人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】はてなポッチ2丁目#010

“はてなポッチ2丁目”は、もっと自由にイエを考えよう!を合言葉に、テーマに沿った質問に答えて頂くコーナーです。テーマクエスチョンに「いわし」のコメントで思い思いにお答え下さい。イエはもっと面白くできる、もっとそれぞれの夢と快適があるはず!ここから、自分のイエの理想像をもっとひろげていきませんか?

テーマクエスチョン
「地球のためにいい家、暮らし方」を教えて下さい。

→回答例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070122

※今回の「いわし」ご投稿は25日(木)正午で終了とさせて頂きます。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:いわし はてな イエはてな クエスチョン コメント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 166/166件

▽最新の回答へ

[1]省エネの家 taknt

地球のためにならば 省エネの家ですね。

昔の人が住んでいた洞穴の家なんてのも 地球のためにいいと思います。

木材だけで できた家と 石でできた家の どちらが 地球のためになるのかというと 石だけかもしれませんね。

でも、石の家は 住みやすいのかは 疑問ですが・・・。


[2]どんな理由があったとしても戦争だけは絶対にやらせない、やめさせるという強い意志を、暮らしの中に持ち続けていくこと TomCat

最も大きな地球の危機は「戦争」です。ひとたび戦争が起きれば、全ては火の海です。通常兵器だけでも、京都議定書など吹っ飛んでしまうくらいのCO2が排出され、森林は焼かれ切り倒され、大量の動物が殺されます。戦争の前には、自然環境などひとたまりもありません。

ベトナムで、どれだけの貴重な森林が破壊されたでしょう。森林には敵が潜むという理由だけで大量の枯れ葉剤が散布され、焼夷弾が投下され、貴重な緑と自然環境が失われました。

アラブの戦争で燃えた油田は、どれほどの煤塵と窒素酸化物とCO2を排出したでしょう。流出した油は、どれほどに海洋を汚染して、海洋生物や海鳥たちが犠牲になったでしょう。

戦争を放置しておいたら、どんなにエコを叫んでも、全ては無駄。焼け石に水。戦争は、国家が行う最悪の地球破壊です。

これをやめさせる。どんな理由があっても、戦争だけは絶対にやめさせる。戦争には一切の正義を認めない。戦争を指向する政府の過ちは絶対に見過ごさない。そういう確固とした思考基準を、一人一人がしっかりと持って日々を暮らしていくこと。

もし日本が攻撃されたら? そんな「究極の選択」を迫られた時でも、「その前に一切の軍事衝突を避ける外交政策がとれる政府を選挙で作る」とキッパリ答えられる価値基準を、暮らしの中に確立していくこと。

ゴミを拾い、植物を植え、こまめに電気を消し、リサイクルに精を出す。そんな地球のための行いの都度、「もし戦争になればこんな努力は全て水の泡だ」「これが無駄にならない平和を作ろう」と自分に言い聞かせていくこと。

そしてその気持ちを、暮らしの総決算としての「選挙」に活かしていくこと。これがものすごく大切だと思います。

平和は政治が作ります。しかし、政治は暮らしの中から作られていくんです。少数の有名人政治家が作っていくんじゃない。私たち一人一人の生活の実感が選挙に反映され、それによって国というものは動いていくんです。

究極、平和は私たち一人一人の暮らしの中から作り出されていきます。資源ゴミの分別一つの行動の中にも、その努力を無駄にしない政府とはどんな政府なのかと。それを真剣に考えていく庶民でありたいものだと思います。


[3]>2 ぜんぜん家とは関係ないや taknt

しいて言うならば、核シェルターを持った家?

暮らし方といっても家での過ごし方だと思うな。

戦争は、より悲惨な結末にならないための一つの手段。

戦争しないで解決するならそれにこしたことはない。

犯罪者に説教だけで 改心させるのと同様なもの。

性格がよくなる家。

そんな家があったらいいですね。

すべての人がその家に住んでいたら、戦争なんて 起きなくなるはず・・・。

どのようにすれば、性格がよくなるのか

悪者にならない家になるのかは わかりませんけど。


[4]太陽光発電 mododemonandato

太陽光発電をもっと発展させるべきだと思います。既に一部の事業者は実業化しているようです。


[5]DASH村みたいな暮らし rikuzai

に戻る方が地球にはきっといいんでしょうね。

近年団塊世代の方が定年後農業されるケースが増えてきたと聞きますが、

土に触れ、アナログ・ローテクに戻りたくなるのかなぁと思います。


[6]>3 世界の平和は暮らしの中から作られるという視点が大切です TomCat

核シェルターなんていくら持っても何の役にも立たないでしょう。地球が破壊されてしまえば、人の生活だってそれで終わりなのですから。

大切なことは、「イエの中から、暮らしの中から、政治は作られる」という視点だと思うんです。政治の主人公は、国家の主権者たる国民でしょ? その主権者の暮らす所がイエなんです。

地球のために何かをしようと考える。そうだ、今年はちょっとイエの中でも厚着をして暖房にかけるエネルギーの節約に挑戦してみようと考える。その時、

「この努力は戦争のない社会でこそ実っていく。ひとたび戦争になれば、こんなもので節約できる資源の何万倍もの資源が一日にして消費される。家庭内ウォームビス作戦を成功させるためにも、戦争を望まない政府を作っていこう」

という意識が働いていくことが重要だと思うんです。そうした生活の中から生まれてきた実感が、選挙の投票行動に表れ、国民一人一人の素朴な願いが踏みにじられない政治が実現していくんです。

そういう日本が作れたら、少なくとも日本は戦争の惨禍から守られます。そして、日本から世界に、戦争を絶対起こさない国際政治のあり方というものも提起していくことが出来るようになります。

そういう本当の意味での美しい国民性、品格有る国民性を、イエの中から、暮らしの中から積み上げていくこと。それが大切だと思うんですが、どんなもんでしょう。


[7]今話題のマイバッグ teionsinonome

うちでは随分前からマイバッグです

スーパー以外でも出来るだけ袋はもらいません!


[8]分別収集がしやすいゴミ箱環境作り lovelydustcart

今までのイエって、家庭から出るゴミに対しての配慮が少なかった気がするので・・・思い切ったゴミ箱スペースのあるイエで、リサイクルを促進したいです。


[9]>5 糸井重里さんもそういうテーマをネットで発表しています NAPORIN

永田式農法といって、どこでもおいしい野菜がつくれる

方法を推進すれば定年後農業でもいいという考えがあるようです。

一方では、昨日の読売に、

農業は若い人がなにか面白そうだと思って加入しても

やっていけるようでなければ

なりたたなくなるということを言っていました。

しかし、どうしてもこれだけ豊かになると、

どの分野でもやっぱり暇つぶしとしての人材による価格破壊が

増えるかもしれません。

その中では、農業は逆ザヤなどにより

価格破壊が起こりにくくされていますが、

それが貿易摩擦となり・・

非常に難しい問題です


[10]小さなことからコツコツと rikuzai

いずれ仕事も引退して、田舎に引っ込むこともあるでしょうが、

それまではできる範囲でやっていくしかないでしょうね。


といっても電気代の節約といってビデオやオーディオの電源を切るのは、

オタクとしては辛いもの…。

とりあえず最低限通電しなくていいものはスイッチ付きのテーブルタップを使うようにはしていますが。


とりあえず自分で出来ることとしてゴミの分別はシビアにするとか、

リサイクル可能なものはリサイクルに出すとか、

お風呂の水を洗濯に使うといったことに加えて、

意識してやっているのは、食品の無駄を出さないこと。

毎日夕食を作りますが、二人分なので無駄も出やすいため、

できるだけ数日間の献立を見通して買い物をするようにして、

ゴミにするようなことのないように心がけています。


[11]>7 私も持ってます? rikuzai

買いだめの時はもって行きませんが、

ちょっとした買い足しの時には必ず持って行きます。

最近は柄のかわいいものもあって嬉しいですよね。


[12]>8 韓国はゴミを10種類に分別するそうですよ teionsinonome

10種類もあると一苦労ですけど、5種類ぐらいなら進んで分別したいです

あと、ゴミだしって毎日のことじゃないのでゴミが溜まってるのに出すのを忘れてしまうことがあるので、毎日何かしら回収してくれれば朝家を出るときにゴミを出すのが習慣になって、ゴミだし忘れ防止になると思うんですがどうでしょう


[13]>11 お店によって違う taknt

レジ袋分、ポイントをくれるところは たいていレジ袋は もらいません。

レジ袋をもらっても ゴミを入れて捨てるのに利用したり 役立ててますから レジ袋もたまには 必要ですよね。

そもそも、指定ゴミ袋というのが 無駄だと思いますが。


[14]>9 そうですよね rikuzai

ずっと地でされてきた方をないがしろにするようなことでは、

社会的には良くないですものね。

ただ、Uターンの人の多くは自給自足とまではいかない、

家庭内菜園の延長のようなので価格破壊まではなかなか到達しないかも。


若者の農業離れが深刻な反面、やってみたいという人もいて…

これはマッチングが必要なのかもしれませんね。


[15]家の中から「毒化」を避ける Fuel

たとえば殺虫剤を使わないこと。普通の殺虫剤はほとんどが有機リン系で、サリンと似た成分で出来ています。ダニは通気を良くする、隅っこをよく掃除する、湿気が籠もるのを避ける、日に干せる物はどんどん干すなどで防げますし、蚊は発生源となる貯まり水を作らなければ増えませんし、ハエなどは網戸をすれば済むことです。ゴキブリも巣を作られなければ絶対に家の中では増えませんし、たいていの虫には木酢が忌避効果を現します。ほかにも合成洗剤をやめるとか、家庭内の「毒物」をどんどん追放していけば、家がもたらす環境負荷をずいぶん軽くしていくことができると思います。


[16]もう、作業スペースでない台所 NAPORIN

農家とか、大家族では作業スペースとしての台所は

広いほうがいい。土間もあればいい。

だけど、普通に主婦1人の支える

核家族の暮らしではそれほどもうスペースが要らない。

食器洗い機と小さな冷蔵庫と電子レンジが置け、

最低限の食器がおければ、

作業スペースも貯蔵スペースもそんなにいらないなと思います。

(あと、よくなにかのオマケでもらえる

マグカップだの、

ちょこっと便利にみせかけて安物のピーラーだの

栓だのゴミ用袋だのの台所小物って

全部「要らないもの」だと思う。

「台所」とつければ免罪符になるの?)


揚げ物、太るからしないし。

お客さんも外食で口が肥えてるから

外(お店やキャンプ)で、もてなすほうが多い。

乾物を素人が製造や貯蔵すると、カビとかのほうが怖いし。

流通を利用して新鮮なものを食べるほうがいい。

缶詰やレトルトなどのほうが、圧力を管理しているので

煮炊きのエネルギーコストは家庭がいちいち

ガス代かけて煮込むよりも地球にやさしいですね。

(まあ移送コストは気になるので

国産原料のものを選びたいところですが)


もちろん、孫や子が増えて来てくれるなら

私も農家に引っ越しますけど。

ヤドカリ族とでも言ってください(ふるい)

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ


[17]>4 太陽電池の屋根だらけに castle

実現したら未来の町は眩しそうですね。

太陽電池と蓄電・蓄熱技術もセットで各家庭に設置されていると思います。


[18]>15 タイムリーですね、殺虫剤をつかわない殺虫スプレーが、今日発表されましたよ NAPORIN

http://www.lion.co.jp/press/2007002.htm

あと、合成洗剤をやめても、石鹸を多量に使ったり、

すすぎ水を多量に使用すると、

廃水のBODや環境負荷はおなじことになりますよ。

いちおう、気になったところだけ補足です。

できれば重曹、クエン酸、漂白剤などで置換することには賛成です。


[19]>6 賛成! Fuel

地球のためのあらゆる努力は戦争のない世界であってこそですね。暮らしの中から戦争をやめさせる世論を積み上げていくことは大切です。


[20]>17 屋根には 風車を taknt

太陽光発電とともに風力発電もできるでしょう。

また、風車の羽に 太陽電池をつけて より発電させるなどできると思います。

が、にぎやかそうな街になりそうですね。

あと、雨水をためて水力発電・・・というのも ありますが

こちらは ちょっと無理かな。

川沿いだったら可能かもしれませんが・・・。


[21]>14 意外と先祖を探せば農地が見つかる定年の人、はよい NAPORIN

先祖に農地がない人は、うわさだけで農業の

ロードを過大に見積もるので、

ますます農業に就きたがらない傾向があると嘆いていますね。

マッチングの努力はあるのですが・・・


まあ、人生経験の少ない人はどの業にも恐れを持つものですけど。

「漫画家?徹夜するんだろ」

「サラリーマン?接待とサービス残業だろ」みたいな。

職業占いみたいなのが流行るとこれもまた一面的で困るし、

どうしたもんでしょうね?


[22]>18 不快という理由で虫を殺すのも… Fuel

自然の生態系を考えるとできるだけ避けたい気がしますが…。でも殺虫剤メーカーも、家庭向けに大量の毒物を売ることへの危機感を感じてくれたのでしょうね。そういう面では一歩前進です。

石鹸のもたらす環境負荷は、特に下水以外の雨水管などに流されてしまう分が問題だと思います。下水は処理されてからでなければ自然環境に放流されないですからまだ安心ですが、庭や道路などに流されてしまうとそれがそのまま河川に流れ込むことになります。排水先をよく考えて使うことが大切だと思います。


[23]節電 dankichik

一人暮らしを始めて、節約もかねて、電気を無駄にしないことを心がけてます。例えば、今年の冬はヒーターよりも湯たんぽが大活躍です。


[24]>13 有料ゴミ袋と兼用のレジ袋をくれるところではもらう NAPORIN

行政区域の外の店では兼用でないレジ袋をくれようとするのであわてて断る。

有料ゴミ袋の意味がよくわからないのだけれど、

「受益者負担」ってことなの?それとも、

「意識して分別している」という証明書?

たぶん両方だろうとは思うのだけれど、

近所を見ているかぎり、

とっくの昔に出来ている意識の高い人にとっては無駄だし

そこまでやってもなかなか

うまくいかない人もずっといるものです。

(あと分別の科学的意味に多少疑問がある場合も。

もちろん、分別しないよりはとにかくマシでしょうが)

指導とかして逆切れされてもこまるし、

駐車禁止取り締まり員みたいな資格が

今後はできるんじゃないかな。


[25]>22 石鹸はほとんど油でできていて NAPORIN

下水で処理=CO2に化けてとんでいった、となるのです。

BODというのは、その化学物質を

分解するために必要な酸素量の目安です。

CO2の発生量と密接な関係があります。

石鹸は非常に分解されやすいですが、

今の直鎖アルキルベンゼンスルホン酸も、

分解されやすいんですよ。

昔は分岐アルキルベンゼンスルホン酸でしたから、

分解されなかったのです。


[26]>24 袋持参で t-saitou

店でやってるポイントカードに2点貯めています。


[27]>23 誰もいない t-saitou

部屋とか、こまめに電気を消してます。


[28]>10 省エネは排出ガス取引と同じような方法で Fuel

私は自宅サーバーを立てているので、大きなファンがゴーゴー回るPCを24時間つけっぱなしです。同じくオタクなのでビデオも常時予約中です。その分を、車を使うのを止めて自転車で移動するなどして補っています。家庭内排出ガス取引みたいな感じです。

定量的に使用分と節約分を比較するのは難しいですが、どこかで無駄をしたらどこかで節約するという「取引」を必ず念頭に置くようにすれば、多少はましな暮らし方ができるのではないかと思います。


[29]>12 私の住んでる神奈川県某市では t-saitou

燃えるごみ、燃えないごみ、プラスチック、ペットボトル、紙パック、アルミ缶、スチール缶、瓶、ダンボール、新聞、雑誌、布、乾電池という具合に分けて出します。


[30]エアコンの温度設定を t-saitou

下げて省エネしてます。


[31]家の中でも t-saitou

ブルゾン着て寒さに耐えています。


[32]暇なときは t-saitou

とにかく布団の中に入ってて暖まってます。


[33]>25 分解されやすさだけでは比較できません Fuel

少なくとも直鎖アルキルベンゼンスルホン酸は脂肪酸に比べて強い各種毒性が指摘されています。下水汚泥中ではLASよりも石けん分のほうが残留しやすいという話もありますが、ネズミが囓って大丈夫な物が残留するのと、明らかな毒性が指摘される物質が残留するのでは比較になりません。

私は石鹸万能論者ではありませんが、合成界面活性剤の代替としてまず石鹸に移行することには価値があると考えています。人の生活から完全に界面活性剤を無くするのは無理がありますから、まず石鹸に移行して、そこから徐々にさらに賢い洗浄方法に進んで行くという段階を推進していく方法がいいのではないかと思っています。


[34]>33 どんな物でも便利だからと使いすぎれば環境に負荷を与える TomCat

ということですよね。合成洗剤を石鹸に変えることはとても大切です。でも、石鹸だから無条件に環境が守られるということでもない。どんな物でも必要最低限に大切に使って行くことが大切と。そういうことなのだろうと思います。


[35]耐用年数の長?い家 tsurumi230

リサイクルも大切ですが、まずは廃棄しない努力を。それは住宅についても同じこと。


台風や地震などの自然環境が、住宅に優しくない日本だからこそ、日本で耐用年数が百年を超える住宅を増やしていくのが、日本のため、地球のためになりますよ。


[36]シャンプーを使いすぎない BROWN6

皆がシャンプーの量を1プッシュだけにしたら、川や海の汚れがかなり良くなるとTVでやってました。泡立てれば1プッシュでも十分です。


[37]堆肥作り実験中です TinkerBell

イエはてなの投稿を読んで、私も堆肥を作ってみたいと思って、うまくいくかどうかわかりませんがはじめてみました。キッチンの生ゴミを古いストッキングに詰めて、それをベランダに置いたプランターの中に寝かせています。うまくいくかどうかわかりませんが、堆肥になればゴミ減量とベランダ緑化の両方が実現できそうで楽しみです。

堆肥作りを始めてから、堆肥にならない物はゴミにしたくないという気持ちも芽生えてきました。キッチンから出る包装のゴミなどにすごく敏感になりました。今のスーパーでは包装を避けることは無理ですけど、ゴミは出て当たり前という気持ちが、どうしたら出さなくて済むだろうと考える気持ちに変わりました。

これからも堆肥作りは色々なことを教えてくれそうです。


[38]>26 私もマイバック派です!!ポイントため中 dayday

マイバックは持って行って当たり前になって行くほうがいいと思います。

(袋を作る原油だって輸入を減らせるし)

レジ袋も1円とか5円とか店によって違いますけど、お金払うよりはマイバック持参!

ポイントカードで満点溜まると、子供にあげます。

100円券になるので、子供はお菓子を何にしようか楽しく悩んで、計算して買っています。


[39]>36 子どものころに遊んでいたきれいな川が、ヘドロの川に変わっていた BROWN6

これはかなりショックでした。

川の汚れの約83%が合成洗剤なんだそうです。

食器洗い、お洗濯、お掃除はちろん、シャンプーから洗車に使う洗剤の使い過ぎは厳禁です。

薄めたり、量を減らしたり、簡単なので実行したいですね


[40]>39 下水処理で t-saitou

なんとかならないものなのでしょうか。まだ垂れ流しの地域って多いのかな。?


[41]>4 ソーラーシステムって t-saitou

初期投資が大きいでしょ。?


[42]>38 サザエさんは買い物カゴ持参でお買い物です TinkerBell

昔は誰でも買い物カゴが普通だったんですよね。レジで袋をもらう方が特殊だったはずなのに、いつのまにかそっちが普通になってしまったのが大間違いですよね!

私は去年の夏、金魚の水槽を買ったら大きなレジ袋に入れようとされて、びっくりして、やぶれそうだからいいですと、失礼にならないように断りました。金魚の水槽までレジ袋に入れようとするお店って、何を考えているのでしょう。

買い物はマイバッグ持参が当たり前です。ポイント無くても無駄な物はもらいません。


[43]意外と… yoshigyu1318

昔話に出てくる「お菓子の家」って木材とかプラスチックとか一切使っていないですよね。とても環境に優しいと思います。実際には実現不可能ですが、、、先人たちの環境にやさしい知恵を見習いたいものです。


[44]>35 同意 todo_todo

資本主義的な世の中では、耐用年数の長いものは敵なんでしょうが、

だからこそ資本主義的な価値観に疑問を持つ人が多くなり、

できるだけ、捨てない、無駄にしない暮らし方を尊重する人が増えてほしいと思います。


[45]使い捨てを無くす choco-latte

韓国に行くとご飯食べるときは割り箸でなくて、金属でできた重たい箸を使います。台湾では電車の切符はパスネットのようなもので出来ていて、使いまわしされています。

「使い捨て=便利」な暮らしになっているので、

「使いまわし=便利」な暮らしになればいいと思います。


使ったものを使ってない状態にするのは難しい事ですが、

光をあてるだけで、汚れが落ちるだの、風をあてるだけで雑菌がなくなるだのといったものが出来てくれればいいなぁと思います。


[46]>42 マイバッグ akilanoikinuki

マイバッグは大きい通常の袋と、保冷袋と2種類持ち歩きです。


[47]>20 自家発電 akilanoikinuki

一戸建ての全ての屋根に、ソーラー発電をつければいいと思う。あと、ビルだって、屋上の使い道がないなら、ソーラーにしてしまえば、だいぶ違うのではないだろうか?


[48]>30 暖房も seamlessbias

最近は18度に設定してます。これでもわりと暖かいですし。


[49]>40 随分改善はされてきたようですが… rikuzai

合成洗剤の生分解性や、健康被害などについては企業も色々と改良して、

以前に比べれば随分よくはなってきたようです。

ヤシなどのいわゆる「石けん」を使おうという運動もありますね。

ただ、じゃあ石けんならどれだけ使ってもいいか、というとそういうわけでもないようで、

http://www.jca.apc.org/unicefclub/unitopia/1997/sekken.htm

再考、合成洗剤と石けん/福田 健治

ヤシ油が国産できにくいことを考えても色々問題はあるようです。


なので↑の方でも言われていますが、

私も適量を心がけるのがまず第一だなぁと思います。

また、台所なら最近よく見る洗剤のいらないメラミンスポンジを使ったり、

洗濯なら

http://www.at-life.com/senzai-ecosaturn.html

洗濯ボール

http://www.kwn.ne.jp/4225_clean/

洗濯リング

なんかを使ってみるというのも一つの方法かもしれませんね。


[50]>37 ゴミ減らすことって choco-latte

結構難しいですよね?

うちはワンコがいるので、食べ切れなかった野菜や果物はすべて

ワンコに食べてもらっています。

食べ物はなるべく捨てないように努力をしていますが、

コンビニに行って帰ってきて、一食分食べた後のビニール類のゴミって本当に勿体無いって思います。


[51]>4 平行して蓄電技術を rikuzai

三原順さんに「Die Energie 5.2☆11.8」という作品がありますが、

発電の熱効率の数字がタイトルに使われているんですよね。

これを知ったとき、ものすごい無駄なことをしているんだなと実感したことを覚えています。


http://d.hatena.ne.jp/jomonbigbang/20061123

↑は省エネ技術の現在についてよくまとめておらるのですが、

やはり太陽光発電はいまだかなり効率が悪いようです。

やはり採算を考えた場合、やはり蓄電技術の進歩がネックなのではないかとおもっています。


ちなみに先にあげた作品中の主人公は、蓄電技術の必要性を電力会社の中で進言して煙たがられるという設定でした。


[52]>19 私も! TinkerBell

戦争に資金を注ぎ込んでいる企業の製品を買わないようにするなどのことも、暮らしの中から戦争をなくしていく行動になりますよね。家から作り上げていく世界平和にがんばります!


[53]>41 あと t-saitou

自治体が補助金とか出してる所ってあるのかな?


[54]エアコンを使わない haru-taka

みんながエアコンを使うから、日本の夏は暑いんだと思います。

僕は北日本生まれなので、冬の寒さには強いです、割と。

でも、夏の暑さを想像すると、途端にテンションが下がります。

まだ気が早いかもしれませんが、今年の夏はエアコンなしで頑張って見せます。

たった一人きりだとしても、地球温暖化に立ち向かうのです。


[55]>54 時間が余ってる時なんかは t-saitou

図書館とか行って暑さをしのぐのも一手ですね。


[56]寒さ対策 haru-taka

寒さ対策には”猫”がかかせません。

実家にいる間は、ずーっと猫を飼っていて、その猫と仲がよかったので夜はいつも同じ布団で寝ていました。

まるで電気がかからず、暖かい、究極のエコではないでしょうか?

維持費は食べ物の残り。時々煮干しをあげるとすごくご機嫌になってくれます。

人間同士がくっついて、同じ布団の中で寝るのもエコですね。


[57]>46 僕もやってます! haru-taka

レジ袋を「後から何かに使おう」と思ってためてたら、必要以上にたまってしまいました。

しょうがないからレジ袋持参で買い物行ってみたら、レジ袋を断った人にはシールみたいの貰える事が分かりました。

「これはお得だ」と思い、それからレジ袋持参して買い物するようにしています。

レジ袋をもらってる人を見ると「持参した方がお得ですよ」と声をかけたくなるくらいです。

お金持ちの人は、お得かどうかなんて気にしないのかな?


[58]シャンプー、台所洗剤などは詰め替え用 sanbo-n

を出来るだけ利用しています。

ゴミとしてもかさばりませんし、買い物時や保存時も場所をとらないので利便性もあると思います。

ただ不思議に思うのは時々スーパーなどでは同じ商品でも容器入りの方が安く売られているときがあることです。


[59]>57 うちもできるだけ sanbo-n

そうするようにしています。

あのポリ袋って最初は使うかなぁ、って思うんだけれど段々たまってきて最終的にはただのごみになってしまうことがほとんどでした。


[60]湯たんぽ sanbo-n

別のお題のときにもありましたけれど電気アンカや電気毛布などよりも優しい暖かさで安全性も電気製品よりもあると思うので我が家では活躍しています。


[61]環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態 ビョルン・ロンボルグ(著), BROWN6

http://www.amazon.co.jp/%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%...

こうゆう本もありますね。

著者は、ある日雑誌で経済学者のジュリアン・サイモンが、(環境保護活動家の考え方は)先入観とダメな統計に基づくものでしかない(つまり正しくない)、といっているのを読んで、なにをーと思って調べていったのだそうです。彼は、大学で統計学を教えていたし、グリンピースを支持するタイプだったからです。実際に調べてみると、たしかにサイモンのいうとおりで、自分が思いこんでいた知識と現実は違っていることを知ります。


たとえば

京都議定書を各国が遵守しても2100年での温度上昇を6年遅らせるだけの効果しかない!、というかそれじゃあ効果がないのとおなじなで、削減につかわれる費用を二酸化炭素をださない代替エネルギーの開発・技術革新(こっちのほうが安ければみんなこっちをつかうようになるでしょ)につかったほうがいいみたい。

http://shimakuma.com/archives/000466.html 引用元


[62]お米のとぎ汁 tehi

捨てずに植物にやっています。それがどれだけ効果があるのかはわかりませんが。


[63]>4 太陽光発電は souseiziozisan

ソーラーパネルは、生産コストの高さと電気への変換効率の低さが

これからの課題らしいですね。

つけてる家をあまり見たことないですからこれからですね


[64]これからはバイオですかね souseiziozisan

冷房・暖房をつけるのに加えて壁に草を植えるとか、

人間以外の生き物の力を借りる事でしょうかね・・・


[65]>45 家も大事にすればいいんですね souseiziozisan

日本は家を建て替えて『新築』という言葉に酔いしれますけど、

ヨーロッパは古臭い家の方が人気も値段も高いんですよね。

古くなったからといってドカドカ潰すんじゃなくて、古くとも美しさを

感じる家を作るようになれば地球にも優しいと思います。


[66]普段の生活のなかで出来ることを実践して、問題解決出来るの?個人というよりもっと大きな何かが変わらないとダメなんじゃ BROWN6

エアコンの温度を夏場は28度にして、冬場は22度にして、

リサイクル・リユースを心がけ、ごみの排出を減らし、

生活のなかで節電、節水を心がけ、

アイドリングストップを実行し、

短距離なら徒歩か自転車、長距離も極力電車を利用し、

普段の生活のなかで出来ることを実践して、本当にそんなことで環境問題が食い止められるのか正直疑問です。

自分が悪いんじゃない、温室効果ガスを排出する車社会とか工場とかアメリカとか森林伐採する奴とかそういうのが悪いんだ、と責任転嫁してしまいます。


[67]環境保護に熱心な政治家・企業を応援 baggins

個人の力は小さいので、個人の努力だけではなかなか環境保護につながりません。政治家や企業に働きかけていくことが必要です。

そこで、選挙で迷ったとき、買い物で迷ったときは環境保護に積極的な方を選ぶようつとめています。


[68]食器を洗うとき極力洗剤を使わない toku4sr4agent

食器を洗うとき、極力洗剤を使わないようにしています。

1.なるべくティッシュなどで汚れを拭き取る→汚水中の油分が減る

2.可能な限り、アクリルの毛糸で編んだたわし(知人からのもらいもの)で、皿をこする→油が少ない食材を盛ったお皿の汚れはていていこれで落ちる

3.少しお湯の設定温度を高めにする→汚れが落ちやすくなるのと同時に、低い温度のお湯を使ったときより少ない水の量で済む

など。


殆どの人がやっていそうで当たり前と言えば当たり前かもしれませんが。

(仕事柄人の手を握る、人の手に直接触れることがあるので、なるべく手はがさがさにならないようにするためでもありますが)


[69]歴史を振り返ってみると江戸時代の暮らしぶりが良いのかもしれません。 kokorononakami

今のように電気なんか無いから夜更かしはできずに早寝早起きするしかなかったし、今のようにゲームなんか無いから友達を作って外で遊ぶしかなかった。

外で太陽を浴びて体を動かしていれば今のように引き篭もりなんていないし、骨も体も丈夫になる。

車もないから、排気ガスなんて出ないし空気は澄んでいる。そのうえ、よく歩くので今のようなメタボリック症候群なんてありえない。

江戸時代は犯罪の少なさ、都市環境、道徳心に富む国民であることなどが高く評価されて海外ではトクガワ・ジャパンと言われています。

戦乱とは無縁な社会を265年間も維持してきました。

数え上げたら限が無いのかもしれない。

私達は便利さという麻薬に取り付かれてしまったのかな…

便利さの代償になにか大切なものを落としてしまった気がする。

拝金至上主義の今の時代

人の欲は限りなく、その先にあるものは本当に幸せなのだろうか?

自然とともに生き、自然とともに死んでいく

そういう時代に生まれてみたかった気もします。


[70]車やバイクをあまり使わない生活にしてみました MINT

交通基盤が整備されているところとそうでないところは違うと思いますが、私の住んでいるところは無理に車やバイクを使わなくても生活には困らないので、最近はできるだけ徒歩や自転車、電車やバスを使うようにしています。

省エネだけでなく、空気を汚さないようにするためや、温暖化ガス削減のためにも役立つと思いますし、何より自分が加害者になる交通事故を起こさなくて済みますから、家族みんなが徒歩や電車になると毎日がとても安心です。

慣れるとぜんぜん不便だと思いません。たくさん買い物をして両手いっぱい荷物を抱えて帰る時も、はじめのうちは、あーん、車でくればよかった、なんて思っていましたが、今はいっぱい買い物できてうれしいな、という気持ちに変わりました。雨の日に傘を差して歩くのも、今はとても楽しいです。冬は時々暖かい車が恋しくなりますが、寒さの中を歩けるのは冬だけだと思うと、それも最近では楽しく感じられるようになりました。


[71]>67 どこを選んだらいいか、誰を選んだらいいか MINT

色んな人と情報交換しあえたらいいですね。企業や政治家の環境通信簿みたいのがあったら選びやすいのにな。


[72]>59 レジ袋はおしゃれじゃありません MINT

せっかくかわいいかっこしてるのにスーパーのレジ袋なんて、ぶちこわしだと思いませんか?だから私はずっと前からマイバッグです。この前ニュースで言っていましたが、ゴミ袋に使うならまだいいけど、多くの人がレジ袋そのものをゴミにしてしまっているのだそうです。もったいないですね。


[73]要るものをいるだけ買おう sayonarasankaku

安いからとか、

まとめて買ったほうが便利だからとかじゃなくて、

必要なものを使うだけ買って無駄にしないことが大事だと思います。


[74]>52 同じく Spaceshuttle

「戦争」は「最大の破壊」「最大の消費」ですから、1番に無くすべきものです。

(湾岸戦争で採油施設が炎上しているのを見て、これに比べりゃ節電や割り箸なんぞどれ程のものかと、考えさせられました。)


[75]リサイクルじゃなくてリユース sayonarasankaku

リサイクルにエネルギーを使うのでなくて、

そのまま、再使用できるようにしたほうがいい。


[76]>62 私も・・・ Spaceshuttle

やった事があります。確かに効果ほどはよく分かりませんが・・・

(浄化槽の管理をやっている知人からは「良いこと」だと褒めてもらいましたが・・・)


[77]>52 大賛成!! MINT

bagginsさんの「環境保護に熱心な政治家・企業を応援」のツリーにもつながる話だと思いますが、買い物一つでも、戦争反対や自然を守っての意見をあらわすことができますね。みんなで地球のための選択運動とかできたらいいなぁ。


[78]>74 湾岸戦争で燃やされた石油は何十億バレル MINT

一つの大きな油田から出る量以上が戦争で失われたとニュースで聞きました。そのあとまたイラク戦争でも油田が炎上してませんでしたっけ?もう石油はなくなるっていうのに、なんてひどいことをと思いました。

それに、あれだけ大きな炎が何日も上がり続けて、あれで気象変動とか起きなかったのでしょうか。最近の異常気象の原因の一つに、あの時の油田火災があったのではなんて、考えすぎでしょうか。

戦争は最大の自然破壊ですね。ぜったい無くしたいです。


[79]>56 ねこエネルギーで究極のバイオですね MINT

ねこ、あったかいですよね。あ!ねことエコはよく似ています!ねこと寝るネコロジーが地球を救うかもですね!


[80]>68 アクリルたわし使ってます MINT

古いアクリルセーターを編み直して作りました。簡単に作れて効果ばつぐんです。

あとうちでは、洗う前の汚れ取りにはトイレットペーパーを使っています。再生紙ですから、バージンパルプの物を使うより少しは環境にいいかなと思っています。ていねいに拭き取ると、ほとんどアクリルたわしだけできれいになります。

洗剤を使う量が減ると手荒れが少なくなりますから、環境だけでなく自分のためにもいいですね。


[81]>71 外国にはそういう格付けをしている団体もある baggins

と聞いたことがあります。

日本でもあるんでしょうかね。聞いたことがないのであっても知名度はあまり高くなさそうですが。


[82]>33 重曹、クエン酸、漂白剤は賛同します(環境負荷) NAPORIN

でも、手作り石鹸というのは、

廃油をどろどろと排水溝に流し込むのと

同じことになる場合もあると、

自覚の上でつかわなければいけません。

食べられればいいというものではないのです。


ねずみが廃水を全部飲んでくれるわけではないし、

毒性をおっしゃるならそれこそ下水処理ってものがあります。下水処理がなければ本当にタイヘンなことになります。


醤油も、水も、度を越せば何でも毒なのですよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070118-00000040-jij-int


[83]>72 折りたたみ式のカゴ vivisan

うちは車で一週間ぶんぐらいをまとめて買うために、車でいきます。

もっていくのは折りたたみ式のかごです。

これひとつでかなりの量がはいります。

あと、和好きなので、風呂敷を使うことも。


[84]>76 とぎ汁は vivisan

とぎ汁はお掃除に使えますよ♪

廊下や家具などをみがくときは、とぎ汁をためておいて雑巾で固く絞ってふくとつやがでます。

あとよく使うのは大根をにるときにとぎ汁をいれて煮ると苦味がとれます。

とぎ汁ないときは、お米を代用しますけど。


[85]>84 そういえば。 toku4sr4agent

たけのこを茹でる時にもお米のとぎ汁を使いますよね。


そばやスパゲッティの茹で汁、お米のとぎ汁は、食器を洗うときにも使ったりということがありますよね。


[86]>47 ソーラー発電 ichthyostega

いいんですけど、まだちょっと高価ですよね。

もうちょっと低価格になれば私も買おうと思うのですが、低価格が実殿すればもっと普及すると思うんですけどね。


[87]>83 マイバッグではなくダンボールを持参 toku4sr4agent

うちの場合はマイバッグではなくダンボールを持参したり、

店に置いてある、客が自由に使える空いたダンボールが山積みになっているところから持ってきたりして、

ダンボールに商品を詰めて帰ります。


(買い物は1週間に一度なので)


車の後ろに積むとき安定していますし、

たまったダンボールは子供会の資源回収にまわしています。


[88]>65 江戸時代は vivisan

リサイクル大社会だったんですよね。

使い切ったろうそくの芯ですら、あつめて、ろうそく屋さんに持っていったり。

リサイクルだと、消費がぐっと減るとは思いますが、これって日本のすばらしい文化だと思います。

こういった文化を見直さない手はないですよね・・。


[89]>86 流石にソーラー発電は考えたことがないです。(冬場の雪を考えると) toku4sr4agent

あまり雪の降らない地方ならソーラー発電もありかな?

と思うのですが(今年は雪があまり降りませんが)

年によっては雪が沢山降って30センチ近くも屋根に雪が積もるので、ソーラー発電は考えたことがありません。


知人の家でソーラーパネルをつけている家がありますが、

パネルが汚れてしまって掃除が大変、また、屋根の修理の際に大変らしいです。


雪国対応のソーラー発電があり、掃除などのメンテナンスの問題が解消されれば取り付ける家も増えるかもしれませんね。


[90]>80 アクリルたわし編みました。 vivisan

かぎ針で編むのは初めてだったのですが、これで興味をもちました。

うちの親も着なくなったセーターをほどいて、敷物・帽子・カーディガンなどを編んでいます。

編物の話題で親子がもりあがっています。


[91]>89 ソーラー発電って vivisan

けっこう重いとききました。

家の耐性に影響を及ぼすんでしょうか?


[92]>34 もっともですね ichthyostega

自然のものだから環境によいといって、無駄遣いすればそれは環境破壊につながりますよね。

自然は人間のためにあるのではありませんし、人間は自然の一部です。

資源は人間が地球から「借りている」のですから、やはり「返す」ことを前提として使う、

と言うことをもっと認識していく必要があるように思います。

近代以前の人は自然とこれをやっていたのだと思います。


[93]>73 たしかに。 vivisan

置いておくとそれだけで場所をとるし、結局使わなくて無駄にしてしまったりすることがありますもんね。


[94]>33 確かに分解されやすさだけでは比較できませんが toku4sr4agent

亀の甲を持った化合物と、直鎖系の化合物とでは、やはり直鎖系のもののほうが分解されやすいことは確かです。

実は大学時代、COD(化学的酸素要求量)に関連する研究が卒論のテーマでした。

その条件のもとでは、芳香族とカルボン酸を扱いましたが、カルボン酸のほうがCOD値が高かったです。


つまり、COD値が低い=キレイではない、見た目がキレイに見えても、実は芳香族が混じっている可能性があるということです。


このことから、

名前を見て、明らかに芳香族が入っていそうな洗剤の使用はなるべく避けるようになりました。


(研究室ではBODの研究も過去に行われていましたが、直鎖系が分解されやすい、生分解されやすいという結果がでています。)


[95]>48 実は暖房をつけていません。 toku4sr4agent

パソコン作業をしている今、実は暖房をつけていません。

(厚着をして布団に包まりながらやっています)

ちなみに、部屋の中の温度は15度くらいです。

(ウォームビズ?)


[96]>29 うちの地域では toku4sr4agent

・燃えるゴミ

・プラスチック

・ペットボトル

・アルミ缶

・スチール缶

・瓶

などを市で回収しています。


新聞、雑誌、ダンボール、古い布きれは子供会の資源回収に出します。

子供会に出せない雑紙は、市民センターで資源として回収していますのでそこに出します。


なるべく分別可能なものは分別し出すように心がけています。


でも本当はゴミになるものを購入しないのが一番なんでしょうけど難しいですね。


ちなみに食品のトレーや牛乳パックは生協や近くのスーパーで回収しているのでそちらに持って行きます。


[97]>90 編み物の話が出たので。 toku4sr4agent

編み物の話が出たので、母の子供の頃の話を思い出しました。


祖母が着なくなったセーターをほどいて、

母のセーターを編んだそうです。


昔は今ほど物資が豊富ではないということもあって、

以前のものをほどいて新しいものを作る、というのが当たり前だったんですよね。

究極のリサイクル、(他のかたの回答にも出てきましたが)そしてリユース。

昔の暮らしって今よりずっと環境に優しかったんじゃないかと思えてきました。


[98]キッチンにコンポスト tekubi

最近では室内用の臭わない小型のコンポストがあるようですので。


[99]>75 そのとおりです paffpaff

容器、包装材のゴミが多くてうんざりします

リサイクルにとっても費用がかかっているんですよね

分別して出していいことをしているような気になっているけど

リユース、リデュースのほうをもっとがんばりましょー


空き缶とペットボトルを使わない生活をしたいです

昔は外出するのに水筒持って行ったりしてたのに

近頃、すぐお茶を買ってしまうので反省。

牛乳もビールもビンのほうがおいしいのになぜアルミ缶と紙パックに取って代わられてしまったんでしょうね


[100]長持ちする家 hanatomi

100年、200年たっても使える家、1000年使える道、一万年変わらない緑たっぷりの公園。未来に、ゴミでなく財産が残って欲しいなと思います。


[101]>81 賛成です!いい企業に頑張って欲しい! hanatomi

戦争に加担している企業は以下に載っています。

http://palestine-heiwa.org/choice/list.html

これを読んでからここのものは買わなくなりました。


[102]>82 いや、でも・・・・ TomCat

どうも最近、合成洗剤から石鹸へという動きへの揺り戻しが始まっているようで、石鹸否定派の人が増えている感じがありますが・・・・。でも私は、こんなご時世だからこそ石鹸を推進したらどうかと思っているんです。

たしかに、環境問題に対する思考を深めている人にとって、石鹸の使用総量の多さに対する問題意識は強いと思います。石鹸だから無条件に環境が守られるという考え方は誤りです。

でも、ここで石鹸を叩いてしまうと、それは洗剤メーカーの都合で作られた「合成洗剤は安全です」キャンペーンの後押しをしてしまう恐れもあるわけですよね。

まず合成洗剤の危険性に着目してみる。そして、よりましな代替品を模索する。普通の生活の中では、まずそこがスタートラインなんだと思うです。まずその足がかりの位置に、より多くの人を誘っていく。そこからさらに環境意識を深めていく。この段階を追った生活改善の普及が大切です。

まだまだ、スーパーに合成洗剤が山盛り陳列されている時代には、石鹸の役割は重要ではないかと思います。


[103]>97 リユース hanatomi

賛同します!ところで洗い物ですが私は「油は買わない」です=揚げ物をしなければ炒め物は油無しでいけます。なので、大抵はお皿が汚れません。それとかぎ針編みは趣味ですが、アクリルたわしの形になる(モチーフ編みといいますが)ものをつなぎ合わせるとかばんや、コースターになりますのでそれをまず作って、それが汚れたらたわしにしてます。あと、リンゴや柿を買ったときについているはかま、あれも輪ゴムで軽く縛ると食器洗いスポンジになりますよ。捨てる前にひと活躍。


[104]>79 にんげんエネルギーも!笑 hanatomi

人もひっつくとあったかいですよね^^


[105]>101 特にマイク○ソフトは拒否したいですね TomCat

イラク戦争の時も多額の資金を共和党に提供する形で、積極的に戦争遂行を後押しする立場を取りました。その後ビルさんは多額の資金を慈善事業に投下しましたが、私はそれでも、いったん失われた命は二度と戻らないことを考えると、それで戦争を推進した責任が帳消しになるとは思えないんです。

とりあえずWindowsを拒否することは現状では難しいですが、PCをつけてWindowsロゴが出るたびに、世界から戦争を無くそうとつぶやくくらいのことは必要かなと思っています。


[106]>78 戦争反対! hanatomi

武器を作る労力を介護にまわせばどれだけ豊かに生きる老人が増えることか。

壊した建物を建て直す労力があればどれだけ新しい学校が作れたか。

戦争によって引き起こされた不安や、恐怖、不幸を取り戻そうとすればどれだけの努力を持っても元以上にはならないのではないか。

軍人を教育する労力があれば豊かな未来を作るために知恵をあつめられたのでは。

軍隊に訓練に行った人がその何年間かは、青春を無駄にされたと言っていると聞いたことがあります。

双方において、そして全てにおいて無駄。もったいない。破壊です。


[107]>95 マフラーもいいですよ。 hanatomi

私もウォームビズです。マフラーもいいですよ。首があったかいと、喉も守れる気がします。使ってない肌触りの素敵なマフラーがあったら首に巻いてください。

私も暖房付けないです。(部屋には設置してありますが)局部暖房(ストーブ、あんか)でまめにスイッチきりかえてます。


[108]>100 千年使える道、ほしいですね TomCat

私は以前、土建のバイトをしていたことがあります。それではじめてわかりました。なんであんなに道路工事が多いのか。

道路工事って、ほんとはほとんどが、道路の工事じゃないんですよね。たいてい下水か水道かガスの工事です。それも「公共工事」というよりは、新しく家が出来ると、そこに水道や下水やガスを引き込む工事。そういう個人的な理由で、道路を掘り返しているケースが圧倒的なんです。

でね、そこでの工事のやり方っていうのがこれまた無駄が多いんです。工事が二日以上にまたがる場合、一日の工事が終わると、仮復旧工といって、たった一夜のためにアスファルトをひくんです。ほかにも、「すりつけ」といって、段差を無くさないといけない部分にもアスファルト。色んな所に、仮のアスファルトを打っていきます。そして翌日にはそれを全部ひっぺがして廃棄物にする。

安全を考えると、これは必須の行程です。これをいいかげんにやるわけにはいきません。でも、工事資材はかなりのエネルギーをかけて作られる物ですから、日本全国で考えたら、これは大変な資源が、たった一夜のために消費されていくわけですよね。

もし道路が昔ながらの砂利道だったら。あるいは道路の下を水道管や下水管の通り道に使わなかったら。ずいぶん工事のやり方は変わっていただろうと思います。千年使える熊野古道みたいな道が住宅街にあったらなーと思います。車社会が変化したら、何か変わってくるかもしれませんね。


[109]>106 本当にその通りだと思います TomCat

今の日本人は、平和というと、武器や軍隊に守られた安全、と理解してしまう人が多いようです。でも、それは違いますよね。軍隊に守られた安全は、平和とはほど遠いものなんです。

大切なのは、破壊を食い止めること。殺戮を止めさせること。暴力のない、軍隊の必要のない世界を作ること。

そのためには、国際問題解決のためには絶対に武力を絶対に使わないと世界に宣言した国が、それを誇り高く貫き通して見せることが、一番大きな力になります。安全は外交努力だけで作っていけると、そのお手本を世界に見せていくことが大切です。

外交能力のない政府。「同盟国」としか意見の一致を作り出せない政府。価値観を共有しない国とは対立するしかない政府。

こういう政府を、重要問題について国際的なリーダーシップをとり、幅広い価値観を持つ国どうしの意見の一致を促していく、高度な平和外交能力を持った政府に変えていくのは、生活の中から、暮らしの中から掴んできた思考で投票行動をする、私たち庶民一人一人なんですよね。

イエの中で、どんどん政治も語りましょう。政治は政治家がやるものではなく、私たち一人一人が作り上げていくものなんです。地球のために自然を守ろうとする政府。最大の自然破壊である戦争を世界から無くそうと努力する政府。それを作る力は、何々党とかから生まれてくるんじゃない。私たちの暮らす一軒一軒のイエの中から生まれてくるはずです。


[110]無農薬、特別栽培、国産(ポストハーベストで無い)等の食品を買う。 hanatomi

バナナの生産地レポートを読んだことがあるんです。マレーシアかどこかでした。バナナは見た目をキレイにするためひどい量の農薬を散布する必要があり、農場主は目が見えにくくなったり、神経痛になったりするため、毎日錠剤を数十錠飲んでいたそうです。家族は農場に入れられない状態だったと書いてあったんです。

(この話、前にも書いてしまっていたらごめんなさい。)

その後、無農薬バナナの栽培に取り組む日本の団体に後押しされて無農薬安全バナナを作ることにしたそうなんです。害虫の駆除は手作業。土作りなどにも手間がかかるようになったそうですが、おかげで健康になったそうなんです。家族も総出でバナナの管理に出向き、今は農園で家族で過ごす時間が多くなったと。

そして、文の最後に、【これを買ってくださる皆さんがいるから私の生活が守られている】とあったんです。

なので、野菜やバナナ、果物を買うときは、高くとも有機、無農薬、環境配慮のものを買うようにしています。

それがその土地を守ることになっている、そして自分の健康も守っているんだなと思っています。

(バナナやコーヒーは、海外の大企業による搾取も多いと聞きます。)


それと、バナナは好きだし、私にとっては欠かせないものなので買わせていただいててますが

果物はなるたけ「国産」のものを選んでいます。

甘くて美味しい海外のオレンジよりもすこしすっぱくても国産の八朔、いよかん、みかん。

めずらしい品種は弱かったり、環境負荷が高いことも。(薬、生産性、温度管理等)

季節季節に合った昔ながらの品種(柿、びわ、みかん)の方が環境に優しいことが多いです。(野菜も同じく。)


[111]動物や環境は自分のために守る必要がある。 castiron

動物愛護や環境保全などは動物や環境のためにという事がおそらく根幹にあるのだと思うけれども私は「へんないききもの」を読んではっとさせられました。動物や環境というのは守らなければならないのは他でもない自分のためなのだと言うことです。地球は複雑な連鎖の上で成り立っています。そしてある一点でその連鎖がとぎれたら他の連鎖も無くなり結局自分自身に返ってくるそうです。自分のために動物や環境を守ろうと考えると動物愛護や環境保全は劇的にその見方が変わります。道徳的なものではなく大変利己的なものになります。私はこのことは決して悪いことだと思いません。コモンセンスではなく自分がよいと思うことを実行できるからです。

長くなってしまいましたが結論「自分のために環境を守ると意識する」のが地球のためのよい暮らしかただと思います。


[112]住んでいる地域でとれた旬の食材を食べる tibitora

遠くの産地から運ばれてくる物は、輸送だけでも多くのガソリンや電気などを消費してしまっています。地元の食材はそこに住んでいる人たちの体にも合っているのだそうです。


[113]昔ながらの日本家屋 tibitora

木を基本に作っていた昔の日本の家、わらぶきの家などのほうが、現在のコンクリート、鉄筋を使った家よりも地球には優しいのだろうと思います。取り壊す時が来ても自然に帰っていきますし、木のぬくもりは気持ちが穏やかになります。


[114]外来種の生き物を捨てないで(生態系が壊れてしまうんです) tibitora

例えば、縁日で売られている緑亀もミシシッピアカミミガメという種類なのです、川に放すと銭亀の住処を奪っしまうんです。ブラックバスなどがよく言われていますが、外来種の動物を日本の自然に放してしまうと、もとから居た日本の動物が住む所や食べ物を奪われてしまい生存できなくなってしまい、生態系を壊してしまうのです。


[115]>108 道路について hanatomi

勉強になりました!

そんな短い間だけのためにアスファルトを引いてるんですね!

もう驚きです。

石油たっぷりのアスファルト。。。

どこかの国から運んできた貴重な資源がそんなふうに使われているのですね。

アスファルトの道路にかわるものが出てきたらいいな。


熊野古道は最高です。新緑の時期に行きましたが、緑が美しすぎてハンドルを離しそうになりました。

今、電線も土中に埋めようという動きもあるらしいですね。

これは景観もかねてだそうです。

一体どういう形が一番最終的にエコで環境に優しいのかな。

じゃーと流すとどこかへ行ってしまう水道から出た水。

キレイな水だけ見てれば良くて、汚水の匂いもなにもない生活。

ホントにありがたい、感謝に尽くせないほどの恩恵を沢山頂いていますが、これからはどういう形がいいんだろうな。


[116]>102 その意識が絶望的です NAPORIN

合成洗剤も石鹸も消費者からすれば

選択肢が増えるよう山盛り展示されれば

ベストです。

問題は知識をもって選べるかどうかです。

わたしは、どうせ個人の力ではなにからなにまで

うまくやれないなら、

企業に載せられて「みんなと同じ」合成洗剤を

つかってくれたほうが、

製造時の環境コスト削減や、

自治体の行う下水の処理精度などで

もれなく対策できる場合も

あるんじゃないかと思ってます。

自分なりの正義感で山に一人で暮らして

生活廃水をそのまま川にながしたら、

いくら石鹸しか使ってなくても、病原性大腸菌などで、

下流の人を傷つけたりすることになり、

許されない行為になります。

そういう意味では企業寄り、管理者寄りの

立場ですね。

石鹸作りや紙漉きは、リサイクルとかのキレイなお題目をはずして単なる「楽しいから」「趣味で」やってるのだと自覚し、

正義感というより後ろめたさを感じながら

やってほしい。

どうせ最後は漉けなくなったパルプ液も

あまった苛性ソーダ液も面倒くさがって

家庭の下水に流すのに

リサイクルとは全く片腹痛いです。

学習のためだけにやるのだと

いってくれるほうがまだいい。

人間は無駄を繰り返すことにより無駄を無駄と覚えるものですから。


[117]ネギの根っこからでもいいから植物をそだてる hanatomi

ほんのちょっとの緑の増加でも、地球の大切な酸素を増やしてくれてると思うのです。

ツタでも、パセリでも、ラベンダーでもバジルでも!

うちは今ローズマリーとネギ元気です!


p.s ハザマさんも屋上緑化について書かれておられましたが、地球に緑色の輪がどんどん広がる感じがして嬉しいです。緑は友達!


私も頑張りまぁす!というか楽しみます!

今日も何か植えようかなぁ*^?^*


[118]>102 石鹸に関する個人的体験(参考まで) NAPORIN

*よく落ちるものほど手が荒れる

*手が荒れないものは滑りやすく、茶碗を力を入れてこすればすぐに落として割ってしまう(陶磁器は金つぎでもしないかぎり再生不可能)

*頭髪に用いると、通常の3倍くらい湯をつかってすすがないと石鹸カスがふけだらけに見えて美容師に嫌われるほどになる(アルカリが強いため、かゆみが即座に消えるが、石鹸カスが残ることでかゆみがすぐ復活)

*クエン酸リンスを併用すれば風呂の床がすべって腰をうったり頭をうったりする

*それプラスBOD、cod、保存性、アレルギーテストせず人間のアレルギー持ちにやさしくない(アザミエキス、琥珀エキスなど聞いたことのない保湿成分)など

かように、使用者を選ぶのが石鹸です。


[119]>109 戦争反対、犯罪反対、喧嘩反対、恨みも嫉妬も反対、怒るのも反対! taknt

仲良しが一番。

って馴れ合い?

戦争だけが 悪いのはではない。

悪いことは たくさんある。

戦争がなかったら平和か?

うちは快適な住まいだけど、

お隣は 不便な住まい。

自分は 幸福だけど、隣の人は 不幸。

世の中、政治が悪いのではない。

欲望を正しくコントロールできないのが 悪いのだ。

私利私欲のために政治を行う人たちが問題である。

私利私欲のために戦争をする人たちが問題なのだ。

ということで 欲望をコントロールできるイエ。

人間性を育てられるイエ。

しつけができてるイエが望ましいかもしれません。


[120]>104 熱いより寒いほうが工夫でのりきれますよね akilanoikinuki

本を読む時やPCを使う時など、じっとする時には毛布をはおって暖房を節約。

紅茶に生姜を入れて、体の中から暖めるのも良いですよ。

夜は旦那とくっついて★


[121]>87 中途半端な大きさの袋がやっかい teionsinonome

基本的に袋はもらわないのですが、たまに入れてもらったときに袋がゴミ袋にもならない大きさだとやっかいですよね

ああいうのってどうすればいいんでしょう

巾着を持ち歩いて「これに入れてください」って言うのも変な目で見られそうですよね・・・ 悪いことしてるわけじゃないのに


[122]火鉢♪ vivisan

別のところで書きましたが、うちでは暖房器具として、そしてコンロとして使っています。

煮物系は火鉢の上にお鍋をかけておくだけでかなり味がしみ込みます。

癒し効果としても役立っています。

増えた灰は、肥料として使えないかなぁ?と考えています。

たしか焼畑農業って灰を肥料にしてましたよね?

それほど急激に増えませんが、ある程度の量になったら親の畑にもっていって撒いてみようかと。


[123]>31 まずはたくさん着てから。 H-H

エアコンをつける前に、たくさん着込みます。

フリースのズボンに、フリースの上着でぬくぬくです。

それでも寒い時だけ、エアコンをつけます。


[124]>43 生分解できる家 H-H

実現不可能だと思いますが、廃墟になっても、すべてが、土に戻る家ならとても地球にやさしいと思います。


[125]>50 堆肥づくり H-H

堆肥づくりはミミズを入れるとすごく効果的らしいですね。

わたしはミミズが大嫌いで、できませんが、、、。

堆肥づくり頑張って下さいね!


[126]>125 堆肥を使わぬTSファーム taknt

http://www.kewpie.co.jp/company/activity/future/info_04_main.htm...

キユーピーの野菜農場です。

噴霧耕を利用した立体水耕栽培で、大量に生産しています。

土を使わないために 土がやせることもなく 地球にやさしい農業だと思います。


[127]牛肉禁止 メタンガスも二酸化炭素に並んで地球温暖化の元凶となる温室効果ガスです。 BROWN6

大気中のメタンの16から25パーセントはなんと牛のゲップから排出されているんです。

牛の胃内部で植物を分解する際メタンガスが発生します、食料としての牛を多数飼育していますがその数が爆発的に増加しています。

牛は胃を何個か持っていてその中に植物を分解する微生物を飼っている。そして胃である程度消化した食べ物をもう一度口に戻して噛みなおすと云う反芻をしている。

そのときに胃の中に溜まったメタンガスをゲップにして大気中に放出している。

1997年に京都で行なわれた地球温暖化防止の会議ではインドにあまたたむろする野良牛のゲップについて、インド代表が各国に対策を求められるなどということもあった。

反芻している牛の口にガスマスクをかぶせてホースをつなぎメタンガスを採集することなど出来ないものであろうか。

まあ、本当のところは化石燃料を燃やすことによって発生する二酸化炭素の方が遥かに多いんだろうが。


[128]>69 時代の流れにのまれ、消えていったもの H-H

kokorononakamiさんの発言にとても考えさせられました。

それぞれの時代に得たもの、消えたものがありますよね。

極論を言えば、人間も動物で本来は野生だった。

そこから、それぞれの時代の暮らしがあったし、

今の時代も、いろんな暮らしをしてる人がいます。

そういう事を時々思いだすだけでも、今の暮らしが輝くような気がします。


[129]>114 日本の動植物は繊細?! H-H

山の木にしても、外国の木はとても強く日本の木を追いやってしまいます。

形や、色にしても、外国のものって、迫力があり、逆に日本のものはか弱い感じがしますね。

そういう違いを見ると、日本に持ち込んだらいけないとすごく思いました。


[130]買い換えしないPCライフ YuzuPON

私はOSが変わるたびにPCの買い換えを迫られることが、すごくもったいなくて無駄だと考えています。WindowsがVistaになることで、どれだけのPCが捨てられ、処理費用がかけられ、資源が無駄になっていくことかと考えると、そんなものにほいほいと飛びつくのはまったく知性に欠けると思います。

そこで私は、まず安易にVistaに乗り換えないことに決めました。その間にLinuxに慣れて、近い将来完全にWindowsの世界から離れようと考えています。今はまだ勉強不足なので、いくつかうまくつながらない外付けの機器がありますが、アプリの方は色々なオープンソースの利用で、WindowsでやっていたことはほぼLinuxでもできるようになりました。

今のPCはすごく高性能ですから、OSさえPCに合った物を選んでいけば、壊れるまではずっと使っていけると思います。大切なのはPCに合ったOSを選ぶこと。OSに合わせてPCを買うのは間違い。そのことをLinux乗り換え計画で実証してみたいと思っています。

もう一度声を大にして言いたいと思います。大切なのはPCに合ったOSを選ぶことで、OSに合わせてPCを買うのは間違いです!


[131]風呂の水を洗濯に利用・・・水を無駄にしない心がけ toku4sr4agent

当たり前すぎるかもしれませんが。


でも日本は水に恵まれているから、あまり水の有難さに気がつかないのかもしれませんが。

なるべく水を大切に使おうと、無駄に使わないようにと心がけています。


そのうち、可能なら天水桶(雨どいから落ちてくる管に後から取り付けられるタイプのものがあるようなので)を付けたいなぁと思っています。


[132]>129 外来種の増大には人間の自然破壊の影響もあります YuzuPON

外来種の恐さは繁殖力の強さです。遠く海を渡って連れてこられて、全く異なる環境の中に放り出されて、それでも生き残って繁殖してきた強い生き物だけが日本に定着すると考えると、外来種の生命力の強さは驚異的です。そんなのがどんどん繁殖しはじめたら、日本の環境に守られてひっそり生きている弱い生き物などひとたまりもありません。

でも今は植物の世界でも外来種の侵食がすごく激しいですが、植物の場合は外来種の侵食という問題だけでなく、開発などで環境を壊して、人間が日本の植物をどんどん絶滅させているという問題も重なっています。

たとえばタンポポは、日本の昔からのタンポポはほとんど見られなくなり、外来種のセイヨウタンポポばかりになってしまいました。でもそれはセイヨウタンポポだけが悪いのではありません。日本中のセイヨウタンポポを根絶しても、今の環境では、日本のタンポポは戻ってきません。


[133]>131 わが家では水道の出ない体験の日を作っています YuzuPON

エコというより災害対策の一環ですが、3日間、風呂を除いて(風呂だけは入れないとばっちいので除外)水道の水が出ない生活を体験するというのを恒例行事にしています。

生活用水は給水所に見立てた公園から汲んできます。もちろん非常時を想定しているので車も自転車も使わず徒歩で汲みに行きます。水の重さに驚きます。

ペットボトルから水を出して使ってみると、米を炊くために使う水の多さにも驚きます。米をとぐだけでこんなに水を使っていたのかと改めて思い知らされます。

トイレで流す水の量の多さにも驚きます。ペットボトルの水程度ではとても流れません。

こんなことを3日続けると、もう水は宝物だと思えるようになります。まあこういうことはサバイバル体験のような遊びの要素が入っているからできる体験ですが、それでも本当に水は有り難いと実感できます。


[134]>126 そうでしょうか YuzuPON

水耕栽培の価値は理解しているつもりですが、土を使う農業が衰退したことで、大地が生物のゆりかごから、突き固められた建設用の地盤に変えられてしまったということも考えないといけないと思います。

土は自然の循環の中では、いくら生物を養っても、やせるということはなかったと思います。その自然の循環をまねしていたのが昔の農業ですから、そういうやりかたなら、土がやせるという自然破壊はなかったと思います。

土を使わない農業を否定するわけではありませんが、これからの時代は、生き物のいなくなったカチカチの土を生命豊かな自然の土に戻していく農業を応援していく時代ではないかと思います。そうでないと、農業に関係のない自然の草木も絶滅してしまいそうです。


[135]>119 ドンパチやるだけが戦争ではないですね YuzuPON

国と国との間でも、相手の国に圧力を掛けて、その国民を不幸に追い込んでいくようなことが多すぎる気がします。それを正義と思いこんでいる感覚が、すごく恐いと思います。

実力行使だけが戦争ではなく、国家間で対立することがもう戦争です。

>世の中、政治が悪いのではない。

>欲望を正しくコントロールできないのが 悪いのだ。

国益という欲で国家間対立を望んでしまう国民感情が政治を引っ張ってしまっているというのもありますね。政治は国民が作るのですから、まず私たち一人一人が他国の不幸の上になりたつ欲望を消していかないといけませんね。


[136]>123 前のいわしを見てどてらがほしいと言ったら YuzuPON

親戚が、おじいちゃんが着ていたどてらというのを送ってくれました。擦り切れたところにていねいにつぎがあたっていて、とても歴史あるどてらです。物理的温かさだけでなく、気持ちもぬくぬくしてくる気がします。


[137]>100 今時の家 booboo_002

何かの情報で耐久性は30年くらいと聞きました。ヨーロッパの石の家のように、リフォームで何百年も住み続けられる家を作って欲しいと思います…地震国だから?そんなことはないでしょう。大量生産大量消費を国是としてきたから、こんなことになっちゃったんだと思います。


[138]>112 たまに食べちゃいますけど・・・ booboo_002

韓国ラーメンとか、仏伊のチーズとか…原則は地産地消。プラス、時期外れのものを食べない。いまどきのきゅうり・茄子・トマトなど、みんな石油などを使って暖かくしなければできないものです。季節のものを季節に。安上がりだし、環境にもいいと信じ、この時期はトマトは缶詰と季節に冷凍しておいたトマトソースでまかなっています。


[139]>49 洗剤全体の消費量を減らす事が大事 BROWN6

皆が適量を心がけてちゃんと実行すれば良いだけなんですよね。


[140]>66 車ってそんな必要ですかね? BROWN6

一般人に車はそこまで必要でしょうか?

食料の運搬とか人間が生活するために必要なところは必要ですが、

移動手段は電車もあるし自転車もあるじゃないですか、これで十分なんじゃ?

主婦が歩いて行ける距離に自動車を使ったりってどうなんでしょう。荷物が重いとか歩くのがしんどいとかそんな程度だろうし。


[141]話し合い、人の体験を聞くことから始めています momokuri3

地球にいい行動はたくさんあります。でも、自分の日常の中で何ができるかと考えると、今の自分の生活の中では難しそうなことが多く、なかなか実践に踏み切れない状態でした。

しかし「イエはてな」がきっかけになって色々な人の体験や意見に触れていくうちに、家でも友達とでも、ここで見たことを話題にできる機会が増えて、だいぶ世界が広がってきました。

今はまず基本的な電気やガスの節約と、使い捨てない物の買い方の工夫に手を付けています。少しずつ色々な考え方と方法を取り入れて、いつか自分から情報を発信していけるようになれたらと思っています。

環境初心者の私の「地球のためにいい家、暮らし方」は、まず話し合い、多くの人の体験を聞くことからスタートです。


[142]>113 長く使える家は理想 booboo_002

社会構造が農村社会から都市化して、住居が個別化(夫婦と子どもとかの)し、地域の共同作業が激減しちゃったので、昔ながらの日本家屋の存続が維持できなくなっちゃったんです。茅葺の屋根の葺き替えを一回でやろうとすると、実は現在叔父が2年かがりでやっていますが、三千万かかると聞きました。…家1軒が建っちゃいますものね。

かつては、農閑期に持ち回りでお手伝いしてくれる人がいたからできたこと、五箇山では地元の人に加えてボランティアも参加してやっているようですよ。

政府指導で、農業を振興し、核家族から大家族へ家族構成を変えるような政策が打ち出されれば可能になるのでしょうか。何百年も続いた地域の互助慣習が廃れてしまった今、実現するのは難しいでしょうね。便利さに流されないで生きたいとは思うけれど、床暖房があったらいいな相反して思うこの頃です。


[143]>139 洗剤余話 booboo_002

スパゲッティを食べたお皿を、茹で汁で洗うときれいになります。でも、樹脂系の食器は洗剤を使わないと何故かヌタヌタした感じが残るんですよ…そのために使ってしまいますが。仕事先での食事が業者弁当のため、使わざるを得ないのです。

この前20すぎの女性と一緒に洗い物をしていたら、油汚れじゃないものにも中性洗剤を使っているのでびっくり。泡が立たないときれいにならないと信じていたそうです。そんなような人がたくさんいるみたいです。そういえば、こびりついたご飯もきれいに取れます、なんていうCM もありましたっけ。

業者の宣伝に踊らされない、賢い消費者を増やしたいです。


[144]>133 風呂の水の再利用 shoki0311

私の家でも風呂水を洗濯に再利用するなどの事は行なっています。

私の家は田舎なので、川の水を軽くろ過したものが水道水として流れています。

つまり川が汚れると必然的に水道水などの生活用水も汚れてくるのです。

そんな事にならないためにも一人ひとりが水の大切さを知る必要があるように感じますね。


[145]>138 美食家 BROWN6

食通も環境破壊の原因を作ってますね。


[146]>21 農地を持っている人にも問題が・・・ booboo_002

頭が固い人が多いのに加えて土地に対する所有欲でにっちもさっちもいかないと言うのが正直な感想。政府のいわゆるノー政にも問題があった。経営が難しいのと、この数十年の農政で労働に見合った収入が得られないという意識ができちゃったのでしょうね。

そんなわけで、見渡してみると、休耕地がたくさんあるけれど、有効活用されていない。親が農地を持っている人を何人も知っていますが、後を継ぐ意志はないよう。団塊の世代が農業を始めると、今後はすくならかぬ変化がありそうだとは思うのですが。30代くらいではじめないと厳しいのが現実でしょう。団塊世代の次の世代が興味を示し始めることに期待したいです。


埼玉の加須市だかで、共同経営をはじめた人たちがNHKで紹介されていたけれど、まとまった土地があれば過疎の地域興しでできそうに思うのですが。自治体の努力にも期待したいですね。


[147]>58 使い過ぎは厳禁ですよ BROWN6

詰め替え用を利用するのは良い事ですが、シャンプーや洗剤の使い過ぎは川等を汚してしまいます。


[148]体しか使い道がない私は山林作業に参加 tough

いつもやっているわけではないのですが、山林の保全作業体験に参加したことがあります。そこで学んだことは、日本に本当の自然の原生林というのはめったにないということでした。鳥の鳴き声が一杯の山の中も、実は人間の手が入っていたのです。

自然は一度手を付けたら、責任を持って保全し続けなければなりません。後は野となれ山となれと言いますが、人間が手を付けてしまった山林は、茂りすぎると日光を遮り、土壌をだめにし、生育の悪い木がただ滅ぶのを待つだけの場所になってしまいます。野原にもなれない最悪の状態になってしまいます。

だから森は手入れしないといけません。その作業が大変です。でも、本当なら自然がやってくれることを人間が代行するのですから、大変なのは当たり前です。

林業が産業として成り立たなくなり、その作業に従事する人が激減しています。このままでは山がだめになり、山にいる動物達が生きられなくなります。クマやイノシシやカモシカが人に危害を与えているというニュースを聞くたびに、また山に手伝いに行きたいという気持ちに駆られます。


[149]リサイクルすれば良しではなく資源を使わない工夫が必要なのだと思います。 BROWN6

本で知った事ですが、ドイツは牛乳はビンでしか売られておらず、ビンを消毒する機械がスーパーに置いてあり消費者はそこで消毒して新しい牛乳を入れるそうです。

缶ジュースも環境に悪い理由から敵視されています。

スーパーなどで雨の日に傘をいれるビニールもありません。

台湾に旅行に行ったときは、コンビニなどは

包装しないのが普通でした。日本より進んでいますね。

日本は「包む」文化が発達していると言われますが、

環境問題においてはその美徳がマイナスに影響しているように感じます。


[150]>111 その通りだと思います tough

以前、エコはエゴから始まると言っていた人がいました。悪い意味ではなく、castironさんがお書きになったと同じ意味です。

世の中には公害で尊い命を失った人や、木のなくなった山が崩れてその犠牲になってしまった人や、誤った護岸工事で氾濫した川に飲まれてしまった人や、豪雨で流れ道のない水が溢れて蓋が開いてしまったマンホールに落ちてしまった人や、山から下りてきた動物に襲われてしまった人などがたくさんいます。それはみな突き詰めれば人が自然を壊してきたことが原因だと思います。

悲しい災害や事故を無くすためにも、自然を守っていくことが大切ですね。ましてや子孫のことを考えたら、今みたいなことをしていたら取り返しがつかないと思います。


[151]>70 車社会に対する提言をやっと見つけました tough

なぜ自動車について誰も書かないのかと思ったら、下の方でやっと見つけました。車に言及する人がいないのは、車は生活必需品という意識が強いからなのでしょうね。でも自家用車の利用を少し抑えるだけで、日本全体では大変な省エネになると思います。

たしかに地域によっては車がないと生活が成り立たない所もありますが、今はかなり郊外でも徒歩圏内に生活に必要な施設が整い始めています。少しだけ車の使用を抑えて自分の体で町を歩いてみると、自分の地域がよく見通せて、失われていく自然への認識も高まってくると思います。


[152]>149 日本でもペットボトルが出始めの頃は tough

省資源に逆行するからと、1リットル未満の容器では売らないようにしようという決まり(業界の自主規制?)があったらしいですね。それがいつのまにかなし崩しになって、今やリサイクルにも回らない使い捨てボトルが道のゴミです。

日本の包む文化は贈り物の文化で、お店から裸で買ってきた物を心を込めて自分で包んで先方様にお届けするというのが元々だろうと思います。

最近買い物にマイバッグというのが普及していますが、さらに液体商品はマイボトルで買うなどの発展がほしいですね。焼酎などは量り売りがけっこううけています。


[153]>130 自分もWindowsは嫌になりはじめています tough

Vistaの発売に合わせてハードメーカーも新モデルを投入して大商戦が繰り広げられるようですが、そこには捨てられるPCのことが何も考えられていない気がします。

今はLinuxは少数派ですから情報が少ないし外部機器の対応にも問題があると思いますが、日本中がLinuxに移行していけば何の問題もなくなると思います。

PCの世界は一夜にして地図が塗り替えられる世界ですから、これを機会にWindows離れを加速させられるといいですね。私もVistaは買い控えです。XPのサポートが切れたらLinuxに移りたいです。


[154]>110 バナナの話、自分も聞きました tough

何かの講演会を聞きに行った友人が、バナナ農園の話を聞かせてくれました。出荷先の要求に合わせようとするとすごい量の農薬をまかなければならず、そのための健康被害が深刻だという話ですが、私がショックを受けたのは、それを要求する出荷先のほとんどが日本だという話でした。

日本が無農薬バナナを欲しがってくれれば私たちは救われると力説していたそうです。その無農薬バナナが実現しているのですね。そのバナナが日本中にひろがってほしいです。

現地の人が健康で幸せに働きながら作れるバナナを応援したいと思います。逆に外国に毒を蔓延させて作らせている企業は調べてボイコットしたいですね。


[155]私一人では何もできないので Oregano

自然保護団体に入会して、そこを応援することで少しでも自然のために貢献できるようにしています。

http://www.nacsj.or.jp/

こちらに入会しています。ここは尾瀬の保護活動をしていた団体が全国規模に大きくなった所で、環境省認可の財団法人ですが、もともと登山家や生物学者の人達などで作られた団体なので、政府の紐付きではなく、政府相手でも言うべきことは堂々という団体です。

政府の紐付きでないので資金が乏しく大変なようです。私は時々「環境残業」と名付けて、残業代を寄付しています。こうすれば残業も自然を守るための仕事になります。

http://www.wwf.or.jp/news/magazine/index.htm

こちら(WWF)は入会はしていませんが、ずっとメールマガジンを購読しています。署名などのお願いがくることがあるので、そういうものにはできるだけ協力するようにしています。


[156]>141 一人でなくみんなでというのが楽しい Oregano

私も一人では何もできないという気持ちが強いですが、家族や友達と話し合えると、そうだ自分にもできるんだという気持ちにまれますね。地球にいいことは楽しい。楽しいことはみんなでするともっと楽しい。そこがポイントですね。


[157]>150 うれしいご意見です Oregano

私は自然保護団体に入っています。世論の後押しがないと大切な自然が危ない、知って協力してくださいといった呼びかけがたくさんあります。そういう呼びかけを、これは自分のためなんだという気持ちで受け止めてくれる人が増えたら、ずいぶん自然が守られると思います。

自然の守り方には、生活の中でポリシーを持って環境負荷を減らしていく道と、政治の世界にも物を言って社会を動かしていく道があると思います。どちらも目指す所は同じはずですが、それぞれのグループの間には大きな距離がある気がします。お互いに交流がないのです。

全てを「自分のため」「私たちのため」と受け止めていけるようになったら、色んなグループが気持ちを一つにして交流していけるようになると思います。


[158]>117 緑は友達、いい言葉ですね Oregano

母が「こうやっておくと葉っぱが育って食べられるのよ」と大根の頭を水栽培していたのを思い出しました。ネギはそのまま置いてもどんどん伸びますね。以前それならと植えておいたらかわいいネギ坊主ができて、ネギも生きているんだなぁとうれしくなったことがありました。

今私は鳩のエサから麦だけとって、それをたくさんまいています。しばらくたつと柔らかい新芽が出てきます。猫のサラダ用ですが、そのまま育てると立派な麦になります。猫も麦もかわいいです。


[159]>2 ポイントがもったいないので変な所に失礼します Oregano

戦争をさせない自然保護、大賛成です。戦争のために犠牲になる野生動物はすごく多く、世界中の多くの自然保護団体が戦争を食い止めようと努力しています。

遠くの戦争も、地球の生き物である自分に大きな影響をおよぼします。

自分が生き延びたかったら、愛する人を守りたかったら、まず世界のどこにも戦争をおこさない世の中を作っていくことが大切だと思います。

平和とは戦争がないことではなく、軍隊が不要になる世の中のことだと思います。人類のためだけでなく、地球全体のためにも、軍隊不要の世界を願っています。


[160]>120 猫しかひっつく相手がいませーん Oregano

暖かいですけど、人肌も恋しいです。寒いと奥さんがひっついてくれるダンナさん、いいなぁ。


[161]>145 というより外食産業が Oregano

毎日すごい量の食材をゴミにしていると聞きました。日本中まとめると一億食分とかそれ以上とか。それが本当だとすると、大変な地球に優しくない産業ですね。そういうところの一部が戦争に資金を出しているという許せない噂も…。ゴハンはよくわかっている近所の食堂か家で食べることにします。


[162]>151 やっと反響が(笑) MINT

車のことはもっと皆さん関心あるかと思ったらぜんぜんでした。皆さんもうあたりまえのこととして車はひかえていらっしゃるのでしょうか。

使用回数を減らすだけじゃなくて、環境を考えた運転も大切ですよね。最近知ったのですが、下り坂や減速の時などはエンジンブレーキを活用すると燃料の噴射が抑えられて省エネになるのだそうです。ほんとかな。でも信号にさしかかる時など、ゆっくり減速していくと安全運転にもなるからいいですね。

歩くと地域がよく見えるというのは同感です。消えていく自然の目撃者になることもありますが、その分今の自然を大切にしなければという気持ちが生まれてきます。


[163]>134 色々な植物の育て方がありますが TinkerBell

堆肥というのは肥料という意味だけでなく、土の質を良くする意味が大きいんだそうです。だから直接植物を育てるだけでなく、土の中に暮らす小さな生き物のために使ってあげることもできると聞きました。ですから、みんなで作って土に還元すれば、植物以外の生き物のためにもなると思います。


[164]>156 ありがとうございます momokuri3

>地球にいいことは楽しい。楽しいことはみんなでするともっと楽しい。

そうなんです。地球によい事というと我慢や不便を強いられると思っている人がいますが、そうではなく、知識を披露し合ったり、工夫やアイデアを教え合ったり、成果を競い合ったりするのがとても楽しいんです。ここで皆さんの投稿を読むのも同じような楽しみがあります。


[165]>155 そういう手もあるのですね momokuri3

「環境残業」というのは参考になります。直接地球のためにつながらない仕事でも、これなら地球のために働くことになりますね。私も地球のための残業、励んでみようと思います。


[166]>162 ついつい sayonarasankaku

コンビニに行くにも、車で行ってしまいます。

反省せねば…

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ