人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「水素ガスを白金片に吹き付けると発火する」という記述を、ウィキペディアで発見しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A6%E5%AA%92

実際にやってみようと思っておりますが、これは、市販されている白金線に水素を吹き付けても再現するものでしょうか。
ちなみに「白金黒ならば確実に出来る」という情報は既にあります。
「白金線」で出来るかどうか、教えてください。

●質問者: Mad-Tanuki
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:ウィキペディア 水素 発見 白金 記述
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● rr003013
●36ポイント ベストアンサー

白金線で水素を燃やす

http://www8.plala.or.jp/grasia/frameindex.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

多少加熱が必要なのですね。

できれば2,3の実施例を知りたいので、引き続き情報を募集いたします。

Web上に情報があまりないようでしたら、文献の紹介やご自身の経験を紹介してくださっても結構です。

ただ、申し訳ありませんが「理論上こうなるはず」といった回答はご遠慮ください。


2 ● kurukuru-neko
●19ポイント

ちょっと違うけど原理は、同じでは

http://www.geocities.jp/grasiacivic/ptline.pdf

http://shippai.jst.go.jp/fkd/Detail?fn=0&id=CB0011006&

http://my.reset.jp/~adachihayao/020209B.htm

http://my.reset.jp/~adachihayao/020209C.htm


http://www.kanto.co.jp/times/t_pdf/CT_202_04.pdf

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● microftxxx
●30ポイント

このページはごらんになっていますか?

http://www.toray.co.jp/tsf/rika/pdf/rik_a403.pdf

白金線というよりも白金網による実験ですが。

白金は触媒作用を持ちますので、水素と酸素が結合して水を作る反応の活性化エネルギーを下げます。つまり、反応はより低い温度で起こるわけです。触媒作用は白金の表面で起こるため、なるべく多くの表面積を有する白金を用いたほうが有利なわけです。そのための白金網ですね。触媒は表面のミクロというかナノの領域で、なるべく高次の面指数を持ったところで起こりやすいということでもあります。

”線”で反応が起こらない場合は、白金線の温度を上げるのが次の打つ手かと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ