人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

資本金1千万円以下の法人について、東京都の区に2箇所以上事業所がある場合の均等割はいくらになるのでしょうか?区が増えるごとにプラス5万円ですか?

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:プラス 千万 東京都 法人 資本金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● newmemo
●60ポイント

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_b.htm

法人住民税の均等割額は資本金等の額と従業者数に応じて税額が違います。資本金一千万円以下で新たに設立する事業所の従業者数が50人以下の場合、新設される区が増える毎に5万円(年間)が加算されます。

(2) 均等割

複数の区市町村に事務所等がある場合は、区・市・町・村の数だけ市町村民税が課税されます。

ア 東京都内における事務所等が、23区内のみにある場合

表3の都民税Aの金額を都税事務所に納めます。なお、都内で2以上の区に事務所等がある場合には、都内における主たる事務所等分として算出したAに、従たる事務所のある区ごとに算出した市町村民税Cを加算した金額を、「都民税」として、都内における主たる事務所等の所在地を担当する都税事務所に納めます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ