人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

父の有限会社で働こうかと思っています。

お互いの税金・負担を少しでも抑えるため、
扶養の適用内である年間103万円以内の労働対価と
贈与税の110万円以内、

合わせて年俸213万円で働けば税金・負担を抑えることができるでしょうか?
失業保険や健康保険、年金等は一切考慮しないで結構です。
世間体・他の授業員がどうこうという話も結構です。

年俸213万円で税金・負担抑えられるかどうか、
あるいはもっと金額を上げることは可能なのか、他の方法があるのか、
そして働き始めたときの雇用契約(?)の書類の残し方、注意点などを教えてください。

●質問者: にの
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:と金 世間体 他の方法 健康保険 労働
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● blue-moon-s
●0ポイント

専従者、ということになると思います。

●専従者給与と専従者控除

有限会社法が廃止になったので、弱冠変わったかもしれませんが。

青色事業専従者

◎質問者からの返答

やっと長年の疑問の手がかりができました。

ありがとうございます。

専従者給与50万円というのは、毎年なんでしょうか毎月なんでしょうか??

毎年なら専従者50万円+贈与110万円の年俸160万円になりそうですね。


2 ● goldenden
●20ポイント

ケースバイケースではないかと。

贈与税がかからないギリギリの金額からみて

親から子に資産をシフトしたいと考えているなら

きっちり働いた分、給与をもらい、経費として落とせるところは

落とすという形をとったほうがよい場合もあるのではないでしょうか。

仕事の内容にもよると思います。そして役所のさじ加減ひとつだとも

思います。

専従者給与

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2075.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

最終的には税務署との交渉…と。

なるほど…。


3 ● snaruseyahoo
●50ポイント ベストアンサー

http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/12.htm

税務署に「青色事業専従者」の届け出を出してください。

その場合、大体、給与7万円、賞与9万円(7月)+10万円(12月)という形になると思います。

◎質問者からの返答

おおお、親切ご丁寧に!

ありがとうございます。

103万円枠はこれで決まり!という感じですね。


4 ● blue-moon-s
●20ポイント

先ほど回答しましたが、専従者というのは個人で申告する方の場合だそうです。ごめんさい(汗)法人と個人は別人格になるそうです。社長と同居の親族の場合、雇用保険に入れないというのは本当ですか?

こちらが参考になると思います。ホントにごめんなさい!!

ポイントつけなくて結構です。

◎質問者からの返答

わざわざ、ありがとうございます。

さて、まだポイントが90あるのでもう少し

皆様の回答をお願いしたいと思います。

103万円枠の方は決まりという感じですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ