人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

標準偏差を平均で割ると変動係数とよびますが、分散を平均で割る LEXIS RATIOの和訳は、何というのでしょうか。 意味は、変動係数と同じでしょうか。
二項分布と負の二項分布とベータ二項分布のそれぞれの特質も説明してください

●質問者: megaworld
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:ベータ 分布 標準偏差 特質 AT
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● snaruseyahoo
●60ポイント

まず、LEXIS RATIOの和訳ですが、LIXISは「語彙・データベース」という意味であり、PATIOは「比率・割合」という意味ですから、分布率または分布量とでも訳されましょう。基本的には標準偏差の平方ですから、ほぼ意味は同じでしょう。

http://www.is.seikei.ac.jp/~iwasaki/kouginote/B/B.00.1.Contents....

まず二項分布についてですが、これはコインをN回投げた場合における表の面の出る回数の分布をいいます。コレが元になって、正規分布が考えられたともいえます。

次に、負の二項分布とは、コインを投げて表の面が出るまでに要する回数の分布をいいます。これは、回数=1となる確率が1/2、2回となる確率が1/4、3回となる確率が1/8、N回となる確率が1÷(2のN乗)となり、正規分布とは異なりボアソン分布等に近い感じになります。

最後に、ベータ二項分布ですが、これは基本的な性質は二項分布と同じですが、計算方法の違いにより(母標本を元に計算する)、分散(標準偏差)は二項分布よりも大きめになります。

以上です。

◎質問者からの返答

ベータ二項分布について、どのような事例で用いるのか、もう少し説明してください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ