人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ハードディスクを分解し、中の円盤部分(プラッタ)を読みとる業務用機械、もしくはこれに関連する情報

●質問者: tt4kmi
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:ハードディスク プラ 円盤 機械
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● titilat
●27ポイント

http://www.siint.com/technology/probe_applications.html#SPM_appl...

ハードディスクのプラッタの磁気配列は磁気力顕微鏡で見ます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

確認させていただきました。表面の状態の撮影等に使用する機材のようでした。プラッタのデータを読みとる業務用機器の情報があればと考えております。


2 ● kn1967
●27ポイント

HDD自体が高精度・小型化されたため、昔の大型ハードディスクとは違ってプラッタを移植してデータを取り出すということは不可能に近いです。

http://www.pc119.co.jp/faq.html

「専門業者はHDDを分解し、プラッタ-を取り出し専用の読み取り機にかけてデータを吸い出す。」 皆さんはこれをどう思いますか?すごいと思うでしょう!私もそう思います!ただこの内容を鵜呑みにしないで下さい!

現在のHDDを(設計者のレベルで)熟知している方なら、「出切る訳ないでしょ!」と言うでしょう。

? 中略 ?

【プラッターは外したら致命的】

プラッターは組み立てられた状態から簡単な判断で分解してはならないのです。

一度分解したら、データ復旧はほぼ不可能になります。

毎分4500(2.5")?15000回転(3.5"SCSI)のプラッターを振動しないように精度良く組み立てられますか?(ゆっくり回したら、ヘッド出力が落ちデータが読み取れません。)

(Ontrackでは場合によっては、熟練した技術者が分解・再組み立てを行うこともありますが、他に方法がない最悪の場合にのみ、リスクを承知で実施します)

再組み立ては、それぞれのプラッターの取り付け位置(中心位置・回転方向角度)がミクロンの精度で元の位置と全く同一の状態にする必要があります。

上記にありますように、プラッタを取り外して読み取ることは困難を極めますが、ヘッド交換などで対処可能なようであれば読み出せる可能性は高くなりますので、プラッタ清掃だけで読み取れない場合はヘッド交換などを併用することになります。

http://www.otsuka-shokai.co.jp/dr/rcv/detail.html


以上、参考になりますでしょうか?

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。


3 ● utagawh
●26ポイント

http://www.ryoya.net/hdd_on/index.html

http://www.ontrack-japan.com/

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ