人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

在宅ビジネスのノウハウを調べています。

在宅者に頼む側である企業(担当者)の事情について
紹介しているページがあれば教えてください。

「これこれを入力してください。」だったら簡単なのですが、
例えば、「○○な情報を探してください。」の場合には、
うまくニュアンスを伝えられないこともありまして・・・
もちろん、こうして欲しいという具体例を出す、
などの方法はとっているのですが。

一番知りたいのは、
「在宅ワーカーの方にうまく仕事内容を説明し
希望するレベルの仕事をしていただくための
ノウハウ・コミュニケーション方法」です。

やり取りにはメールが良いのか、電話が良いのか、
それぞれにおいて何かコツのようなものは無いのか、
どんな情報でも構いません。

よろしくお願いします。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:はと コミュニケーション ニュアンス ノウハウ メール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● onedotzero
●50ポイント

お互いPCがあり、インターネットにつながっている環境と仮定しての提案になりますが、

コミュニケーションツールを導入されてはいかがでしょうか。


無料で使える代表的なものとして、


Skype

http://www.skype.com/intl/ja/

音声チャットソフトです。

電話と同じ感覚で話ができるので、お勧めです。

PC同士であれば通話料金もかかりません。


MSNメッセンジャー

http://messenger.live.jp/

こちらは文字のチャットソフトです。

メールでもよいのですが、リアルタイムで

コミュニケーションが取れるので便利かと思います。

◎質問者からの返答

すごいです。

参考になります!

試してみます!


2 ● ssbi
●20ポイント

http://www.softbanktelecom.co.jp/blog/

↑このページからのブログですが↓

http://blog.softbanktelecom.co.jp/soho/2006/02/soho_10.html

メールやメッセンジャーを頻繁に利用するも、

コミュニケーションには限界がありました。

そこで1週間に2日くらい場所を決めて打合せを

実施することにしました。

結果、意思疎通の加速化にもつながり、

生産性も向上したと思います。

◎質問者からの返答

参考になります。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ