人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

■ミュージカルのチケット価格について

ミュージカルのチケットってストレートプレイに比べて高いですよね(特に来日公演!)

人数・時間・劇場・公演期間など、比較するとあまり変わらない気がするのに、なぜミュージカルの方が高い(ことが多い)のか、教えてください。

※憶測は不要です。できれば難しくてもいいので、お金の流れの違いなどがわかるとうれしいです。

●質問者: misachi
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:お金 ストレートプレイ チケット ミュージカル 価格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● しっぽ
●40ポイント

舞台スタッフを仕事にしているものです。

現場の技術職なので、制作についての知識は必ずしも正確ではありませんが、普通の人よりはくわしい立場です。


さてストレートプレイとミュージカルの違いですが、あたりまえですがミュージカルの場合、音楽が占めるウエイトが大きくなります。製作経費から考えるとこの部分はかなり重要です。


まずオリジナルの場合は使用する曲から新しく作曲する必要がありますし、外国の作品を上演する場合は、音楽の使用料などが別途派生することもあります。

当然、名前の売れている作曲家さんに曲を依頼したり、その作品を使用する場合はかなり高額な料金を払うことになります。

また外国作品の場合、上演形態についての条件がある場合も多く(例えば曲はテープ出しではなく生演奏であること、など)それも経費を押し上げる原因の一部となっています。

現場レベルで言えば、音響のシステムはストレートプレイと比べるとかなり複雑になります。

歌い手は基本的にはワイヤレスマイクを使いますので、出演者が多い場合には10本以上のマイクを常時使用することになります。

また歌やダンスのためにオケの音を舞台上におくるモニタースピーカもきちんとつくらなければなりません。

普通の芝居と比べてながさなくてはいけない音楽、効果音の数も多くなります。

また本番で仕事をする音響のスタッフの数も多くなります。


ほかにも細かい話はいろいろあるのですが、このような理由により、同規模の公演の場合、ストレートプレイよりミュージカルの方が製作経費が大きくなります。

その分チケット代にも関わってくるのだと思います。

◎質問者からの返答

とてもわかりやすくお答えいただきありがとうございます。

音楽の費用(作曲・使用条件・ライセンス費用)&現場費用が一番ウエイトが大きいのだろうとぼんやり想像はしていましたが、よくわかりました。

「話を進める上で音楽が不可欠→音のクオリティの高さが舞台の質を決める→費用を高くする要因になっている」というのは「ミュージカル好きをミュージカルにリピートさせる理由」と「ミュージカルに行かない人がいる理由」の両面に効いているような気がします。

どうもありがとうございました。


2 ● from3
●40ポイント

人数と言うのは舞台に立つ人を指しておられるのでしょうか。

ミュージカルは、スクリプト、音楽、ダンスの要素があります。

それぞれ、専門スタッフがつきますので、裏方の数はストレートプレイより多くなります。

後、権利料もスクリプト以外に、音楽の作曲、作詞、編曲、演奏権などの音楽関連と、ダンスの振付関連の権利料も発生します。

ダンスには華やかな照明が不可欠ですし、音楽にはPAも重要です。

それとミュージカルにはアンサンブルという、バックダンサー及びコーラスが相当数、必要です。(「コーラスライン」という言葉がありますが、このラインの後ろにいる人がアンサンブル)

又、主要キャストは、演技し歌って踊るという激務なので、疲労しやすくダブルキャストになることもしばしば。

後、ブロードウェイでのヒットミュージカルとなると、そのロイヤリティだけでも、売上の30%程度持っていかれるということもありそうです。

他には、音楽がテープなのか、オーケストラを使うかでも違いますが、来日公演となると、殆どオーケストラでしょう。人件費も馬鹿にならないと思いますよ。

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。ずいぶん私の理解もすっきりしてきました。

人数、というのはご指摘のとおり、観客側から見た人数(=舞台に立つ人)です。専門スタッフ、制作過程での関係の方々は一般の方にはなかなか見えにくいですよね。


閑話休題。

ミュージカルをミュージカルたらしめる要素(アンサンブル、権利料、オケ、人件費・・)が、全体の費用増につながって、チケット代金に反映されているのですね。

失敗する経営の考え方で行くと「ぎりぎりまで安くしたミュージカル」も実現可能ですが、それだと集客やお客様の満足につながらないんでしょうね。

参考になりました。どうもありがとうございました。


3 ● hamster009
●0ポイント

手間がかかるからじゃないですか?練習しなければならないし。

それにたくさん人がでるじゃないですか。こいつらも練習しなくてはならないし。

だから、弁当代がたくさんいるからですよ。

◎質問者からの返答

質問文に明記してありますが、「憶測は不要」です。


4 ● curibow
●40ポイント

ライセンスや関係者人数、人件費などのことは前の方が書かれていますが、

ミュージカルは歌稽古、ダンスの稽古があり、

作品や製作形態によるとは思いますが、

ストレートプレイの稽古期間と比較して

少なくともひと月くらいは余計にかけると聞いたことがあります。


ですので、稽古期間が増えれば、その期間

キャスト・スタッフを拘束するための費用、

稽古場・スタジオを借りる費用、稽古を進行していく費用を

考えないといけない訳で、単純に考えれば

総製作費もその分多くなる、ということです。

(音楽やプランの使用料・著作権料とかに比べたら微々たるものでしょうけど…)

◎質問者からの返答

ご回答いただきありがとうございます。

稽古期間、パート練習分を考えると月スパンで違ってきちゃうんでしょうね。


皆さんにご回答いただいたことをあわせて考えていくと、劇団四季、東宝ミュージカル、音楽座、(劇団四季も)・・・などの価格の違いもうっすらですがわかってきました。

集客の仕組み、劇場・稽古場の所有有無、役者さん・スタッフさんを専属で雇うかどうか、ライセンス交渉の巧さ、・・奥深そうだな。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ