人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

少子化問題というが一体誰にとっての問題なのでしょうか。
私たち国民ひとりひとりはその問題を解決しようとする方向で「頑張る」べきなのでしょうか。
産むか産まないか(男性の場合は少し表現方法が違ってきますが、男性も含めて考えてください)という判断はそれぞれのひとが自分の人生を掛けて決めていくしかないものです。
☆ その判断にたいし、国家が「頑張れ」という方向で介入することは正しいのでしょうか?
わたしはそうは思いませんが、皆さんの判断をお聞かせください。
(なお今回の質問は女性対象に行うことにしました。)
画像の説明は
http://d.hatena.ne.jp/noharra/20070130#p2

●質問者: noharra
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:いもの 人生 国家 国民 女性
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 100/100件

Q01.頑張るべきである、に対し
A. 正しい。
6
A. それはわたしの問題だ、きみには関係ない。
23
A. 正しいとまでは言えない。
65
A. その他。
6
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ