人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電子マネーのうち、一般に仮想マネーと呼ばれインターネットでの電子決済に用いられる少額決済システムの現在の普及状況を調べています。携帯電話のみで行われるものや、特定のISPでしか利用できないもの(例えばNIFTYのiREGi)は除きます。
以下に上げた電子少額決済のそれぞれの2005年度(または最新の1年間)の取扱高、手数料(店舗側が負担するパーセンテージ)、加盟店数、販売している主な店舗チェーン(コンビニ系列)を網羅し比較しているページを探しています。

WebMoney(株式会社ウェブマネー)
Digi-Coin(UFJニコス株式会社)
NET CASH(NTTカードソリューション)カードタイプも存在
電子マネーちょコム(NTTコミュニケーションズ)
BitCash(ビットキャッシュ株式会社)
G-MONEY(グレートインフォメーション株式会社)
セキュリティーマネー(グレートインフォメーション株式会社)
----------------------------------------------------------------

●質問者: yna1962
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:BitCash NET CASH Nifty NTT NTTコミュニケーションズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hamster008
●60ポイント

どの程度の要求をみたせば満足されますか?http://end

◎質問者からの返答

一番知りたいのは、各ウェッブマネーの年間の取扱高のデータです。少なくとも上位3社の取扱高が知りたいです。


2 ● hamster009
●10ポイント

今月号(3月号)の月刊アスキーに電子マネーのくわしい特集がありました(約20ページ)。ただし、お求めの各マネーの扱い高とか決算高は表記されていません。付されているのは契約者数とかカード発行数です。でも、かなりくわしい特集なので役に立つと思います。http://end

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ