人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

近代(恐らく)の文学で女の子を好きになって、結局相手にされず、その女の子の鼻をかんだちり紙を手に入れ、そのちり紙のにおいを嗅ぐという話の作品名と作者を教えてください。


●質問者: fumie15
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:女の子 文学 近代
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● muumuuyoshi

夏目漱石の『三四郎』ではないでしょうか?

質問内容と話が完全に一致するわけではないのですが、

”好きになった女性のハンカチの臭いを嗅ぐ”

描写があるので、この小説かと思います。

↓青空文庫から『三四郎』

図書カード:三四郎

◎質問者からの返答

うーん。三四郎ではないような気がします。

大学の教授の雑談のなかで「鼻水をなめるなんて

気持ち悪いよね」ということを言っていたので

違うと思います。


女の子の鼻水を嗅ぐのではなく、「なめる」

でした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ