人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【素朴な疑問】
ADSL回線は距離が離れると速度が落ちる。
という話はよく聞きますが、なぜなのでしょうか?

「ADSLのような高周波数の電気信号は距離が離れることにより信号が減衰する」
というのは理解しているつもりです。
で、ふと考えて見たのですが、

距離が遠い場合:
データ送信

信号が減衰しきっていて、全くデータとして読めない。

うまく送れなかったので、もう一度、送信しなおす。

結局、信号が同じように減衰するので、データとして読めない。

以下、エンドレス。




と、なり、全く通信できないか、平常のスピードで通信できるか、のどっちかになるのではないでしょうか?

たまに(どれくらいの確率かわかりませんが)、
うまく送信できたパケットを見つけてデータの送受信を行なっているのでしょうか?

なんだか、ものすごい効率が悪い気がします。
実際には、どんな風にADSLは通信を制御してるのでしょうか?

●質問者: hina1981
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:ADSL エンドレス スピード データ パケット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● pikupiku
●5ポイント

http://www.kyoto-inetbb.jp/support/faq/faq_adsl.html#Q5-8

放送波や電磁波などの影響

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

このような要因が、なぜに速度低下につながるのでしょう???


2 ● samejima
●50ポイント ベストアンサー

http://www.kurejbc.com/technical/technical-1.htm
周波数を細かく分けて、使い物になる周波数帯を使っている。

http://impromptu2.hp.infoseek.co.jp/adslbasics.html#training
距離が離れると高周波数帯から使い物にならなくなるので、その分遅くなる。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

DMTという方式が使われているのですね。


周波数帯域を複数に分割し、各帯域毎にどれくらい流せるかをチェック

うまく流すことができた周波数帯域を利用してデータを送受信。


みたいなカンジですね。

これだと、「高周波帯域が減衰しやすいので……」という意味も理解できます。

結局、基地局から遠かった場合には、減衰しやすい高周波帯域は使わない(使えない)ことになるのですね。


3 ● arhbwastrh
●10ポイント

IPパケットに分割してデータのやり取りをしています。

IPv4だと最大64Kbytes以上のデータは扱えないので、データを分割するわけですね。

で、IPパケットの各々にヘッダ(便意上、1ページ、2ページとします。ヘッダに合計10ページですと書いてあれば、1つでも届けば足らないページがわかりますよね。)をつけています。そして、受信した側で最終的にIPパケットに分割したデータを統合してデータのやり取りが終わるわけです。このとき、「1ページ目が無い」とか「2ページ目が劣化してて読めない」とか気づくわけですね。それで、届いていない分を再送信してもらうわけです。

後は、○秒以内に届かなかったら再送信をするという決まりもあるのかもしれませんね。届いたか届いていないかの確認は、届いたら受け取った側が「届いたよ?」とメッセージを送るのでしょうかねw

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

誤って回答を開いてしまいました。

すみません。


4 ● kn1967
●20ポイント

耳の聞こえ難い人に話し掛ける場合に例えると、

(1)大声で話す

(2)ゆっくりと話す

のいずれか、もしくは両方になりますよね?


減衰によって信号が届き難くなる事への対抗策も同じで、

(1)信号の出力を上げる

(2)信号1つ1つの長さを伸ばす

となりますが、信号出力を上げる場合は機器周辺・ケーブル周辺に対して高周波を垂れ流してしまわないような対策が必要となり、電話線を使って安価に高速通信環境を実現するという事とは反対の方向になってしまいますので、信号を伸ばす方向で対応という形になります。


信号を伸ばすということは、同じデータをやりとりする時間(通信速度)も延びる(遅くなる)ということになります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

上の方の方のDMTを噛み砕くとこんなカンジですね。

家族から説明を求められているので、そこで使わせていただきます。


5 ● miyahiko
●50ポイント

DSLというのは、周波数140KHz?1.1MHzを使う通信サービスです。

確かに、高周波は距離が離れると信号は減衰します。

ですが、考え方としては

距離が遠い場合

データ送信

高周波域が減衰し始める

低周波域のみが届き、速度が速くならない

です。

「高周波を使う」のではなくて、

高周波もいっしょに使えるから、速度が

向上すると考えましょう。

ちなみにADSLの使用場所が、NTT収容局から8Km以上はなれているか

伝送損失が50dB以上在る場合、ほぼつながりません。

というより、開通させてくれません。

http://www.musen-lan.com/adsl_toha.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

高周波数帯域が減衰により使うことができず、結局、低周波数帯域のみを使ってしまう、ということですね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ