人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

企業のメール環境で、外部と内部のメールサーバを
設置するメリットとは何でしょうか?

不正中継などセキュリティ的な問題もあるかと思いますが
基本的にそれは外部メールサーバの設定をきちんと
しておくことで回避できないものなのでしょうか?

よくある形態として

WAN
|
|
FW---MAIL(DMZ)
|
|
LAN---MAIL

こういうものを想定しています

●質問者: extrea
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:DMZ FW LAN いもの サーバ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● b-wind
●35ポイント

ちょっと図だけでは状況が把握しかねるのですが、自分がその構成を取るとすればパターンとしてはいくつか。

1.LAN 内のメールサーバーは社内専用のメールアドレスを発行できる。

(それが必要かどうかは別として)

2.DMZ にあるメールサーバーは受信専用、LAN 内のメールサーバーは送信専用。

ある程度のメール量になると負荷を分散する目的に使用できる

3.LAN 内のメールサーバーにメールボックスを置く事で、クライアントからのメール受信が早くなる( FW を介さない為 )。特に IMAP 環境では多くの通信を行うので重要。

ぐらいでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/1170495943


2 ● toohigh
●35ポイント

DMZのメールサーバは、

内部のメールサーバは、

・・・というような使い分けができるのがメリットかもしれません。

UNIX系の運用ノウハウはあるけど、社内PCはWindows、Windows用のメールサーバについてはセキュリティ面でいまいち信用したくない、みたいなパターンの場合ですね。


ただ、このような二段構えの形態を取る場合、外部からのスパムが一旦内部メールサーバまで来た上で拒否されるような動きになるケースが多い(DMZメールサーバは個別アカウントの情報を持たないため)ので、その点については一長一短かと思います。

http://q.hatena.ne.jp/1170495943

◎質問者からの返答

なるほど。

Windowsとの親和性ですか。

これも目からうろこです。

確かにAD連携やExchangeを使いたいという

需要はありそうですね

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ