人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨今、NPOや大学識者、公的組織、システムらがトップに立って、

青少年、子供への成長過程で、心理的・精神的に悪影響を及ぼしかねない表現、展示傾向、編曲?編集?や、
まるで、ユダヤ政商らの引きずられた政治の言い訳、責任転嫁の映画作品が大変乱立してるのにも、

大変気になるのですが、

? オンブズマン制度みたいな組織はないのでしょうか?

? 皆さんが危惧される美術館、博物館、通信環境・・・等
あればお教え下さい。。

●質問者: takokuro
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:オンブズマン システム ユダヤ 制度 博物館
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]見当はずれな回答かもしれませんが odorukuma

言論・表現の自由と衝突しそうな気がします。


[2]>1 賛成です。 condorpasapasa

質問文が読解できないのですが、回答に賛成です。


[3]>1 自由と暴力との判別基準が、どの視点でされるかをハッキリさせると、大元が明らかにされる?!? takokuro

『自由』vs『法的制約』という視点ではなく、

『自由』の中にある『暴力』は、

同時に、子供、老人、一般大衆ら、

政治権力と繋がっていない弱者迫害に対し、非力であること。。

NPOの代表者らも現在では、

政治権力や山口組とさえ連携し、

しかも! 検察庁庁官や役職者らがかつて、

裁かれる対象側にいて、退職し、天下って、

自治体やNPO活動のリーダーとして活躍してる現在では・・

目先の建前にエサとして、国民の選挙票を稼いでるようにも感じるのですが・・??


[4]危険なものはいつの時代も qjpem028

前衛とみなされます。つまり芸術。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ