人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自分の働いている会社は今、売り上げを伸ばす為に、単純に売り場の規模を広げ、人は増やさずに現状の人員だけで補っている状況が続いています。そんな中で先日、過労によって人が倒れました。

その後、上長より業務改善についてのアンケートが配られましたが、その内容は「業務の内容」、「所要時間」、「発生頻度」、「他のメンバーが代行できるか」というような、各スタッフの業務内容を箇条書きにする内容でした。

上長なりの考えがあるのかもしれないのですが、このアンケートに答えるだけでは、仮に実働8時間とした中でどのように仕事を割り振るかという数値上の問題だけで片付けられてしまう気がします。仕事とは全てがスケジュール通りに行えるものではないと思いますし、根本的な問題解決につながらないような気がします。

説明不足ではありますが、この上長の考え方をひっくり返せるような理屈をアンケートに記入しようと思っています。そこで、皆さんに一緒に理屈を考えていただきたいです。(もちろん自分に対しての反論や、皆さんの労働に対する考えでも問題ありません。)宜しくお願いします。

●質問者: ekat888
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:アンケート スケジュール スタッフ メンバー 上長
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]幾つかの項目が抜けています Baku7770

例えば、異なる作業で売り場を移動する必要がある場合の移動時間をどうするのか?

体感時間と実際の時間の差をどうするのか?このような作業はストップウォッチで計測するのが常識です。

売り場と書いてあるので流通業と推測しますが、こういったことは流通業の方は不得手で製造業の方か労務コンサルタントに任せるべきだと考えますが。


[2]・・・ ode_x

「おまえが現場でやってみろ」と言う。


[3]事故の危険率が上がります miharaseihyou

単純に効率を上げるのは限界に来ていると感じました。ジャスコなど徹底的なリストラの結果、売り上げの減少により利益率が下がって、現在増員して人員の育成中だそうです。倒れたということは当然「労災事故」ですよね。よく基準監督署が黙っていますね。それとも内部で隠し通したのか。非常に危険なやり方に見えます。


[4]本来の目的を別の方法で達成する sarumonkey

「売り場面積の拡大と、業務負荷」「業務量の改善」が論点になりすぎている感じがします。本来の目的は「売上げを伸ばすために」なのですから、会社に別の角度の「売上げ伸長策」を提案してはどうですか?

どういう会社か知りませんが、自部門だけでなく、会社として取り組めば、改善できる部分もあるのではないでしょうか?

「仕入れ方法を変える」「値段のつけ方をかえる」「販促イベントをしてみる」「チラシの体裁を変える」など、別の視野からの業務改革を上司も部下も意識できるような体質にならないと、どの業界も今はきついと思います。

上司のやり方が悪いか? 部下の働き方が悪いか?という水賭け論になっても、売上げが伸びなければ、結局は環境は改善されません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ