人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

猫の里親募集のサイトの書き込みを見て連絡を取り、猫をもらう段取りを進めていましたが、
先方の懐疑的な態度が不満で破談となりました。
詳細は下記の通りですが、里親募集の業界(?)では先方の対応は普通なんでしょうか?


1.私から猫が欲しい旨メールした。
掲示板上の譲渡条件は、「一生責任を持って、完全室内飼いで、大切にする。」の一文のみ。

2.先方からの返信
・距離があるので見に来て欲しい
※距離は車で約2時間(高速利用)

3.私が出て行くことを了承し、日時と私のTELをメール
同時に猫の健康状態を問い合わせ

4.先方からの返信
・健康診断で異常は無し
・譲渡条件に、「免許証の提示をし合う」と「誓約書への署名」の追加を要求

誓約書:http://www.satoya-boshu.net/seiyaku.htm

5.私からのメール
・譲渡条件の追加を了承

6.先方からの返信
・人間同士の信頼関係を築く必要がある
・譲渡条件に「半年間の猫の様子の報告」の追加を要求
・距離があることを理由に誓約書の内容変更を要求

契約書:http://park17.wakwak.com/~tails/keiyakusyoseisiki002.htm

7.先方への不信感を理由に、私から破談を申し出ました。


●質問者: altobenz
●カテゴリ:生活
✍キーワード:サイト メール 人間 信頼関係 健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 33/33件

▽最新の回答へ

[1]異常 booboo_002

良心的な里親募集者であれば、希少種(つまり血統書つき)でないケースでは、そこまで強い要求をする前にして欲しいことがあるし、わたしだったらする。


[2]少々行き過ぎの感もありますが OTTii

それだけ里親側に心ない人が多いんでしょうね。元親側の気持ちも分からないでもないです。

質問者さんはどのあたりに不満を感じたんでしょうか?条件がどんどん増える事?

面倒な手続きがおいやであればペットショップを利用されては?


[3]これぐらいが普通であって欲しい castiron

現状に照らし合わせればやり過ぎなんだろうけど本来ならもっと厳しくても良いはずです。

懐疑的なんて大いに結構だと思います。

逆にほいほい里親に出すような人の方が問題です。

この里親の方はそれだけ責任を持ちたいのでしょう。

捨てるぐらいなら殺すぐらいの覚悟のある人しか動物を飼うべきではないです。

私はドイツの免許制(確か犬かな?)を是非とも取り入れるだと思います。

雑種?人間の勝手な価値観なんだから生まれてきた動物に雑種も血統もないだろう。


[4]募集された方次第ですですが、よくあります nkmr

我が家も里親として、猫を迎えましたが・・・

熱心に活動されている方(特に組織的に活動されている方)には、よくある内容です。

また手放されてしまったり、動物実験や虐待に巻き込まれたりさせたくない、など、猫を大事にして欲しい気持ちの強さの現われでもあるのですが、猫に対する気持ちも大事ですが、せっかく迎えてくださる気になった方への気持ちはどうなの?そこまで必要なの?という疑問は常にあります。

猫可愛さなんですけどね・・・。

どちらも押し付けであってはいけないと思います。


[5]半年間の報告は転売屋対策以外の何物でもない miu2d4r

子猫しか売れませんから。昨今の虐待増加と、自分の猫可愛いさに仕方なくの条件提示でしょうけど、

破談になって仕方ない追加の仕方だと思います。


[6]たまたまなのかも chiara

これだけみると神経質過ぎるなと思いますが、多分里親募集の際、諸々問合せがあった中で、失礼な人、信用できない人もいたりして、先方が誰にでも不信感を抱く様になってしまったことも考えられます。同じくコネコ譲りますの募集をした時、人間不信になったという知合いもいました。タイミングもあったでしょうが、altobenzさんが失礼でない対応をしていても前後にそいった方がいると、過剰になってしまう気持も分かる気がします。


[7]ちょっと tekubi

「これが普通だ」と言い切ることは出来ないと思います。


[8]>2 手続きは問題ではありません。 altobenz

里子の幸せを願う元親の気持ちも分かります。

過去に心無い里親の経験があったのかもしれません。

ですが、一番疑問なのは、先方から誓約書への署名を要求してこちらが了承したにも関わらず、

なぜお見合い直前になって、遠距離を理由に契約内容の変更を申し出るのかということです。

距離が遠いことは最初から分かっていたはずなのに。

次々に条件が増えることも、先方に対する不信感の原因です。

こちらの対応に不備があったとも思えないのですが・・・。

先方の対応が世の中の常識ということであれば、ペットショップの利用も検討します。


[9]>6 信頼できない里親はそんなに多いのでしょうか? altobenz

私は動物保護活動のことは良く分かりませんが、

心無い里親の数はそんなにおおいのでしょうか・・・?


[10]>4 よくある話なんですか・・・ altobenz

本当は最初の誓約書も嫌だったんですが、

内容に問題は無かったのでOKしました。

あまりにも先方からの要求が多すぎます。

契約書の内容も一方的で、譲渡する気が無いようにも読み取れます。

nkmrさんが里親となったときは契約書書きましたか?


[11]>3 契約書は読まれましたか? altobenz

まず、懐疑的なのは先方の勝手なので何も言いませんが、

最初から一貫性を持って欲しかったです。

途中から態度を変えるのはどうかと思います。

こちらの対応に不備があったのならわかりますが、そうとも思えません。

また、契約書の内容にしても、「譲渡する」と書いてある割には、

元親・里親の信頼関係が崩れたら、元親の独断で所有権を取り戻せるようなことが書かれています。

これではまるで里親が、元親から委託された飼育担当者のようです。

こちらは家族の一員として迎え入れようとしているのに、

見えない鎖が元親と繋がっているようで嫌です。

猫に罪はないのですが、そんなある種「ワケ有り」の猫を

迎え入れようという家庭がどれほどあるのか疑問です。

castironさんはもっと厳しくしても良いとのことですが、

この契約書の内容がcastironの考えと大筋で一致していて、かつ、

さらに里親の義務を付け加えてもよいということでしょうか?


[12]>9 多いと聞きます skinheadbutt

知人に里親探し関連の仕事をしている人がいますが、そう聞いています。

引き取ってみて、やはりうちで飼うのは無理だ、と連絡をくれるのであれば

まだいいのですが、そのまま捨ててしまったりするそうです。


良いやり方とは思えませんが、先方は新しい飼い主を質問のような遣り取りの中で

選別しているのかもしれませんね。

面倒くさい頻繁な契約の変更などにも屈せずに、それでも引き取りたいと願う里親のことを。


[13]>12 捨ててしまう人が居て、それを心配する気持ちも理解できますが altobenz

質問には文字数の制限で書けませんでしたが、

私は過去に18年間猫を飼っていて、それは先方にも伝えてあります。

それでもどんどんと条件を追加されて、不愉快に思わない方がおかしいと思います。


[14]>13 許容できる範囲が違いますから、人それぞれ skinheadbutt

不愉快に思わない方がおかしい、とaltobenzさんはお考えですが、このいわしをみただけでも、不愉快とまではいいきれないという程度には意見の幅があることに気付かれるかと思います。


次々に追加される条件を前にして、ああ、こんな感じの人から猫を譲り受けるのは無理だな、と思って破談になったとしても、不愉快とは考えずに縁がなかったと諦めてまた次にトライすればよいわけなので、あまり不快さを引きずられない方がよろしいかと思いますよ。

そんなことに気をまわすのは、いろいろもったいないです。


まあ、罵倒されたりしたというのならその限りではないですけど。


[15]>7 だよね t-saitou

契約書持ち出さなくてもいいと思う。


[16]>14 おっしゃるとおりです altobenz

そうですね。気持ちを切り替えます。

ただ、次にトライするためにも、先方の対応が一般的なものか知りたいです。


[17]>12 先日のような事件もあります。 snaruseyahoo

先日、保健所からネコを何匹も引き取り、虐待して楽しむ者(ニート?)がいましたので、

それなりの審査は必要でしょう。

よろしければ、下記サイトもご覧ください。

http://www.geocities.jp/snaruse_intage/index.html


[18]神経質と rikosye

とられるかもしれませんが,現在里親として受け取り,その後虐待したり売りに出したり,実験動物として使用したりと多くの問題があります。

里親を親身にしている方からすればこれくらいしないと,ということでしょう。

悪気はないのだと思われます。


[19]>16 相手も Spaceshuttle

おそらくは「ボランティア」の一般人でしょうから、慣れてないとか、手続き方法が確立されてないとかの事情があるのかも・・・


[20]>10 うちは誓約書レベルです nkmr

うちは(今回の)契約書ほどのものはサインしたことが無いです。

猫のことを考えれば、双方の連絡先がわかったほうが、引き受けた後で何かあったときにも連絡が取れますし、相手にも安心して欲しかったので。

今回、あれやこれやと条件が変わることに不信感を持たれたのが大きいのではないかと思いますが、例えば手続きに不慣れであれば正直に、不慣れでいろいろ変わって申し訳ないというような気持ちが見えれば、altobenz さんのお気持ちもまた違ったのではないかなぁと思います。

元親さんが、人間同士の信頼感を条件に持ちだすなら、里親になろうとする相手に対しても信頼してもらおうという気持ちが大切だと思います。

条件を変更するなら、なぜ変更するのかを、きちんと説明する義務があると思います。私なら納得できる説明をしてもらえなければ、ご縁がなかったものとして、やはり破談にすると思います。


[21]>18 猫を単なる猫としてではなく、自分の子どものように大切な命として責任を持っておられるのかも。それと hanatomi

やっぱり、猫の詐欺に対する不安な情報も多いですから(裁判になりましたね。)慎重になっているんだと思います。

もし万が一、ということになったら子どものように大切にしている命ですから「取返しがつかない」「悔やんでも悔やみきれない」「ミスではすまない」という思いがあるのだと思います。色んな事情がおありなんでしょうね。

近所に住んでいる顔見知りの方に渡す場合と違いいろんな方がいますから、altobenzさんのように良心的な気持ち以外もたれないで猫を飼いたいとやってこられる方 ばかりとは限らないですものね。


[22]>5 雑種でも t-saitou

転売できるものなんでしょうか。


[23]先ずは、サイトの主旨や条件を読みましょう midori0

ご利用のサイトは「いつでも里親募集中」ですね。

犬猫の里親・里子探しのサイトは複数あります。

サイトの主旨や条件は、よく読んで理解しましたか?

ペットショップでの購入や個人間のやり取りとは少し異なるという点も理解したほうが良いです。


[24]保健所でもらってきてください Sakon

雑種じゃなくて○○とか高い高い猫なら、あとあとのことを考えて買ったほうがいいです。


[25]>11 よく読んではいないけど castiron

言われたのでよく読んでみました。

確かに途中で契約書を替えるというのは失礼なことかもしれませんね。

最初から後の方の契約書を見せるべきだと私も思います。

まず最後の質問についてはYESだと思います。

これから書くことは別に里親の方を擁護し質問者さんを非難しているわけではないと言うことを念頭に置いて読んでください。

もし悪意を感じるなら私の文章力のなさが故です。もう一度言います非難していません。

ただ私はこの契約書を読んで本当に大事にして欲しいと元親の方は思っているのだと思います。

元親の方が望んでいるのはあくまで絆であり契約ではないということが分かります。

(最後の方にも書いてあるし)

この絆を鎖と言うのはあまりに味気ないと思います。

質問者さんは契約書は本来そうすべきなのだと思うのですが気分を害されたこともあってかなり悪意を持って契約書を読みすぎているのではないでしょうか?

まっさらな気持ちで読めば決して質問者さんの言うような意味の文章でないことは分かるはずです。

逆にこのような文章がなければどのようなひどい扱いを受けていようがその動物を助けることができないですよね。

私は絶対にこの里親の方は理不尽な理由で猫を取り上げたりすることは無いと思います。

ただ、問題としては愛情表現の問題です。例えば私はこの動物が大好きだからいっぱい食べて欲しいとデブ猫にするような飼い主は私は問題だと思います。しかし質問者さんはそう思わないかもしれないし里親の方も違う考え方かもしれません。

こういった愛情表現という部分でも人間関係の構築というのを条項に加えているのだと思います。

質問者さんの愛情表現によって取り上げるべきだと里親の方は思うかもしれませんから十分そういった部分の齟齬はなくす努力が必要なのでしょう。

私としては質問者さんが気分を害したのはあくまで対応の仕方であることを

里親の方に告げ十分に謝罪を受ける権利があると思います。

いくら里親でもあくまで対等であるべきだし礼節は守るべきだからです。

(これで向こうが逆上するようならやめた方が良いです。)

そしてこれまでの事を水に流してもう一度交渉されてみてはいかがでしょうか。

猫に対する愛情は里親の方も質問者さんも同じはずです。

アプローチの仕方が違うだけで破綻してしまうのはもったいないと思います。


[26]>25 客観的な意見で altobenz

とても参考になります。

だんだん自分の気持ちの整理がついてきました。

私の中で「途中で先方の対応が変わったことへの不満」と「契約書の内容が厳しいことに対する疑問」がごっちゃになってたようです。

castironさんがおっしゃるように、前者の不満が後者を悪く解釈させている部分も確かにあります。

前者については私も最大限丁寧な対応を心がけたつもりなので、今でも私に落ち度は無いと思っています。先方が猫を大切に思う気持ちとのすれ違いで、今回は単にご縁が無かったということでそれ以上の話はありません。

ただ、後者について、改めて契約書を見直しても、やはり元親の権利が保護され過ぎている感が否めません。

例えば、新親がデブ猫にしてしまった場合(私もそれが良いとは思いませんが)、たとえそれが元親から見て我慢できなくても、新親が引き続き育てる権利は守られるべきです。(もう新親の子なんですから)

元親が新親へアドバイスすることはいいと思いますが、強制的に返還を求められる権利は行き過ぎです。

>私は絶対にこの里親の方は理不尽な理由で猫を取り上げたりすることは無いと思います。

結局はこれなんですよね。

元親が信頼に足る人格者であるという保証があれば、元親の権利ばかり書き連ねられた契約内容でも全く問題はないんです。変な話、「猫を死なせたら元親へ100万円払う」みたいな理不尽な条項だってOKです。人格者ならきっと理不尽な権利は行使しないでしょうから。

逆に元親の立場からは新親の人格が気になるところだと思います。

当たり前ですが、お互いに初対面の相手のことなんて分らないですよね。

新親候補だった私からすると、契約書を要求してくる方は普通の人より猫を大切に思う気持ちが強いことは認めますが、それが仇となって新親に必要以上の要求をすることが無いとは言えない気がします。

なので、どうしても契約書を交わしたいというならば、中立的で互いの権利を保証した契約内容であるべきだと思うんです。

ここまで元親の権利が守られた契約書は結果的に、新親候補を減らして孤児を増やす効果しかないように思えて仕方ありません。

新親が猫を虐待するケースも考えられますが、それが契約書で解決するとも思えません。

ん?、まだ私の気持ちがリセットされてないのかなぁ?


[27]>24 保健所にも問い合わせましたが、 altobenz

いまは差し上げられるような猫がいないので、春になったらまた連絡くださいと言われてしまいました。

猫の血統にも興味がありません。


[28]>23 違います altobenz

私は別のサイトの掲示板を見て連絡をしました。

そのサイトには契約書に関する条件はありません。

ペットショップと違うことも理解しています。

ですが、条件を小出しにすることが他の里親募集サイトの趣旨と一致するとも思えません。

条件があるなら、最初から提示すべきですよね。


[29]>28 サイトを表示できますか? midori0

別のサイトということですが。

判断要素がaltobenzさんの話だけになってしまいます。

ご利用のサイトを表示してもらえますか?


[30]>29 ここです altobenz

載せていいのか分りませんが、私が疑われるのも嫌なので。

mixiの会員でないと見れないと思います。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2920


[31]>30 疑ってないです midori0

里親募集のサイトを利用していると思ったものですから。

2枚目の譲渡契約書はテイルズというNPO団体のものですね。

私が見ても正直言って厳しい内容に思われますが、かなり練ったもののようです。

きっと、相手の方はサイトで勉強されているんでしょうね。これなら間違いないと思われたのでは。

そうですね、承諾できないようでしたら、お断りするしかないです。

ただ、飼い主さんにとっては、心配が先にたつのだと思います。

大切なのは、誠意を示して相手を安心させてあげることだと思います。

破談になったそうですが、せっかく気に入った猫ちゃんが見つかったのにとても残念なことです。正式譲渡契約書になっていますから、相手はあなたに譲る気持ちだったと思いますよ。


[32]>31 すみません altobenz

ちょっと言い方が悪かったですね。すみません。

やっぱり契約書の内容厳しいですよね。

これだけ不利な条件の契約を結ぶ以上、こちらも相手を見ます。

今回は先方のお猫様至上主義にはついていけないと感じました。

破談になっても仕方ないケースですね。

契約を結ぶまでは所有権は相手にあるわけで、

私のことを気に入らなければ譲る義務もないわけで・・・。

まぁ、「ご縁がなかった」の一言に尽きます。

(猫は本当に気に入っていたので残念です)

ここで質問をして、今回のようなケースは里親募集の場面ではしばしば見られるものの、

常識というほど一般的とも言い切れないという感覚がつかめたのでとても有意義でした。

最初の誓約書レベルでも譲ってくれる人はいるはずなので、

縁に恵まれるまで、もう少し探してみようと思います。

アドバイスありがとうございました。


[33]>26 私は↓がこの契約書の一番の肝だと思います(契約書の一部ではないが) castiron

譲渡活動において、不審者の多様に不安はつのるばかりです。

ホームステイすら難なくのりこえ、消えるまでに1年を使うツワモノもいるのが実情です。また里親詐欺でなくとも飼養不適格者も後をたちません。私たちは営利優先のペット屋ではありません。たった一枚の「法的効力のある契約書」という紙きれが、もしかしたらひとつの心と健康と命を救うかもしれません。

不審者が法的に所有権を主張した場合には個人活動さえ否定し、契約書の存在も無意味であると主張するケースもあります。たとえ個人どうしであっても約束事が全てなかったことにする行為は許されません。事態が起こるまえに用意周到に願い祈ります。

・動物が実際に移動する際のホームステイ・仮譲渡に関して

・動物の所有権をゆずる際の正式譲渡に関して

皆様のご活躍を心から応援する次第です。

あと難癖をつけるみたいになってしまうのですが

例えば、新親がデブ猫にしてしまった場合(私もそれが良いとは思いませんが)、たとえそれが元親から見て我慢できなくても、新親が引き続き育てる権利は守られるべきです。(もう新親の子なんですから)

確かにこの程度引き取るというのはちょっとやりすぎだと思いますが

殴ることが最大の愛であるという人だって世の中にはいます。

これは結局デブ猫と程度の差はあるけれども同じ問題です。

デブ猫程度なら看過することもできるけど殴られている猫を看過することはできません。

むしろ里親でなくとも引き離す権利が欲しいくらいです。

しかし現実にはそのような権利は存在しないことが昨今問題になっています。

そういう意味でもこれはあくまで保険だと思います。いざ虐待があったときはじめて効力を発揮するのだと思います。

(説明の仕方が悪かったと思います)

あくまで観察→アドバイス→契約の履行というプロセスを経ると思います。

あと私はこの契約書は中立だと思います。それは猫と里親との間でです。元親が利得を求める契約書ではないと思います。

最後に思ったのですがこの契約書の不備は第三者ないし第三者機関がいないことにあるのかもしれませんね。

存在するかどうか知りませんが里親と元親の間を取り持つNPO団体とかがあれば良いですね。

この機関が協議して里親の飼育状況を評価できると思いますし複数人で判断することにより主観的な判断に陥ることが防げるかもしれませんね。他にも冷却期間として一定期間預かっておくこととか里親と元親間での擬似的な裁判やミーティングなどもできるのではないでしょうか?

こんな団体があったら本当に良いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ