトがあるにちがいない!?心和ませて頂きましたー。もしかして、「野菜から出てきた虫を育ててみる」っていうサプリもアリなのかも!?ですね^^。

〈ハザマ〉


[172]>171 すごいな… MINT

飛び立った時の様子が、まるで妖精みたいだと思いました。大切にしてくれてありがとうって、お礼を言いながら飛んでいたみたいな…。

本当に「蛾の恩返し」があるかもしれませんね。

どんな命も大切にしなければと教えられた気持ちです。


[173]>170 にわとり、かわいいですね MINT

小学生のころ、学校にいました。私も少し世話しました。

わんちゃんとにわとりって、仲良しになれるんですね。犬の方がずっと強いのに、やさしいわんちゃんです。でも鼻の頭…。きゅ、急所じゃないですか?痛そう。わんちゃん、ごくろうさま。


[174]>164 いいお話です MINT

世の中には、どうしても別れなければならない夫婦もいると思います。でも、子供のために思いとどまれるなら、それが可能な夫婦なら、別れない方が幸せだと思います。

うちの弟は両親がけんかしているといつも割って入って、まあまあまあ、ぼくの顔を見て○年前のあの晩を思い出してよ、なんて言って父に追いかけ回されています(笑)。


[175]>163 やけども火事もなくてよかったですね MINT

いじわるお兄ちゃんに、かちかち山みたいな事件!

それからはやさしいお兄ちゃんになりましたか?もしならないと、今度は泥の船が…。きゃぁ。


[176]>145 ぷぷぷ、かわいい♪ MINT

お父様、こりん星人の魅力のとりこになってしまったんですね。

「かっわいいなぁ…」の「っ」にすごく気持ちがこもっています。きっと本当はやっさしいぃお父様なんでしょうね。


[177]>156 うちにもアリさんの大群が MINT

私の部屋のお菓子をねらってやってきたことがあります。きゃーと叫んだら弟がやってきて、アリは臭いの道をつけてやってくるから通り道の臭いが消えると帰れなくなるんだ、とだけ言って去っていってしまいました。

あとはひたすら、早く食べて帰ってと祈るばかり。どこに臭いの道があるのかわからないので歩き回るのも恐く、けっきょく三日間部屋に入れませんでした。

外で見るアリさんはぜんぜん恐くないのに、家で見るアリさんは、なんであんなに恐いんでしょう。


[178]>74 すごくかわいかったです♪ MINT

爪先立ちながら、人間でいえば胸を張っているような感じで、「なかがわー、なかがわー」って鳴きながら部屋に入ってきたんです。その様子がかわいくて、おかしくて。

先生も何度もかわいいと言ってくれて、スーツなのに猫を抱っこして、帰りに猫の毛取りのガムテープが必要なほどでした。


[179]みつばちが訪問 tibitora

洗濯物を仕舞っているすきに蜜蜂が入ってきて、それを見た猫が取りたそうに興味津々。猫が刺されてもいけないし、蜜蜂は一度刺すと命を落としてしまうので敵意をかきたててはいけない;猫を別の部屋に入れて、ベランダ、窓を全開にしてなんとか出て行ってもらいました。


[180]>165 おおっ! choco-latte

肝っ玉もいいところですよー。

真昼間に卑猥ないたずら電話がかかってきたときも

「アンタ、暇だね。職探したら?」と言ったらしいです。



H?Hさんのところには実際かかってきたんですか?

「死んでるか、生きてるかわかりません」って…。

逆に教えてくれって逆ギレしたら相手もひるみそうですね。

だんだんすごい巧妙になってきてるらしいですよね。

登場人物(電話の向こう側には3人くらいいたりするらしいですし…)

会社のお金を横領したとかいって。。会社の上司の名前とかまで出してくるみたいですよね。

ていうか、どうやって周りの人の事まで調べてるんだろう。


[181]>179 うちの犬は choco-latte

ギャオーン、ギャオーン泣き叫んでいたので、病院に連れて行ったらみるみる

鼻が膨れてしまっていて。原因不明だったので心配していたのですが

病院の先生に「蜂に刺されちゃったみたいだね」って…。

あのときは本当にビックリしました。

動物って危険なものの区別がつかないから本当に困りますよね。

道路に歩いてたゴキ○リをおっかけて食べようとしたり…。


[182]>100 レスありがとうございますです。 hanatomi

この事件は幼心に深く刻まれ、それから何かを捕まえてもすぐ逃がす、もしくは捕まえなくなりましたです。

浦島太郎のようにカニさんの国に行ったら、あの時は寂しい思いをさせてごめんとあやまって、ご飯をご馳走してあげたいです。(パンとか食べるかな?)


[183]>174 しみじみ。 hanatomi

ほんとに子は、かすがいですね。


[184]>178 お話しする猫 hanatomi

かわいい?!

みんなで囲んで笑っている姿が目に浮かびます。

^?^

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ