人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お寺の周りには蕎麦屋さんが多くあると思うのですが…その理由(由来?)を教えてください。

●質問者: shinmai
●カテゴリ:グルメ・料理 ネタ・ジョーク
✍キーワード:蕎麦
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●25ポイント

http://www.shobu.co.jp/soba/index2.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6

特に寺院などで「寺方蕎麦」として蕎麦切りが作られ、茶席などで提供されたりした例は、江戸時代初期から文献に見られるようになっている。

こういった理由があるかもしれませんね。


2 ● rr003013
●25ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/1699/k5.html


3 ● mnby
●25ポイント

http://www5.ocn.ne.jp/~soba/terakatasoba.htm

精進料理の中で、重要な強精の栄養食であったということ、また、檀家に蕎麦をふるまう風習があったということなどが挙げられています。


4 ● booboo_002
●25ポイント

http://www.jindaiji.co.jp/

深大寺そばとか、比叡山のふもとの坂本とかも有名ですね。

密教や修験道の寺院が修行の都合で山間にあって、蕎麦が最も育てやすかったからなのではないでしょうか。(月山とか永平寺、善光寺など)

深大寺の場合は、武蔵野の湧水が蕎麦に適していたとか。

現代はどうかと考えると、谷中だったら池之端の藪や蓮玉庵が近いですね。多摩霊園とか青山墓地は詳しくわかりません。墓参後に外食するのに、年配の人もさっぱり食べられるからでしょうね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ