人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一般的な企業のWebサイトの技術的なバックグラウンドが知りたいです。

以下の4タイプの内、1番多いものをあげて、その理由をお書きください。
また、今後増えそうだと思うものもあげてください。

1)html/javascript/cssの静的なサイト
(お問い合わせ等の部分的なperl/php含む)

2)perl/phpを使用しているサイト
(xoops/MovableType等既存のパッケージを除く)

3)xoops/MovableType等既存のパッケージを使用しているサイト

4)J2EEをを使用しているサイト


●質問者: wm107p
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:CSS HTML J2EE JavaScript MovableType
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]トピ主から wm107p

現状、1)でしょう。webに金をかけない企業が多すぎです。

ただ、情報を効率的にどう見せるか考え、利益を得る潜在的な可能性がwebにはあり、金をかけるべき価値があると企業が気付けば 2)、3)、4)に推移すると思います。

この気付きが大切。


[2]私見ですが battan

webに金をかけない企業が多いという点は半々です。

リリース後のアフターケアの仕方でかなり変わってきくると思います。

例えばアクセスログの解析から次のリリースへのアドバイスを行うなどで企業側の意識は変わってきます。

で、ご質問の件ですが、現状1)+CMSという形態が多いと思います。

なぜ1)かというとCEO対策ですね。

動的ページは検索エンジンに拾って貰えないという現状の常識が理由ですね。なので、どうしても静的ページって傾向みたいです。

ただし、TOPページ以外は2)や3)を使う企業もみかけますね。

今後はアクセスログの解析以上にwebの構造だとかRSSだとかエンドユーザが増えるような提案なら企業もお金を出すと思ってます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ