人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

社長が海外出張に行った場合、日当は支給出来ない。と税理士事務所に言われました。やはりそうなのでしょうか?

●質問者: realwing
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:出張 海外 社長 税理士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/5件

▽最新の回答へ

1 ● ssys
●20ポイント

会社は払えるけど、税金を多く払う事になると言っていると思いますよ!

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● kn1967
●35ポイント

具体的にどのような説明を受けたのかが判りませんが『旅行規定が無いために所得とみなされて課税対象が増えるだけ(俗な言葉に直すと旨味が無い)』という事ではないかと思いますよ。


思いますけど、とりあえず、もう一度詳しく聞いてみる(相談してみる)ことをお勧めします。


http://kigyo.livedoor.com/article/tax/16.html

中小企業でも海外出張は当たり前の時代です。ただ、行き先が海外であるため、観光旅行も兼ねることが多いと思われます。もし、観光が主目的で業務は二次的な目的と税務署に指摘を受けると、出張費は役員賞与となります。役員賞与とされると会社は経費にすることができません。また、役員は所得税などの税金を支払わなければなりません。

そこで、業務上必要とされる部分と観光の部分を区別して経理処理します。これには、実費の旅費を業務を行った日数と観光した日数で按分すれば問題ありません。

また、海外出張は国内出張に比べて長期間に渡ることが多くなります。その期間が7日間以上となれば、土日が含まれることになります。

この土日は業務を行っていなくとも出張の日程上必要であれば、この期間の交通費やホテル代を実費精算しても会社の経費に計上できます。

出張費は税務調査の際に問題になることが多い項目です。社長の家族旅行費用を会社の経費にするのは論外ですが、税務調査で指摘を受けないためにも旅費規程を必ず作成しましょう。また、社長が出張した場合であっても報告書を必ず作成するようにしましょう。

◎質問者からの返答

海外出張旅費規程はすでにあります。その規定の中で「社長の日当」を設定しておりますが、その様に「社長の日当」を設定・支給すること自体が認められないものなのでしょうか?


3 ● にしk
●26ポイント

日当というのは、従業員に払うものだと思います。

社長(=役員)への報酬は

・役員報酬(損金参入OK、但し柔軟な変更はできない)

・役員賞与(損金でなく利益処分)

の2種類しかありません。

日当は本来、出張に関わる諸経費を一括してまかなうための費用を

簡易的に精算するための制度だと思うので、社長であれば

出張関連経費の領収書をすべてとっておき、経費精算するのが良いと思います。

◎質問者からの返答

弊社の海外出張旅費規定の中で「社長の日当」を設定しておりますが、その様に「社長の日当」を設定・支給すること自体が認められないものなのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ