人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いまポールグレアムの「言語の設計に関する5つの問題」を翻訳中なのですが、
("Five Questions about Language Design" http://www.paulgraham.com/langdes.html)

コンピュータ言語に関する議論がわからないので、プログラミングに詳しい方に質問です。

[1] 「Designing algorithms for routing data through a network」の訳は
「ネットワークを通るルーティング・データ用アルゴリズムの設計」でいいと思いますか?

[2] 「Prefix Syntax」(プレフィックスの文法)って何のことで、どう翻訳すればいいですか?
ちなみに 2. Are People Really Scared of Prefix Syntax? という文脈で出てきます。

回答はどちらか一方でOKです。よろしくお願いいたします。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:FIVE G Data network アルゴリズム コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● POPO
●50ポイント ベストアンサー

[1]のdataはroutingの目的語じゃないですか?

「ネットワークを通すデータをルーティングするためのアルゴリズムの設計」

[2]Prefix SyntaxはPrefix Notation=「後置記法」だと思います。

ポーランド記法 Polish Notationとも言いますが。

1 + 2を+ 1 2と書く様な記法のことだと。

◎質問者からの返答

RC30-popo様、ありがとうございます。

とても参考になりました。

ポーランド記法のことでしたか・・・。(←わかっているフリ)


2 ● sibazyun
●50ポイント

1.は「ネットワーク内のデータ(流通)経路指定アルゴリズムの設計」でよいでしょう。to route という動詞の目的語がdata。

2.は、訳語は「接頭辞構文」でよいでしょう。ふつうの数式のA+Bは加算演算子「+」がなかにあるから、infix 接中辞。接頭辞構文なら + A B、また、これを後ろにして接尾辞構文 A B + もあり、数学的にはどれも等価です。

◎質問者からの返答

sibazyun様、了解です。ありがとうございます。

翻訳に反映させます。


3 ● andalusia
●50ポイント

[1]について、「ネットワークを流れるデータをルーティングするアルゴリズムの設計」のほうが適当だと思います。

[2]について、「前置記法」と訳すか、「ポーランド記法」と訳すのが適当と思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ