人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人力検索はてなって、「必ず見てもらえる」「表現の場」だと思いました。これはひょっとすると、人力検索はてなというのは何かかなりの可能性を秘めているかもしれません。

例えば自分のブログに何かを書いても、
それは見てもらえるとは限りません。

世界中の誰の目にも触れないなんてことは普通にあります。

でも、人力検索はてなに
質問という形で自分が書きたいことを書けば
その書きたいことは
質問という形からあまりにもかけ離れていては
非難、攻撃されるだけですが、
誰かに見てもらえるという点では確実でしょう。
誰かに見てもらえたということが
何かのきっかけになる可能性はゼロではありません。

誰かに見てもらえたことで、
自分自身の中の何かがはじけるか、
誰かに見てもらえたことで、
自分の表現が認められ、
自分の他の表現にも注目が集まるようになるか。

人力検索はてなのような、
「誰かに必ず見てもらえる」という性質を持っていて
「そこに誰でも書くことができる」というサイトは
他にはなかなかない仕組みなのではないでしょうか。

●質問者: ao2
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
✍キーワード:いるか サイト ゼロ 世界中 人力検索はてな
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● moroheiya
●13ポイント

た・・・確かに!!Σ( ̄д ̄)

普通「誰でも書くことができる」サイトだと

程度の差はあるでしょうが、荒れてしまうものですけど

ここはそんなことないですよねー。

これ見て私もはてなの可能性の多さに気付かされました!!!

ありがとうございます(・∀・)

◎質問者からの返答

さっそくご回答ありがとうございます。


最近そういうふうに考えるようになっていまして、

「質問」と「回答」という呼び名になってはいますが、

実質はそういった枠をはるかに超えていて、


掲示板への書き込み

チャットでのやりとり


といったものに近くなってきていて、

ただそのためにははてなポイントという

何がしかの費用を必要とする、

その代わりに、やりとりされる内容は

役に立つ、有効なものの確率が高い。


そんなサイトになってきているのだと思います。


2 ● tomotaka0310
●13ポイント

自分のサーバーにブログをアップしているのならいざ知らず、

何らかのブログサービスを利用しているのなら、

とりあえず誰かは見に来ますよ。

それに、質問するにはポイントがいりますよ・・・。

◎質問者からの返答

そうなんです。

ポイントはいるんですが、

その「誰かが見に来る」確率が

ポイントがいる分だけ

二桁も三桁も高いような気がしているんです。


またブログの場合と比較して

やりとりされる内容の種類が異なる

と言ってしまえばそれまでですが、

質問と回答というやりとりだけでなく

議論する場という観点で見たら

ブログと比べてかなり有効である

という気がしています。


3 ● seek4158
●13ポイント

うーん、確かに、「お役に立ててポイントがもらえる」っていう点がありますから、

覗いてみる頻度は高いです。

でも世の中には。知ってても興味なくて見ない人も多いですし。

「必ず」というのは、「必ず誰かが見るサイト=アクセスが多いサイト」にするまで、他のサービスを工夫したり人を集めるまでが苦労。。。

ただポータルサイトっていうのは

みんなの場なので、より一層他の人への配慮が必要で、自分のブログより自由度は減ると思います。

なので「表現の場」という意味合いが少しキワドイ部分かもしれません。

質問者さんが何をもって「表現」としているのか。。。

質問の場で「ポイント払うから主張させて」

というのでしたら、運営される方がどう判断されるかにかかってる気がします。

気にせず自由に表現したいのであれば、

自分のブログやHPでアクセスを上げる

=絶対誰かが見に来るようなサイトにする工夫を考える方が無難かと思います。。。

◎質問者からの返答

>みんなの場なので、より一層他の人への

>配慮が必要で、自分のブログより自由度は

>減ると思います。


そうですね、おっしゃるとおりです。

ブログと比較して、

「公(おおやけ)」の要素が多いですね。


>なので「表現の場」という意味合いが

>少しキワドイ部分かもしれません。

>質問者さんが何をもって

>「表現」としているのか。。。


私が使っている「表現」という言葉は

漠然とした、広い意味で使っています。

いろいろな人が人力検索はてなを使い、

それぞれの人が独自の「表現」の形式を

これから編み出していく可能性が

大きく広がっていると思います。


4 ● rr003013
●13ポイント

SNSは不特定多数ではないですが、少なくとも友達には見てもらえます。

またそれを公開しておけばほかの人にも見てもらえることも可能です。

それでも人数は少ないし、書き込める人も限られますが、工夫次第では…って限界がありますね。

その点でココは可能性が高い。

他の質問系サイトも含め、人生相談や自分の書いた文章に対する批評、はたまた自分が作ったサイトを紹介できる場ではありますね。

どちらにしても興味がなければ発展はないので、どれだけ活用度を高められるかは自分次第という点ではブログでもいえることですね。

そのブログを最初に見てもらえるきっかけをつくることならココでできますね。

◎質問者からの返答

SNSについてはrr003013様のおっしゃるとおり、

不特定の人に見てもらえることが難しいですよね。SNSは不特定がいやだからというのが存在理由ですものね。


不特定の人に見てもらえるのが

重要ポイントなんですよね。

ブログに比べれば人力検索はてなは

「不特定」の範囲が狭いですが。


ご回答ありがとうございました。


引き続き他の方からのご回答を待ってみます。


5 ● castiron
●13ポイント

この前の「Google革命の衝撃」でもやっていましたが「検索エンジンに引っかからないサイトはないも同然」という様な事をいっている人がいましたが

なるほどと思わされました。

そうするとはてなのように時間で必ず誰かの目に触れるという部分がネックになってくるのではないでしょうか?

つまり、時間がたてば検索エンジンと同じように誰の目にも触れないのです。

そう考えてみると大事なのはポイントという要素もあるとは思いますがやはり一覧を表示したときに上位にくるというのがもっと大きな要因なのではないでしょうか?

このような考え方をしてみるとポイント制で検索の上位にいけるようなサービスがどこかのメジャーなサイトで行われるようになればより質問者さんの言うような利用の仕方が可能かもしれませんね。

◎質問者からの返答

>「検索エンジンに引っかからないサイトは

>ないも同然」という様な事をいっている

>人がいましたが

>なるほどと思わされました。


私も同感です。

知名度が低いサイトで検索エンジンの上位に来ないサイトは

誰にも見られない確率が高いと思います。


人力検索はてながその状況と異なるのは、

人力検索はてなというサイト自体の知名度は

一定程度高いことです。

すでにそれを知っている人が一定数いて、

しかもその中のある一定の割合の人は

自分が何か回答できるものはないかと

常にすべての(というか、多くの)質問の、

全文ではないにしても

少なくともタイトル部分だけは

必ず見てくれているということです。


そういう状況にあるため

自分が出した質問が

Googleで探し出されて

初めて見られる必要がなく

人力検索はてな上で

ダイレクトに見てもらえる確率が

一定程度高いと言えると思うんです。


そこのところに

人力検索はてなの可能性を

感じています。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ