人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: yuushanooka
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

6 ● sarumonkey
●13ポイント

その場で負けても、本来の目的が達成できれば、勝ち。みたいな場合であると思います。

たとえば、最近自分の会社であったシュチュエーションで説明すると。

広告宣伝部のT部長に、予算を2000万円ください。とお願いする必要があった場合。

「Aの商品をこのくらい売りたいので、そのためには、A案のような企画のカタログがいるから、予算をくれ。」と私が説明します。

T部長曰く「そんなカタログ無意味だ。 A商品をうるなら、B案のような企画であるべきだ。それならわかる」と、別の案を提示しました。

私としては、A案、B案はどうでもよくて、2000万円がほしいので、「わかりました、案を全面的に変更し、B案にします」ということで打ち合わせを終えました。

案の議論では自分の負けですが、ここで戦わず、結果的に当初の目的(=金をくれ)をあいてに飲んでもらう。

こういうときに、「負けるが勝ち」が浮かびます。

◎質問者からの返答

一歩引いてみる余裕が勝利をもたらすこともある。


7 ● morimori_68
●13ポイント

http://www.from.co.jp/imode/Proverv/001-099/prov_014.htm

むかし中国に韓信という大将軍がいた。

彼は若いころ与太者に絡まれたが、こんなつまらない場面で争っても面倒なことに巻き込まれるだけで後々のためにならぬと思い与太者の股をくぐった。すなわち負けてみせたのである。

この時与太者の挑発に乗っていたら後の韓信はあり得なかった可能性が高かっただろう。

負けるが勝ちの好例といえよう。

◎質問者からの返答

むしろ恥ずかしいどころか好印象ですね。


8 ● kiyo
●13ポイント

人生万事塞翁が馬ということわざがあります

そのときそのときの状況が最適であり、うれう必要はないということです。

東大法学部に現役合格し、単位が取れずに中退した人もいるそうです

電通に入って過労死する人もいます。

政治家になってスキャンダルに巻き込まれている人たち、

人から見ればうらやましい人生ですが、これらは本人の望んだことではないと思います。

つまり、競争に勝ったがために上のレベルでの競争にまた苦しみ、予期せぬ事態に巻き込まれて失脚するよりも気楽な方がいいじゃないということです

◎質問者からの返答

勝負勝負に追いまくられるとそのうち負ける時も来る。気楽にいこうよってことですね。


9 ● tekenaar
●13ポイント

1)上司とのゲームで負けてあげる。長期的にみれば勝ちのような気がします。

2)戦術として「(一時的に)負けるが勝ち」=敵を油断させて後で勝利をおさめる。例としては、トロイの木馬なども「負け」なしにはなかった話だと思います。イリオス勢に、ギリシア勢が負けて去ったと信じ込ませて勝利をおさめました。具体的には下記のリンクをどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%81%A...

◎質問者からの返答

戦では、戦いのさなかに負けたフリして逃げ出してみて、それを追ってきた敵を伏兵で待ち伏せ攻撃するとか、そういう「負け」を逆手にとった作戦も多数ありますね。


10 ● tibitora
●13ポイント

こちらは参考になりますか?

http://www.putiputi.co.jp/shacho/shachoshitsu14.htm

ゆずりあう気持ち

「負けて勝つ」「負けるが勝ち」といいますが、相手にゆずるという行動は、まさしく「負けて勝つ」戦術です。席や道をゆずる位で「負け」とはおおげさな・・・とおっしゃるかもしれませんね。でも、負けは負け。だから、一部の若い人たち?「勝たなきゃ本能」が最も旺盛に発揮されている時期にいる人たち?には、なかなかできないことなのです。彼らは「1か10か」ではなく「+か?か」のみで判断しますから。

しかし、その後ためしに相手にゆずってみて、だんだん他者にゆずる習慣がついて、「ものを考える」「運転を楽しむ」「音楽を楽しむ」「読書を楽しむ」などと言った、「本来自分がその時間にしたかった行動」に集中することができれば「勝ち」であることに気づくようになります。「負けるが勝ち」という経験則(処世術)を「学習」したわけです。

この処世術におけるポイントは、その場合はゆずる・この場合はゆずらない・・・などと「条件式」や「場合分け」を決して設けないことです。条件式を設けますと、いちいち心に葛藤が生じてしまいますから。形としてはゆずっても、魂ではゆずってない、単に「負けた」だけということになってしまうのです。譲ると決めたら、徹底的に譲る、これがポイントです。

◎質問者からの返答

勝たなきゃ本能が旺盛なのはまだまだ未熟なのかなーー。でもそういう青年らしさは好きですよ。


6-10件表示/17件
4.前5件|次5件6.

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ