人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鍼灸師などの実際の技量の差は何から生まれるのでしょうか。経験がやはりものをいうとは思いますが、経験以外の要因がないとすれば、鍼灸師などを目指すのは早ければ早いほうがいいのでしょうか。若いうちになった方、他の仕事を経験してからなったという方がいらっしゃったら、それぞれ聞きたいです。

●質問者: norazoo
●カテゴリ:就職・転職 医療・健康
✍キーワード:経験 鍼灸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

[1]「センス」や「勘」 tekenaar

人の骨格、体型、筋肉などは様々ですので、処置する際の的確な位置や方向などを把握する「センス」や「勘」のようなものもあるのではないでしょうか。経験があれば尚良いですが。


[2]やるなら早いほうが miki-0212

技量とかそんなのは分かりませんが、親戚に仕事をやめ、1?2年かけて整体の資格を取った人がいます。その間、奥さんは自分の仕事を増やすなどして乗り切ったらしいです。独身の方なら独身の内に、既婚者なら子どもの小さい内に考えた方がよいのではないでしょうか?全く別の仕事だったので、経験はなかったはずです。


[3]>1 同感です minebambi

勉強次第である程度のところまでは出来るようになるでしょうがが、最後の差はセンスや勘、あとは素質もあると思います。周りの人を見渡しても、素人なのに肩揉みが異様に上手とか、手の大きさや力強さや温かさが向いているとかありますしね。


[4]努力・運・才能 DustRiverDragon

早くからやるに越したことはない。が、遅いから何々というわけでもなし。


[5]>4 ついでに・・・ Spaceshuttle

熱意があれば大丈夫だと思います。


[6]手先が器用であることが一番大事 NY505

器用さは経験でもなかなか補えないところはあります


[7]>3 同感。 kuhypp

絶対音感のようにセンスがいい持ち主がいますね。しかし、経験と努力で人は進化するんではないかと思っています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ