人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

確定申告をしなかった場合、所得税の還付金が受け取れなくなる以外にどんなデメリットが考えられますか?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:デメリット 所得税 確定申告
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● zaji
●4ポイント

脱税になります。

http://q.hatena.ne.jp/answerダミー

◎質問者からの返答

脱税にはならんやろ。


2 ● sadajo
●24ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1337353

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


3 ● tekenaar
●24ポイント

確定申告期限が過ぎても申告書は提出できますが、この場合は期限後申告ということになり、原則として納税額の15%相当額の無申告加算税がかかります。

http://www.daikyo.co.jp/e-smart/tax/main/qa/qa2000/qa2118.htm

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


4 ● arhbwastrh
●24ポイント

還付の対象者なら別に申請しなくても問題ありません。

ただ単に還付してもらえないだけです。

自分の場合、1000円や2000円程度なら時間の無駄だと思うので申請しません。

http://q.hatena.ne.jp/1170071176

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


5 ● seble
●24ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1170071176

収入その他もろもろの条件によって違ってきます。

まず、還付金が発生するという事は、すでにいくらかの所得税を納めているという事です。

給与所得者などは源泉により、先に所得税を納めています。

国は納めすぎについては文句は言いません。

すでに、所得税を払っている以上、問題はありません。

こちらが損をするだけです。

また、計算して税額が発生しない場合は結果として納税義務がないので、申告も不要です。

しかし、税額が発生しないくらい低収入の場合は、申告する事により国保の減免措置が受けられます。

また、税額が発生するにもかかわらず申告せず、納税しなかった場合は延滞税、重加算税なども加算される可能性があります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ